絆サロン(五色地区) 淡路支部

0

    五色地区 ご当家 Kさん
    7月21日教会長さんをお迎えして法座が開かれました。

    10名程がそれぞれの悩みや楽しかった出来事などを親しく語らいました。

    当家はリフォーム中で家の周辺が散らかっていたため、地区の皆さんに準備を手伝っていただき、皆が一つになって作業を出来たことが大変有り難かったです。

    家族や地区の仲間の絆に触れる事で、現在抱えている遺産相続争いと言う厳しい現実の中、オアシスの様な一時が持てました。

     

     

     

    五色地区 絆法座に参加して T主任(洲本南地区)

    教会長さんが私の高齢の母のことを覚えて下さっていて嬉しかったです。

    そして、三部経読誦の必要性と大切さを教えて下さいました。

    最近ご供養ができていない私に "活" を入れて下さったのだと思い、翌日から実践しています。

    又、壮年のUさんが屋外で危険を伴う仕事をしていて、一つ違ったら大事故になるところを助かった体験があるという話をした時に「保険には入っているの?全く入ってないのなら、保険も必要ですよ」と勧めて下さいました。

    Uさんは、当時は保険に入る余裕が無かったのでそのままにしていた様ですが、皆が心配していることが本人に通じて、加入する気持ちになってくれました。

    教会長さんのご指導をすぐに実践するとスムーズに物事が運ぶと実感しました。

     

    この法座は、私たちが一歩前に進むための法座だったと思えてなりません。

    教会長さんのご縁を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

    これからは、主任として地区の皆さんに寄り添って行けるように精進いたします。合掌


    夏休み 子ども お楽しみ会

    0

      六甲支部では8月8日、少年部12人の子供達が夏休みのお楽しみ会に参加してくれました。

       

      まずご供養法華経の十六番と陀羅尼を子供達に導師、鐘、木鉦のお役をして貰いました。

      ーお役をしてくれた子供達の感想ー

         ・導師:H・Hさん(小学6年生)緊張したけど、ちゃんとできて嬉しかったです。

         ・鐘 :T・Tさん(小学4年生)難しかったけど、楽しかったです。

         ・木鉦:K・Tくん(小学6年生)テーブルが高くてやりにくかったけど最後まで出来て良かったです。 

       

      一生懸命取り組んでくれました。

      他の子達もしっかりご供養が出来て、とっても素晴らしいご供養でした。

      特に素読が大事と教えてもらっていますが、陀羅尼を読み、木鉦は長い時間かけて練習をつみ上げてきたT君には感動しました。

       

      その後、夢ポッケのDVDを観て、家族で作って貰った袋の中身が同じぐらいになる様に「これ足りないから入れてあげよっか」と話したり、受け取ってくれるお友達(難民の子ども達に向って)へのカードを作り、袋の中を子供たちで確認させて貰いました。

       

      お昼ご飯は、主任さん皆さんに手伝って貰いながらサラダ巻きを具は何をどこに置こうかと考えながら作りました。

      自分で巻いたサラダ巻きを美味しそうに口いっぱいにほおばって食べていました。

      その後は、スイカにかき氷とデザートもいっぱい食べて皆大満足でした。

      (かき氷は大人気でした)

       

      エンディングでは、担当者が人に優しく思いやりを持って接してあげるのも、大きい子が小さい子の面倒を見るのも世界平和ですよ。と子供達に分かりやすいように教えてくれました。

       

      8月10日の戦争犠牲者慰霊平和祈願の式典に支部から7人の子供達が献鶴をしたり、奉献(戦争で亡くなった方々へのお供えの役)で参加してました。子供達の心に残ったと思います。

       

      最後にお菓子のプレゼントを貰って喜んで帰りました。

      新しい友達とも仲間作りが出来てよりいっそう絆が深まり子供達の笑顔あふれる素敵な一日でした。

       

      皆さま、ありがとうございました。

       

        


      絆サロン(浦地区) 淡路支部

      0

        7月24日教会長さんをお迎えして絆サロン(法座)を行ないました。

         

        浦地区 ご当家  Kさん
        バタバタと忙しかったですが、沢山の方に来て頂けて感謝ですし、有り難かったです。
        この感謝の気持ちを大切にして、次の地区大会に繋がるように頑張ります。

         

        浦地区 A主任

        初めて教会長さんにお会いする方4人に参加していただくことができました。

        その内の一人、市会議員Kさんに議員さんとしての視野を広めて貰いたくて、お手取りをしました。

        知らないことを教えて貰ってとても勉強になったと言ってくれて、今後も声掛けをして行きたいと思います。

        また、キンセンカのお茶を製造している方は、教会長さんにお話を聞いていただき、そのお茶も美味しいと飲んでいただけて、お手取りをしたKさんがとても喜んでいました。

        その様子を見て、私もとても嬉しかったです。

        このご縁を大切にして、次の地区大会に繋がるように精進いたします。合掌

         

         


        地区大会(ワンダフルサークル)   須磨支部

        0

           

          須磨支部3

          初めての地区大会で実行委員長のお役をいただきましたが、段取り等はすべて主任さん達がして下さり、当日は沢山のお役を頂きました。出来る事を精一杯する事が出来ました。地区の方なのに初めてお会いする会員さんも来てくださり有難いです。一部ではご講話をきかせて頂き、二部では歌を唄いながら体を動かし、ステキな演奏を聞かせていただいたりで、心も体も元気になりました。ワンダフルサークルの名前にふさわしく、皆さんの縁に触れ、地区の皆さんと円になり、素晴らしい会になりました。ありがとうございました。合掌(Y)

           

           

          須磨支部1

           

          *練習ではけん玉がうまくのらなかったけど、本番で一回で乗せることができて、嬉しかったです。お手玉も楽しかったです。高校生のお姉さんの演奏がすごかったです。私もしてみたいと思いました。(小学4年)

           

           

          *けん玉、一回では乗らなかったけど、乗って良かったです。演奏がすごく上手でした。(小学1年)

           

           

           

          須磨支部2


          教会長さんが我が家に!  須磨支部

          0

            須磨支部(中地区)

            Kさんのお宅で教会長さんをお迎えしての絆法座をさせて頂く事で、とてもご当家が喜んで下さり、その喜びが地区の皆さまへの功徳となりました。法座の中でIさんが、信仰を始めた頃は、ご供養の線香の匂いが嫌でとても反対されていました。その言葉にも負けず1ヶ月ご供養を続けるとご主人が何も言わなくなりました。「そうしたご苦労されてきた中真の信仰者として修行されて来たんやね」 と教会長さんは相手の心にそっと語りかけるように言葉を掛けて下さいました。Iさんのご主人はお仕事を無事退職され今お家にいらっしゃいます。ご主人から「最近我が家でご供養していないなぁ」と言って下さっている事を聞き、びっくりされたそうです。今ご主人が家にいる事で皆さんに来て頂くご供養を断っていましたが、これからはさせて頂きたいと思うと話して下さりとても有難いです。合掌(S)

             

            (南地区)

            Uさんは古くからの会員さんです。お家の事、自分の身体の事などで今迄地域での活動もなかなか参加して頂けませんでした。Aさんがいつもコツコツとおてどりして下さっているお陰さまで今回参加して下さいました。初めて教会長さんにお会いして、「優しい話し方をされる方だなぁ」と思われ、「信仰で潜在意識を清める話、今年の運気の話をして下さりとてもわかりやすかったです。」と感想をいただき、久しぶりの本部参拝にも前向きになって頂いています。合掌(N)

             

            (浦地区)

            我が家に教会長さんがお参りに来て下さる事が有難く3日間仕事を休み準備をしました。家の片づけが苦手な私でしたので、前日支部の人がきて片付けて頂きました。主人がすっきり綺麗に片付いたい家の中を見て喜んでくれました。

            教会長さんにいろいろ教えて頂き又亡き弟の事を聴いて頂き心がすっきりしました。本当に有難い法座でした。教会長さん、みなさん、ありがとうございました。合掌(M)

             

            須磨

             


            絆サロン(南あわじ地区) 淡路支部

            0

              7月21日教会長さんをお迎えして絆サロン(法座)を行ないました。

               

               南あわじ地区 ご当家 Hさん

              淡路島の南の端までお越しいただける事に感謝して、一人でもたくさんの方に教会長さんに会って頂きたい一心で「自分が今やる事はこれだ」と思って直ぐに手取りに歩きました。

              日頃から佼成会の機関紙『佼成』を繰り返し読んでくれている義姉や、地区行事に参加してくれるようになった86歳の姉にも声掛けをしました。

              そして当日は、家族や姉妹の他にもたくさんの方が来て下さいました。

              Tさんは、予定があったにもかかわらず「自分の事だけではいけない」と、予定をキャンセルして、参加者のために車を出して頂き、とても有り難かったです。

               

               

              教会長さんにお会いするにあたり、みんな緊張していましたが、直接お話を伺って、より理解が深まったようです。

              『今、自分があるのは当たり前ではない。ご先祖様があって自分が生かされている。』ことを再認識しました。

              たくさんの方々に参加していただき、無事に終えることができて、ただただ感動しています。

              この気持ちを忘れず、地区大会へ繋がって行けるよう、更に精進いたします。 合掌


              まごころ込めて-ゆめポッケ- 淡路支部

              0

                8月7日に婦人部と少年部の皆さんで『ゆめポッケ』の袋詰めを行ないました。

                 

                婦人部長 Nさん

                みんなで集まって作業をすることが出来て、徳を積める貴重な一日を過ごさせて頂きました。

                娘と一緒に品物を選んだり、一緒に作業ができた事もとても有り難かったです。

                 

                Mくん(小学5年生)

                中に入れる物は、お祖母ちゃんと妹と一緒に買いに行きました。

                鉛筆やお手玉とかボクも欲しいと思う物を選んだので、喜んでくれたらうれしいです。

                8/26の夢ポッケの発送式の司会をすることになりました。

                初めての司会で緊張すると思うけど、一生懸命がんばります!!!

                 

                住江支部長

                道場に皆さん真心で持ち寄って下さいました。

                1つ1つ区分しながら「みんなに同じ物を入れたらいいね」とか「僕も絶対にこれをもらったらうれしいよ」とか、子供達が嬉しそうに袋詰めをしていました。

                相手の思いになり、”ゆめポッケの運動を来年も今年の反省を通して頑張ろう”と楽しくさせて頂きました。 合掌


                思いを込めて奉献   須磨支部

                0

                  戦争犠牲者慰霊・平和式典で奉献をさせていただきました。

                   

                  ◇Y.Dさん (高校1年)

                   「昨年の奉献のときに、来年は高校の制服を来てもう一度させていただきたいと思っていたので願いが叶いました。」

                   

                   

                  ◆保護者

                   昨年は合格祈願、今年はお礼参りです。奉献には娘本人が志願し、親子で同じ気持ちを持って無事に終わらせていただきました。合掌

                   

                   

                   

                  ◇Y.Nくん (小学2年)

                   「お友だちができて楽しかったです。合掌のとき、心の中で仏さまと戦争で亡くなった人たちにたくさん話しかけました。」

                   

                  ◆保護者

                   昨年3月から月に一度の原因不明の高熱が続いたことがきっかけで、毎月ご先祖さまの総供養をさせていただきました。2年生になってから一度も熱が出ず、元気にしていただいたお礼の気持ちで奉献できるといいねと息子と話ができました。合掌

                   

                   


                  水子供養   須磨支部

                  0

                    水子供養4

                    私が妊娠した事を伝えると、主人と主人の両親と私の両親は、とても喜んで産まれてくるのを心まちにしていました。ところが5カ月の検診で心音が聞こえずお腹の中で亡くなっていました。義理の母と私の母は、広島から神戸にすぐ飛んで来てくれました。私は悲しくて、悲しくて母達の思いにはなれず、思いだしては泣いていました。その後流産しそうになりながらも、長女、長男を無事授かりました。両親は初孫が出来て喜んでくれ、可愛がって頂きました。

                     

                     

                     

                    水子供養1子育てに毎日追われている中、近所に住む人から水子供養の大切さと佼成会で水子供養をして頂けると聞き即入会しました。

                    毎年神戸教会で水子供養をして頂いていましたが、最近では地域でする事になり、今年も地区でさせていただきました。お花・お膳・お供え物などみんなで話合いながら準備しました。産まれて来た子供達には、一杯愛情を掛ける事ができますが、私の所に産まれて来る事ができなかった水子は、忘れがちです。準備の中で「何が食べたいだろうか?何が欲しいだろうか?」と思いをかける事が出来ました。水子供養をさせて頂いたお陰さまで主人、両親も辛く悲しい思いをしたと思うのに私の身体の心配ばかりしてくれていた事にようやく気付き感謝する事ができました。ありがとうございました。合掌 (N

                    イラスト


                    湊川支部 --- 絆法座で明るい心と元気をいただきました ---

                    0

                       絆法座で地区に教会長さんが来てくださいました。

                       ひとりひとりの入会のきっかけや毎日の生活の様子などを丁寧に聴いてくださいました。そのなかで、「病気はしても病人になってはいけない」ということを教えていただきました。冷えや腰痛など、年相応に体の不調を抱え、気持ちが病人になっていたことに気づきました。「この歳になれば病気は誰でもするもの」と病気をありのまま受け止め、暗い気持ちで過ごさないためには「ありがとうコール」を自宅で実践するのが早道と教えていただきました。「ありがとう」と言う回数を数えるためにはカウンターを利用するのがいいとも教えていただきました。最後には教会長さんが握手をしてくださり、元気をいただきました。

                       自宅に帰り、同居している息子家族にも「ありがとうコール」の話をしました。それからは家族の中で以前よりもっと「ありがとう」の言葉が出るようになりました。そしてその「ありがとう」には思いがこもっていて、言ってくれた人の心が伝わってくることが嬉しいです。「ありがとうコール」を実践することで家族の絆が深まり、私の気持ちが明るくなっています。

                       毎日元気に過ごせることに感謝し、人さまのためになることを、出来ることから実践していきたいと思います。 (I.M 70代)

                       

                      ※「ありがとうコール」とは 「仏のような人格者をめざそう!」と毎朝、こんな言葉を唱和してます。

                       

                       どんな人に出会っても、どんな出来事に出会っても、

                       いつも笑顔で、大らかで、イライラせず、腹を立てず

                      「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を口にせず

                      「威張らない・怒鳴らない・怒らない・恨まない・憎まない・裁かない・競わない・比べない・争わない」

                       口から出る言葉は

                      「ありがとう・楽しい・幸せ・大好き・愛している・ついている」

                       そして「すべては自分・まず人さま」の実践に徹し、

                       今、目の前の人・目の前の出来事を大事にして

                       周りにとって「喜ばれる存在になろう」と心がける

                       そんな人格者をめざして、

                       顔晴って(がんばって)行こう!!

                       実践あるのみ!

                       お父さん・お母さん生んでくれてありがとうございます。

                       ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・・・・(3分)

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
                        sai
                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM