思いやり  教会長メッセージ

0


     「花時計」200号発刊、誠におめでとうございます。平成14年7月より神戸教会の先達の方々の「発」から始まりました。初回号から読ませていただくと、当時の教会長さんの思いや願い、その時代の信者さんの開祖さま・会長先生への帰依心はもとより、信仰の深さ、温かさ、そして何よりも神戸を愛し、大切にする心(大慈悲心)を感じさせていただきました。今後も300号・400号・・・と続いていきますことを願っております。
     先月1月17日は、阪神淡路大震災から24年目の日。朝5時46分より東遊園地の追悼の集いに参加し、教会では犠牲者慰霊法要式典をさせていただきました。17歳(当時)の娘さんを亡くされたお母さんが説法の中で、「私が法華経を実践し、人さまの幸せの為にこの身を使わせてもらおうと明るく楽しくしている時、娘は今も私の中で生き続け、一緒に喜んでくれていると感じられるのです。」と力強く発表されました。なんと素敵ですばらしい言葉でしょう。その受けとめ方は、まさに法華経行者のお手本だと思います。
     今月の会長法話は、「人を思いやる『心の習慣』」です。「得は徳に通じる」とは、一文の得にもならないと思われることであっても、人さまを思うがゆえの実践はそれを行う人の徳分として人間的な成長など尊い心の財産になると教えていただきました。無量義経説法品の「憐愍の心を生じ大慈悲を発して将に救抜せんと欲し、又復深く一切の諸法に入れ」の一説を通して、思いやりの心を奮い立たせて、自分本位のとらわれや執着を離れ真実を見極める精進をすることの大切さを受けとめさせていただきます。そのためには、自分と相手を一つと見ること、「すべては一つ」という見方によって、思いやりが「心の習慣」になる、御親教で会長先生よりご指導いただいた「大己」(自分も他の人もあるいはそれ以外のものも、全てが一つになって「己のことなのだ」と大きく捉えること)に通じています。
     今月は、お釈迦さまが入滅された涅槃会の月です。「大己」を胸に、思いやりをもって布教精進させていただきましょう。  合掌 教会長  西村 季代子


    船寺神社参拝 王子支部

    0

      1月16日に王子支部の氏神様、船寺神社に支部長さんと5名で参拝しました。

       

      宮司さんにていねいな祝詞を挙げて頂き、守って頂いていることを実感しました。

       

      船寺神社のお徳を頂き、王子支部も自己中心の硬い心ではなく柔らかい心で、明るく優しく温かい支部になるよう努力していきます。

       

       


      阪神・淡路大震災犠牲者 慰霊法要式典に寄せて 宝塚支部

      0

        私は震災で姪と主人を亡くしてから24年が経ちます。

        今年、傘寿(80歳)になりますが、今も毎日、元気で生活させて頂いています。

        たくさんの皆さんに支えられてもらい、生かされている自分に気づかせて頂き、

        感謝の気持ちでいっぱいになりました。

        また、教会長さんの話の中で、相手に寄り添うことを教えて頂きました。

        ご主人が急死して落ち込んでいる友達がいますが、自分の体験を通して、

        お互いの思いを分かち合い、今頂いている幸せを伝えていきたいです。

                               合掌 (Y・I)


        湊川支部 --- 地区大会からぁ 峇脅奸廚撚瓩瓦擦詼萋

        0

          夢野地区の地区大会から

           

          地区の方々に喜んでもらえることを目標に、絆を深める地区大会を初めて開催しました。

           

          ■企画では

          知り合いのオペラ歌手の方に出演依頼をし、快くお引き受けいただきました。当日はみんなの良く知っている曲を歌ってくださり、また一緒に歌える曲では「大きな声で歌えて楽しかった」とみなさんに喜こんでもらえました。なかには感動で涙を流されている方もおられました。
           

          ■体験発表では

          「信仰のお蔭で80歳を超えてもひとさまのために体を使うことができて、毎日感謝で過ごせている今が幸せです。」と喜びの発表がありました。

           

          ■研修では

          「人間関係が良くなるポイントとして「春のソナタ」→うだね るほどね いへんだったね と相手を認めて寄り添う肯定的な言葉を使うことが大切。」と学びました。

           

          ■おわりに

          地区大会を通して一つの目標に向かっていく喜びを感じることができました。「まずはやってみよう、行動しよう」の精神で、失敗を恐れず何事にも挑戦していく勇気をもらえました。ありがとうございました。(I 50代女性)

           



          湊川支部 --- 地区大会から「ありがとう」は魔法のことば

          0

            若松地区の地区大会から

             

            有難い教えを身近な人々にお伝えすると共に、

            ・若い会員さんの育成

            ・会員相互の学びと親睦

            を願い、地区大会が開催されました。

             

            <一部>は会員さんの体験発表と研修、<二部>は健康体操、ゲーム、DVD鑑賞でした。

             

            ■体験発表をご紹介します。

            ・自分は、太陽、水、空気などあらゆるものによって生かされている。「お蔭さま」の気持ちで感謝の「ありがとう」を何回も言って、幸せになっています。

            ・「癌になった人が、抜けていく1本1本の髪の毛に「ありがとう」と言い続けていたら癌細胞が無くなった。」という話しを聞いて「ありがとう」は魔法の言葉だと思いました。

             

            ■研修内容をご紹介します。

            ・先祖供養、親孝行、菩薩行(ひとさまの為に良いことをする)の大切さ。

            ・今(現世)で菩薩行をしていくと未来(来世)にもつながって良くなっていく。

            ということを教えていただきました。

             

             この集いに私の入院中の夫が外出許可をもらって参加してくれました。研修で先祖供養の大切さを学んだことにより、夫は実母の27回忌法要のときに、母を知らない多くの方が母のためにご供養に来てくださっていることに対する喜びと感謝の心をもって、私たちと一緒に初めてご供養をしてくれました。とても嬉しかったです。

             

             皆さまのご協力により、地区の集いはとても有意義なものとなりました。皆さまありがとうございました。(F 70代女性)


            スタッフのささやき  「子供たち(豆菩薩)がお手本」

            0

               

              7日間の寒中読誦修行の間、土曜と日曜に子供寒修行が行われます。今年は20日と26日に実施され、16名の子供たちが参加し、導師、副導師、鐘、木鉦、司会のお役を子供たちが務めました。

               

              お役をした子供たちは「朝早くて大変だったけど経験出来てよかった」「間違ったけど、復習したい」など感想を言ってくれました。子供たちを連れてお母さんも参加し、小学6年生になる娘さんのお母さんは「娘の頑張る姿や間違っても「次は大丈夫!」とプラスに繋げられるようになったことに成長を感じました」と言っておられました。

               

              そして、隣に座った自分より小さな子に、今読んでいる所を指で教えながら読誦している姿に感動し、人に寄り添う仏さまの教えを実践している豆菩薩に学ばせてもらいました。

              (スタッフ I)

               


              湊川支部 ブログ投稿100回記念!!の記事「今年初の清掃奉仕」 

              0

                今年も最初の長田神社をお掃除させて頂きました。
                当初の日程より変更になりましたが、成人式の良き日に皆さんに気持ちよく
                お参りして頂けるお手伝いができた事が有難く嬉しかったです。

                 

                 

                今年も月一度長田神社をお掃除させて頂きながら、地域や人様に喜んで頂けるよう、
                明るくやさしく温かな心で精一杯、精一杯頑張ります!
                (湊川支部一同)

                 

                仏さまの教えを学び、実践して気付いた事やよろこび、心の変化を
                聞かせて頂き、会員のお皆さまにも今ある幸せに気が付いてもらい、

                ブログを通して、世の中に信仰のありがたさを発信していきたいと思っています。

                記念すべき、100回目の投稿になりました。
                今年もどうぞよろしくお願い致します。 (ブログ担当 K)

                 

                 


                スタッフのささやき 「ありふれた日常の有難さ」

                0

                  阪神・淡路大震災から24年の月日が経ちました。

                   

                  震災で当時17歳の娘さんを亡くされたお母さんのお話を聞かせて頂きました。

                   

                  前日まではありふれた、でもささやかで幸せな日常がありました。

                   

                  あの日、その日常は一変しました。

                   

                  笑って、泣いて、喜んで、悩んで・・・そんなありふれた日常がどれほど有難く尊いかを改めて強く感じました。

                   

                  今日は、亡くなった方々や、そのご家族に思いをはせたいと思います。(スタッフ K )

                  私は、東遊園地で行われた震災の集いに参加してきました。ろうそくの灯がゆらゆら揺れ、竹筒が少し焦げ、煙がスーと昇ります。

                  いろんな思いを抱えながら、ろうそくに火を灯し、菊の花を水に浮かべる姿に、胸が熱くなりました。

                   

                  会員さんの中にはこんな方がいました。地震で3Fの床が落ちて埋もれ、出られなくなった娘さんを救い出すことができず、名前を呼ぶと答える、目の前に娘がいるのに、助け出すことができず、自分を責めていた日々の話を聞かせて頂きました。何もできない親の気持ちはどれほどのものかと思います。

                   

                  亡くなった17歳の彼女は、震災前日、教会で行われる成人式の受け入れ準備をして、人の役に立てたことを喜び、バイトで覚えた料理を家族に作り、楽しい家族団らんを過ごしたとのこと。こんな日が続くと思っていたのに・・・!

                   

                  その母親は「神も仏もあるものか」とすさんだ気持ちになったそうです。しかし、サンガや周りのやさしさとおもいやりに触れ、すべてのものは変化すると「諸行無常」の教えを頂き、「この経験があったから、人さまの心に寄り添える自分に変化している」と話して下さり、ほんとうに、素晴らしい信仰者だと感じました。

                   

                  今日の日は今日だけ。人の喜ぶことをさせて頂きます(スタッフ S)

                   

                   


                  スタッフのささやき  「小さな心配り」 

                  0

                    昼休みにみなさんにお茶を入れさせて頂きます。

                     

                    茶托に湯呑茶碗を置こうとしたとき、大先輩から「茶托は木の目をテーブルと平行にして置くといいよ」と教えて頂きました。

                     

                    今まで一度も意識したことがなかったので驚きでした。さりげない動作にも心を込めることの大切さを学びました。

                     


                    新春祈願   灘支部

                    0

                       

                      1月12日に支部長さんをはじめ、支部の皆さんと六甲八幡神社にお参りし、新春祈願ご祈祷を行っていただきました。

                      身の引き締まるような寒気の中、教団創立百年に向けて、さらなるご法精進と布教に邁進することをお誓いするとともに、祭神さまの御神威をいただけますよう祈願させていただきました。

                       

                       

                      「千里の道も一歩から」私たちがめざす世界の平和境建設もまずは家庭から。

                      明るい心、やさしい心、温かい心を今までの自分から一歩踏み出して表現し、家族の絆を深めて参りますことを私の"発”と致します。合掌(壮年63歳)



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • サンガの有り難さ 尼崎南支部
                        M1
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        川畑匡央
                      • 新年あけましておめでとうございます。  須磨支部
                        川畑匡央
                      • 本部ご本尊ご安置式    西支部
                        スタッフIMA
                      • 「主任退任のお疲れさま会」  明石西支部
                        団長
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        団長
                      •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
                        sai
                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM