父に感謝! 淡路支部 

0

    97歳の父が最近体調を崩し、病院へ連れて行くと帯状疱疹にかかっていました。

    体調不良と傷口の傷みから食欲不振と無気力に陥っていた父の世話を、家内に全て任せきりにしていたところ、家内から『誰の親よ!』と大激怒されてしまい、深く反省して精一杯介護をしました。
    そんな中、春季彼岸会を我が家ですることになり、2階の部屋に置いてあった額装御本尊を、1階の先祖を祀ってある仏壇の中へ一緒に祀り込みをしました。
    彼岸会?-2.jpg最初、家内に簡単な説明しかしなかったので怒られましたが、きちんと説明をすると納得して承諾してくれました。
    お彼岸会当日は、家内が絵本[かがいている「いのちのまつり」]を読んでくれて法座にも加わってくれました。

     

    父の病気のお陰で夫婦の会話が増えて、お互いを理解をしようと努めるようになりました。

    また、教会御本尊の祀り込みをしたことで、あまり仲が良くなかった兄弟との関係も徐々に良い方向に向かっています。

    父が自分の体調を崩すことで、家族の絆を深めるきっかけを作ってくれたと感謝しています。

    これから、兄弟仲良く親孝行をして行きたいです。 合掌 (壮年 Kさん)

     

    彼岸会?.jpg 

    カメラ 洲本南地区_彼岸会


    春季彼岸会 (北地区)  須磨支部

    0

      須磨

       

      3月29日(木) F家にて春季彼岸会をさせていただきました。

       

      須磨1

       

      Wさん ミニ説法

      「階上の住人の方に声をかけられ、一度は断りましたが、娘のことで悩んでおり、入会をしました。精神的に不安定だった娘が、ご供養をした日はなぜか落ち着いる。”妙の世界”を体験したことで、信仰を信じるようになりました。

       

      娘は23歳で亡くなりました。それでも信仰が続いたのは、会員の皆さんがやさしかったから。高齢で体がしんどいときもありますが、ありがたくて、つい教会に足が向きます。「あぁ、楽しかった!」と言って人生を終えたいと思っています。

       

      須磨

      須磨


      春季彼岸会 (東地区)   須磨支部

      0

        月22日(木) Y家にて春季彼岸会をさせていただきました。

         

        Tさんの「発」

        「今、無事に過ごせていることがありがたいです。

        少しでも人さまのに役立つことをしたい。

        そのために、毎日元気でいたい。」

        お彼岸ご当家のY夫妻は、N夫妻を信仰の道に導いた方です。

        「じいちゃん」「かあちゃん」と呼び、たびたびY家2階に集まって

        食事会や酒盛り(!)をしながら会員さん同士の交流を楽しんで

        おられたそうです。

         

        Nご主人は、Yご主人が亡くなって以来、21年ぶりのY家です。

        「Yご主人は、ふだんは温厚でやさしく、ご法においては厳しい人だった。

         一緒に教会に宿泊して、教会での儀式的なことを教わりました。」

        Yご主人の思い出話をたくさん聞かせていただきました。

         

        「じいちゃん、ひさしぶり。会いにきたよ!」

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        春季彼岸会 (浦地区) 須磨支部

        0

          須磨

           

          3月21日(水祝) M家にて春季彼岸会をさせていただきました。

           

           

          「ご先祖さまのおかげで今の自分があります。」

          「Wさんに初めて我が家に来ていただけてうれしい。」

          「やさしくて素直なMさん、お家を使わせてくれてありがとう。」

          あたたかくてやさしい言葉がたくさん飛び交いました。

           

           

          「先日、NHKのテレビ番組で生命誕生の壮大なドラマを見て、人間の神秘を感じました。人間として生まれることのすばらしさを若い方々に伝え、生きること、生まれることの喜びを広く知ってもらう活動をしていきたいと思います。」(Wさん)

           

          https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_8.html

          (NHKスペシャル「人体」“生命誕生”見えた!母と子 ミクロの会話)

           

           


          春季彼岸会 (南地区) 須磨支部

          0

            須磨

             

            3月13日(火) N家にて春季彼岸会をさせていただきました。

             

            須磨

             

            南地区では、奉献、 動画「お父さんは愛の人」鑑賞、 私たちの「発」発表会をさせていただきました。

             

              南地区スライドショー(1分)

            ↓↓↓ 画像をクリックしてください ↓↓↓ 

             

            須磨

             

            【参照】 パラパラ漫画 『お父さんは愛の人』 

                (「鉄拳」×くらしの友「つたえたい、心の手紙より」

                 https://www.youtube.com/watch?v=OOEyKaXznAE

            須磨

            家族とうまくいかなかったり、体が思うように動かなかったり、日々、心が揺れ動く私たちですが、法の仲間にふれ、法の”注射”を打って、笑顔で彼岸会を終わらせていただきました。

            須磨

             


            春季彼岸会 (中地区)  須磨支部

            0

              須磨1

               

              3月12日(月) T家にて春季彼岸会をさせていただきました。

               

               

              すま2

              vS主任より。

              「今回のお彼岸会でうれしかったことは、Sさんがミニ説法をしてくださったことと、Tさんご夫妻がお家を貸してくださったことです。

               Tさんに「家を使わせてください」とお願いしたとき、最初は「考えさせてください」とのお返事で、「もう一回考えていただけませんか」とお伝えしました。地区でのお彼岸前日の11日は弟さんのご命日、翌13日はお兄さんのご命日、そして3月はお母さんのご命日。「我が家でご供養を。もう断る理由がなくなった」と受けてくださいました。T家でご供養できたこと、地区の皆さんが積極的に準備をしてくださったことがとてもありがたかったです。」


              子供の成長は私の成長?  北支部

              0

                教会で行われた『新一年生を迎える会』に参加すると、一年生を迎える子供達のランドセルに交通安全祈願をして下さいました。

                私の次男は今年から一年生。

                お友達と一緒になるとすぐふざけてしまうので、通学路のことを思うと安全祈願は本当に嬉しかったです。入場、退場、記念品授与と式典の中で、「ハイ」という返事をして、「ありがとうございました。」とお礼が言えて、成長を感じました。


                また、一緒に連れてきた3年生になる長男は、自分の意思がはっきりしてきて、出かける度に、“嫌”と言うようになりました。その言葉は私にとっては、マイナスの言葉に思えて、何で?と感情的になってしまいます。


                最近の長男は出かけるより、家で過ごすことを望みます。


                教会では、相手の話を聴ききることを教えて頂いています。


                私は、話をしっかり聴いてみました。するとなぜ嫌なのかがよくわかります。「嫌だよね〜」「そうだよね〜」「家にいたいよね」と心を受け止める努力をしてみると、だんだん“嫌”ではなく、“こっちがいいな”と少し前向きな言葉に変化していきました。この事を通して、いつも忙しく子供と向き合っていない自分に気が付きました。


                ちゃんと目を見て、向き合って話を聴ける私になれるよう努力します。
                これは私の成長?そして、長男が自分でよく考えてどうしたいかの選択ができるようになっていることは、私にとっては都合の悪いときも有りますが、子供の成長と喜んでいきたいと思っています。(33歳のママ K)

                 

                 

                 


                門戸地区 春季彼岸会を終えて             西宮北支部

                0

                   

                  3月21日、初代支部長のKさん宅で「春季彼岸会」をさせていただきました。

                  先輩のNさんと前日まで準備をし、当日は参拝者全員の方にそれぞれのお役を

                  していただきました。

                  O支部長さんがお導師を、壮年部のNさんとKさんが脇導師をしていただいた

                  おかげで、いつも以上におごそかな心のこもったご供養ができたと感じました。

                  皆さんありがとうございました。

                   

                  彼岸会では、まず、私がお彼岸の意義を読み、参拝者全員での読経供養、ミニ

                  説法の後、絵本朗読を行いました。

                  Kさんによるミニ説法では、『自分が頑張っているときに子供に寂しい思いを

                  させていたが、後になって子供も子供なりに我慢したり、親を助けようと一緒に

                  頑張ってくれていたんだということが分かって、今はとても幸せです。』と

                  聞かせていただきました。

                  親の子供を思う気持ちの大きさを思い出させてくれ、自分の親に優しく

                  出来なかった後悔と育ててくれた感謝の気持ちがこみ上げてきました。

                  次に、Mさんに「つながっている いのちのまつり」という絵本を朗読して

                  いただきました。その朗読からは、目には見えないけど命は繋がっていること、

                  そして数え切れないご先祖様が誰一人かけても自分は生まれてこなかったことを

                  あらためて教えてもらいました。命をくれたご先祖様から『がんばれ!』と

                  温かいエールが聞こえたような朗読でした。

                  最後に、実行委員長のWさんが『秋の地区大会に向け心一つにして

                  がんばりましょう!』と挨拶され、みんなで持ち寄ったお供えをいただいて

                  彼岸会を終えました。

                  合掌(K)


                  送る言葉 尼崎南支部

                  0

                     

                    尼崎南支部で主任をなさっていたTさんが
                    このたび引っ越しをすることになりました。
                    支部の皆さんから、Tさんへの送る言葉です。

                     

                     

                    チューリップ「Tさん!」と呼べば「ハーイ!」と笑顔が返ってきます。
                     人の辛い想いを聞けば先に涙を流して共感する。
                     嬉しい時も、辛い時も相手を抱きしめていた貴女。
                     精一杯、頑張っていた貴女。
                     貴女の笑顔と涙とハグは世界万国どこでも通用します。
                     相手に希望と喜びと安心を与えられる人です。
                     体に気を付けて、夫婦寄り添って自分の持ち味を発揮して下さい。
                     日頃、お教えしてもらっていることを実践出来るあなたって

                     本当に素晴らしいです。              (Iさん)

                     

                    チューリップ春季彼岸会も終わり、地区で明るく楽しくさせて頂きました。
                     Tさん、どうされていますか?そちらでも頑張ってくださいね。

                                                                                          (Mさん)

                     

                    チューリップいつも信者さんの為に全力で走り回っていたTさん。
                     本当にお世話になりました。
                     いつも勉強などで傍にいて下さり、あなたの存在が私にとって
                     どれほど大きかったか、計り知れません。寂しくなりました。
                     北九州でも身体に気を付けて、頑張りすぎないようにね。
                                            (Mさん)

                     

                    チューリップ神戸教会では地区でお彼岸供養をさせて頂きました。
                     私の地区は23日に決まりました。不思議と亡き主人の
                     月命日の日になり、感謝してさせて頂きました。
                     Tさん、どうしていますか?
                     とても寂しいです。頑張ってください。     (Nさん)

                     

                    チューリップT主任さんに声をかけて頂いたおかげさまで、今があります。
                     支部長さん始め、主任さんについて教えて頂いた事を
                     1つ1つ学ばせて頂きます。寂しいですよ。。。
                     お元気で、頑張ってください。         (Sさん)

                     

                    チューリップTさんのことだから、
                      そちらでバリバリ精進されている事と思います。 (Oさん)

                     

                    チューリップかわいいTさん、お元気で。
                     そちらの教会でも活躍してね。         (Fさん)

                     

                    チューリップ聞いたらすぐに実行し、人様の為にアンテナを張り巡らし
                     明るく、楽しく、一生懸命のT主任さん!
                     北九州でのスタート、頑張ってください。    (Oさん)

                     


                    早春の集い 中央支部

                    0

                      早春の集いを支部で行いました。

                      教団創立80周年を迎え、会員さんと明るく、楽しく、ありがたい年になりますように心を合わせをさせて頂きました。

                      お越し下さる皆さんに喜んでいただきますように、心を込めて準備を致しました。楽しんでいただけた様子で、受け入れた私達も充実感で一杯になりました。支部一同、菩薩行に精進して参ります。(Y.Y)

                       

                      司会された Hさんの感想(40歳女性)

                      お料理もおいしく、カラオケが止まってしまうという、ハプニングもありましたが、みんながひとつになってとても楽しく、良い時間でした。

                       

                      設営されたSさんの感想

                      設営のスタッフに声をかけて頂き、ありがとうごいました。部屋を飾りつけるためのものを作るのは好きな分野なので、夜遅くなることもありましたが楽しい時間でした。皆さんに喜んでもらえて何よりです。

                       

                      参加者 Oさんの感想(70歳代女性)

                      大勢の会員さんで、会場も熱気一杯で、壮年さんのかわいい魚屋さんの演技が始まり、ビンゴ、炭坑節など、楽しいひとときでした。ありがとうございました。

                       

                      出演者 Yさんの感想(67歳女性)

                      ダンスパフォーマンスでUFOを踊りました。練習しているときは、どうなることやらと思いましたが、皆が、心一つになって躍ることが出来、アンコールの声も出て、喜んいただけたようで、ありがたかったです。

                       

                      ブログ担当者 (Y)

                      1歳から95歳まで、老若男女が一同に集いました。皆さんの力を結集し、それぞれの力を発揮できた素晴らしい集いになったことが頼もしく、嬉しく思いました。忙しい中、手作りの惣菜やデザートを作って下さった皆様に感謝してます。ありがとうございました。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai
                      • 法華経が広まっている  北支部
                        M1
                      • 淡路支部 成道会に導かれて
                        川村守
                      • 第21回 本部ご本尊勧請 〜西支部〜
                        まえごろう

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM