あけましておめでとうございます

0

    【1月の教会長メッセージ】

    あけましておめでとうございます。教団創立八十周年の年の元旦を迎えました。朝日も清々しくいつもと違って見えませんか?それは、新たな年と心が気持ちをつくっているからこそ、感じられるのです。

     

    昨年1月の会長法話では「地道に、淡々と」とご指導を頂き、やるべきことをコツコツと実践された一年だったと思います。今年1月の会長法話では、【明るく、朗らかに】とご指導頂いております。前向きにものごとを受け止めることが明るくなることで、朗らかに通じて、にじみ出てくる人柄になるのではないでしょうか。


    「私たち会員の信仰方針」でも、確たる「志」をもつことをご指導き、私たちは「私の猗″」を決め、どのようにこの一年を歩みだすのかが大事になります。太陽のように、まずは自ら明るく朗らかになって、人を和ませ、喜ばせることが大切です。自灯明は「自らを灯りとして生きる」ということですが、それは「何にも左右されない確固たる生き方の芯がある」ということです。「芯」となるのは、自分を含むすべての人が、かけがえのない命を、いま・ここに・自ら生きているという揺るぎない「信念」で、いま命あることへの「感謝」が、芯を明るく灯しつづけるのに必要な「油」といえるのではないでしょうか。と会長先生はおっしゃいます。

     

    命あることが当たり前のように感じてしまいますが、生かされている自分を見つめると、感謝に気づけ明るくなれるのです。「足無し禅師」と呼ばれた小沢道雄師(シベリアで両足に凍傷を負って、両膝から下を切断された方)は、「人と比べるから苦しむのだ」 比べる心のもとは27年前に生まれた自分。両足を切断したまま、今日生まれたことにしよう。「本日ただいま誕生だ!」と感謝して、仏道人生を歩まれました。越えられない人生はないといいますが、これはすごいことです。

     

    何を心の芯に据えるかが大事で、仏教徒にとっては、仏法(ご法)であることを示され、これは法を灯として生きる(法灯明)でありましょう。ほんとうの明るさ、朗らかさは、苦脳を突き抜けた先にある、苦悩を突破するには「生き方の芯」とともに、心を一つに向かわせる「志」をもつことが大切。新年に当り、一人ひとりが「自らを新たにする」という清新な心意気をもって、明るく朗らかに一年をすごしていきましょう。  合掌

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
      団長
    • 淡路支部 1.17
      川村守
    • 父に感謝! 淡路支部 
      Y.T
    • 涅槃会・・・東京と丹波
      ともタン
    • 六甲支部  節分会
      ima
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      M1
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      sai
    • 法華経が広まっている  北支部
      M1
    • 淡路支部 成道会に導かれて
      川村守
    • 第21回 本部ご本尊勧請 〜西支部〜
      まえごろう

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM