敬老の日         西宮北支部

0

     

    9月18日は「敬老の日」です。

    「敬老の日」は昭和22年に、兵庫県多可郡野間谷村の当時の村長と

    助役が、老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしようという

    趣旨のもと、「としよりの日」を提唱したことがはじまりです。

    敬老の日にちなみ、支部の元気なお年寄りの今の気持ちを紹介させていただきます。

     

     私が42歳の時、主人は事故で亡くなりました。

     5人の子供に恵まれ、一番下の子は2才でした。

     それから長い苦難の人生が始まりました。

     佼成会には入会していましたが参加する余裕は

     ありませんでした。

     あれから40年経った今、子供達の成長した姿を

     見ると感無量の思いがめぐります。

     もともと手先のことをするのが好きだった私は

     15年前から「ちりめん布押絵」の手芸をして

     います。若い時にできなかったことができる

     喜びと、完成した作品を作品展に出品したり

     人様にお配りして喜んでもらえている今、私は

     日々感謝の気持ちで安寧に過ごしています。

      今は来年の干支「戌」の根付を50個完成させる

     計画をし準備しています。

     こうして自分ができることと、佼成会にご縁を

                 いただいたことの有難い喜びの気持ちで

                 いっぱいです。         合掌(N.T)


    夏休みお泊り会 〜西支部〜

    0

      夏休みお泊り会を神戸教会にて8月19日・20日にかけてさせて頂きました。プログラムを進めていく中で、年上の子が下の子の面倒をすすんでみてくれて、子供同士の絆をみて素晴らしいと思いました。ユニセフ募金もDVDで勉強してから行かせて頂いたので、暑い中でもよくがんばってくれました。子供たちの素直な心・優しい心にふれ、私の方がたくさん学びをもらいました。支部の方々がたくさん協力して下さったお陰さまで、けがもなく、みんな喜び、楽しんでくれたことが何より嬉しいです。本当にありがとうございました。 合掌    K少年部長

       

       

      ひまわりH.Aちゃん(中1)ひまわり

      今回のお泊り会では色々なことを学びました。特に心に残っているのは、ユニセフ共同募金です。暑い中で声を出してしたということもですが、あまりお金を入れてもらえなかったことです。大人も子供も一度は“貧しい人のために“ということを考えたことがあると思いますが、それを実行するとなると、入れることも、入れてもらおうとすることも難しいものだと感じました。ですが、少しの勇気で人を救うことが出来ます。今回ユニセフのDVDを見てそれが分かりました。夏休みが終わり、学校が始まると、そんなことを考えるひまは無いかも知れません。ですが、今回のユニセフ募金を忘れずに生活してゆきたいです。そして、これからもし今回のようなことをしていたら、少しでも協力していきたいです。

       

       

      ひまわりS.Aちゃん(小5)ひまわり    

      今回のお泊り会はとても楽しくいろんなことを学べました!うちわを作ったり、立ち当番をしたり、とても楽しかったです。一番心に残ったことは、ユニセフ募金です。とても暑かったけれど、皆で大きな声を出し、頑張りました。あまりお金を入れてもらえなかったけれど、その分入れてもらえた時はとても嬉しかったです。私は今まで募金に立った事もないし、お金を入れようとした事もありませんでした。けれど、今回ユニセフ募金に立ったり、DVDを見たりして、お金の大切さが良く分かりました。10円でも10人分の栄養剤になったり、トイレや住む家がない人にとっては、すごい大きなお金だと気付きました。今度はどこかで募金をしていたら、私も勇気を出して協力したいと思います!


       

      たくさん入れてもらえたら嬉しいし、あまり入れてもらえなかったらガックリする。募金に立った時、そういう気持ちが起こるのが自然だと思いますが、「入れる方も、入れてもらう方も勇気がいると感じた」と深く受け止めてくれていた事に驚き、素晴らしいなと感動しました。この経験が子供たちのこれからの人生に大きく役立つ事を願っています。お泊り会本当に有難かったです。ありがとうございました。  合掌   青年担当I主任

       

      花火 神戸から世界へ ~西支部~ 花火  

       

       

       

       


      子どもの成長   伊丹支部 

      0

        8月4〜5日 お泊まり会を実施。

        中学生1名・小学生6名・幼児2名が集まりました。

          

        夜のご供養から始まり、お布団をみんなで敷いて、スイカ割り、花火など楽しく夏休みの思い出になる夜を過ごしました。

        翌朝もご供養から始まり、夢ポッケの取組み。

        「ゆめポッケ」は紛争や対立によって心が傷ついた世界の子どもたちを勇気づけるためのもの。みんなでおもちゃや文房具、メッセージカードなどを手作りの袋に詰めておくる取り組みです。ゆめポッケをおくるための輸送費は一食を捧げる運動の献金によって支えられていますので、募金活動も行いました。

        参拝する会員の皆さんを玄関にて迎え、大きな声であいさつをするお当番修行も出来ました。

         

        昨年は、まだ小さくてお兄ちゃんやお姉ちゃんたちに一生懸命ついていくだけの子が、今年は自分からすすんでおにぎりをつくるお手伝いをしてくれました。子どもたちが仲間と共に過ごして、それぞれ成長していく姿を感じられとても嬉しかった(^^)です。

         

        最後にかき氷を食べて解散。来年がとても楽しみになる「お泊まり会」となりました。合掌


        ご法号・教会ご本尊勧請   北神支部

        0

           8月26日、北神支部小野地区S家で、開祖さま・脇祖さまご法号のご安置式と、同居されている娘さんのT家の教会ご本尊ご安置式をさせて頂きました。午前9時半、S家に着くと、ご家族そろって快く出迎えて下さる姿に感動しました。

          昨年亡くなられた、Sさんのお母さんは、開祖さまが大好きで、開祖さまに喜んで頂きたい、と言って、お元気な頃は、ご自分で作られたイチゴやスイカを法座所のご宝前にお供えして下さったり、開祖さま生誕会には、毎年のように献米をして下さっていました。ご宝前をきれいに整えさせて頂いて、ご安置式のご供養を始めさせて頂くと、Sさんのお母さん、ご先祖様が喜ばれているように思えて、今、この場に居合わせていることの幸せをかみしめさせて頂きました。そのようなS家ですので、M主任さんも、ず〜と、ご法号を、お祀りさせて頂きたいと願われていましたので、主任さんも、とても喜んでおられました。Sさんが、お孫さんと共に喜んでおられる姿を見させて頂くと、S家の幸せを心から念じずにはいられません。

          有り難い一日でした。合掌 Yブログ担当

           

           

           


          盂蘭盆会の奉献をさせて頂いて    西宮南支部

          0

            この度は奉献のお役をさせて頂きありがとうございました。ニコニコ

             

            今年の春に母が他界し、初盆となりました。ノーノー
            生前、母が好きだったトウモロコシをお供えさせて頂く為、

             支部長さんや主任さんに可愛いお花チューリップ

             主任さんの育てているミニトマト

            などで飾ってもらいました。

             

             

             

             

             

              子供も一緒にお手伝いさせて頂き、

              素敵で可愛いお盛物になりました。ラッキー

             

             

             

             

             

            母もニコニコ笑顔で喜んでくれていると思います。ニコニコ


            これからも母、そしてご先祖様に喜んでもらえるような

            私になれるように努力・精進させて頂きます。グッド
                                                                 K(30代女性)


            比叡山宗教サミット30周年記念・世界宗教者平和の祈りの集いに参加して〜西支部〜

            0

               

              8月3日国立京都国際会館で行われた、比叡山宗教サミット30周年記念・世界宗教者平和の祈りの集いに行かせて頂きました。テーマは「暴力的過激主義に宗教者はどう立ち向かうか」でした。

               

              私は「一つの部屋の口をきかない住人同士」「大切な信頼」という宗教者の言葉が印象に残りました。

               

              開祖さまは、著書「この道」の中で、人間を根こそぎ信じてしまおうと決めてしまうと、腹がすわって何でも思いきってやれる。心が通いあわなくては、どんなに努力をしているつもりでも、平和はやってこないと。

               

              信頼をつくり上げるためには、身を挺する覚悟がいる。そんな覚悟のある方達が、世界から比叡山へ集まった素晴らしい平和の集いでした。

               

              まず自分の心にある争いの心をサンゲするとともに、置かれた場所で根気よく対話を続け、平和に向けて少しでも努力していきたいと思いました。

               

              この度は本当に貴重な体験をさせて頂き、感謝の心でいっぱいです。ありがとうございました。

                                                   Kより

               

               

               神戸から世界へ 〜西支部〜    

               


              本部団参に参加して、感謝!  西宮南支部

              0

                昨年8月に15年間連絡のなかった長男より電話が入り、
                何もなかった様に話をして、8年前に3階建ての家を購入したとのこと。家


                先祖供養と宅地因縁の話をして額装のお手配を素直に受けてくれ
                今回7月3日〜4日本部参拝の時に持って行かせて頂き、
                嫁も本部へお参りでき法座にも入ってくれました。

                 

                立派な家に一泊させて頂き、心配しておりましたが、
                リビングの中央に無事、ご本尊さまを安置出来て有難く
                感謝がこみ上げてきました。ポッ

                 

                翌日、川口教会へ嫁と参拝させて頂き、お忙しい中、支部長さん、主任さん、
                会計さん方々とお会いできました。

                 

                有難く改めて一つにつながるご縁に感謝しました。ポッ
                今は亡き母がご法のご縁を頂いたお陰様で、子供・孫・ひ孫へと繋がらせて頂いたことに
                感謝し、仏さま・両親に喜んで頂けるような修行をさせて頂きます。ノーノー
                                          T(60代女性)

                 

                参加者全員で、集合写真を撮りました。

                感謝、感謝。
                 


                夏休みお泊り会      六甲支部

                0

                   

                   8月10日・11日に夏休みお泊り会を、自由参拝の道場当番の日に 高校生1名、中学生1名、小学生7名、幼児2名の子供たち11名と楽しい時間すごしました。

                   

                  ええ 初日の夜、オープニングのレクリエーションでは <じゃんけん列車>をしました。

                   

                  音楽に合わせ、相手を見つけてじゃんけんをして負けたら勝った人の後ろに繋がっていきます。大人も子供も一緒になって仲間意識を深める事ができました。

                   

                  それから、東遊園地へ移動し 花火は壮年さんも参加して下さり、楽しく盛り上げて下さいました 冷えたスイカは、とっても甘く美味しかったです。

                   

                  本 2日目は、6時と9時のお供養を聖壇で6名の子供たちでさせて頂きました。

                   

                  始まるまでは、「やりたくない」「ああ~緊張する~」「ちゃんと出来るかな~?」と、色々と心配していた子供達も、聖壇控えに入らせて貰うと、気持ちを切り替えて、自分のするところをしっかり理解し、一生懸命向き合い、取り組んでいる姿を見せてもらいました。

                   

                  とても素晴らしいお供養に感動しました。

                  聖壇上でお供養できる機会を頂き本当に有難う御座いました。

                  仏さまを間近に感じることのできた貴重な体験となり、「こうして未来の子供達に繋がっていくのだな」と、感じました。

                  六甲支部の未来は継承されて、明るい光がみえました。

                   

                  その後は、お当番のお手伝いやカレー作り、その後三宮へ向い「一食ユニセフ街頭募金」の為、センター街付近で行きかう人に募金を呼びかけました。「暑いからやりたくない」と言っていた子ども達も、声を合わせ大きな声で呼び掛け、子ども達のパワーは凄くて、沢山の方からの温かい心を感じながら、募金に協力して頂きました。皆さまありがとうございました。

                   

                  教会へ戻り、食堂で主任さん達が作ったカレーを食べてエンディングを向かえました。

                   

                  大きいお姉さん達が小さい子達の相手をし、友達との絆を深め、沢山の事に挑戦させて貰い、またひと回りもふた回りも大きく成長出来たお泊り会になりました。

                   

                  子ども達の感想です。

                  smile 皆で寝て, たのしかったです(H 3才)

                  smile 夜、お外でお兄ちゃんお姉ちゃんと大きなスイカを食べれて楽しかったです(K 4才)

                  smile カレーがおいしかったです。(M 6才)

                  smile お友達とお料理して楽しかったです。皆で食べたカレーはとても美味しかったです(T 小3)

                  smile お導師のお役を頂きました。初めは緊張したし姿勢良くできるか心配だったけど、仏さまの前に行くと、自然に背筋が伸びました。仏さまって凄いなと思いました。支部の仲間と一緒にした花火も、とても楽しかったです。(K 小5)

                  お母さんからの感想です。

                  ハート 支部では、いつも仲の良い子ども達です。それぞれが成長し分担したり未就園児に合わせてくれたり、お世話もしてくれました。小5の息子と小3の娘だけでなく、4才の息子、3才の妹もお兄さんお姉さんと楽しく、参加することができました。ありがとうございました。(Tさん)

                   

                  ハート 高校生の娘が聖壇のお役を受けてくれたり「絶対嫌!」と言っていた募金にも 参加させて頂く事ができ、すばらしい体験ができました。本当にお世話になりました。

                   

                   

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  今回、沢山の方に手伝って頂き,沢山声を掛けてくださり、温かく見守って貰いました。子ども達も安心して、仏さまの元で貴重な体験や仲間同士,楽しい時間を過ごさせて頂きました。

                  皆さまありがとうございました。


                  湊川支部 ちびっこの夏休み 〜 ユニセフ募金とお楽しみ会

                  0

                    夏休み真っ最中の8月17日、湊川支部のお当番がありました。

                    幼い2人の子供さんを連れて参加してくれた婦人部さんは、お当番のあとユニセフ募金に

                    参加してくださいました。

                    そして、夢ポッケ作りをした後は、ちびっこたちのお楽しみ会がありました。

                    お魚釣りや風船遊びで楽しい時間を過ごしました。

                    🎶感想をご紹介します。

                    <勇気を出してがんばったら嬉しくなったよ!>

                    2人の子供を連れて募金活動に行かせて

                    頂きました。上の子は恥ずかしがり屋で、

                    とても人目を気にするので前日まで『募金

                    活動はしたくない』と言っていましたが、

                    当日支部の方に誘って頂いて参加しました。

                    募金して下さる方の中には『がんばりや!』と子供たちの頭を撫でて下さる方もいて、今

                    までは他人事で目の前で募金活動をしていても素通りしていた私ですが、少しでも人さま

                    のためになれたと思うと幸せな気持ちになりました

                    また小さな声でしたが上の子なりの一生懸命な姿を見られて、幼稚園では学ぶことの出来

                    ない貴重な経験をさせて頂き有難かったです。

                    募金の後は支部の皆さんが子ども達のためにお楽しみ会を開いてくださり、楽しいゲーム

                    をたくさん用意して至れり尽くせりな時間を過ごさせて頂きました。

                    私も幼い頃からお世話になって、また子供たちも可愛がって頂き、本当に支部の皆さんの

                    温かい愛を感じる事が出来た1日でした。    K.T


                    勇気を出して頑張ってくれたH.T君は、最初はどうしてこんな

                    事をするのかよく分からなかったけど、頑張って声を出してお願い

                    していると募金を入れてくれて、その事が素直にうれしかったそう

                    です。お楽しみ会では高校生のお姉ちゃんにたくさん遊んでもらい、

                    大好きなキャラクターのプレゼントが当たって良かったね♪

                     

                    <2人の子供さんのおじいちゃんの言葉です。>

                    帰宅したら、『今日チャリンチャリンをしたよ。』と楽しそうに孫たちが話していました。

                    『そのお金が困っているお友達を助けるんだよ』と娘が聞かせていました。神妙な顔で聞い

                    ていました。貴重な体験ありがとうございました。感謝いたします。

                     

                    🌐1円のユニセフ募金でできることの一例です🌐

                    はしかやビタミンA欠乏症による合併症を予防したり治療したりするためのビタミンA

                     カプセル1錠を支給できる

                    ・1円×6回  6円で経口補水液1袋と安全な水を支給できる

                    ・1円×12回 12円でポリオ経口ワクチン1回を支給

                    ・1円×48回 48円で4〜5リットルの水を浄化することの出来る浄化剤を50錠

                     支給できる

                    ・1円×79円 子供二人分の鉛筆とノートを支給できる

                     

                    😃夢ポッケって何❓

                    紛争や対立によって心が傷ついた世界の子どもたちを勇気づけるため、小学生・中学生が

                    親子で、おもちゃや文房具、メッセージカードなどを手作りの袋に詰めておくる取り組み

                    です。


                    それぞれの持ち味を発揮してお伝えしていきましょう

                    0

                      【9月の教会長メッセージ】

                      8月は、平安時代に始まったという盆踊りでご先祖さまの霊をお迎えし、戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典を行いました。終戦から72年が過ぎ、終戦記念日を知らない若者がいる今、少年部、学生部による奉献と体験説法が行われ、子どもたちの合掌する純粋なその姿から学び、心を浄めて頂きました。

                       

                      9月は、脇祖さま報恩会・お彼岸の月です。今月の会長法話は、人に「伝える」ということ 仏さまの教えを学び、生活のなかで実践していく それは、さまざまなことが起こる人生において、苦悩を乗り越えていく「智慧」を身につけること。さらに、学んだ教えを人さまにお伝えすることは、「智慧」や「慈悲」を体得する大事な実践。
                      仏教をわかりやすく伝えられた臨済宗の松原泰道師は、説法の意味を「法は人のためにではなく、自分のために説くのだ」とおっしゃっています。そして、法を伝えること、つまり布教伝道は、「一人でも多くの人に真理を知ってもらい、幸せになってもらいたい」と願う、法の布施であると同時に自分の心田を耕していく精進にほかならないと会長先生はおっしゃいます。

                       

                      自分がよくわからないことを人に伝えることはできません。私たちの知識や経験の量はほんのわずかです。伝えようとするときに大事なのは「自分は何も知らない」という謙虚な姿勢。読経供養の際に唱える「三帰依文」がありますが、常にその場にふさわしい仏さまの智慧をいただくには、相手との縁を通して、いつ、だれに対しても「学ぶ」姿勢を忘れない。相手の声(縁)にひたすら耳を傾け、学ぼうとする姿勢(因)のなかから、相手によく理解してもらえる言葉や心くばり、すなわち自他をよりよく生かす智慧が湧いてくると「智慧海の如くならん」の願いを教えて頂きました。ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく。そこには、つねに感謝を忘れない心の姿勢があり、日々の幸せと喜びがあります。その姿は周りの人を感化せずにはおかない魅力があり、心の波動を感じさせます。それはそのままで布教伝道です。感謝ということは、人間だけができること、その自覚に立って、ありがたいことをたくさん、それぞれの持ち味を発揮してお伝えしていきましょう。   合掌

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • サンガの有り難さ 尼崎南支部
                        M1
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        川畑匡央
                      • 新年あけましておめでとうございます。  須磨支部
                        川畑匡央
                      • 本部ご本尊ご安置式    西支部
                        スタッフIMA
                      • 「主任退任のお疲れさま会」  明石西支部
                        団長
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        団長
                      •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
                        sai
                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM