春季彼岸会(明南地区)       明石西支部

0

    「3月25日(土曜日)に明南地区で行われた春季彼岸会」

     

    Y支部長さんをお迎えし、お役の方々、地区の方々でご供養をさせていただく中、すごく大きく、皆さんの声が一つになり、あ、仏さま、ご先祖様が喜んでくださっているように感じました。

    真心からのお供えをして下さり、お説法では、この教えのすばらしさ、有難さ、又、生活は大変だけど、皆さんと頑張ると大きな感動でいっぱいでした。

    有難うございました。合掌(彼岸会実行委員)

     

    明石西彼岸会3
     (明南地区全員の写真)
    明石西彼岸会2
      (ご供養の様子)
    明石西彼岸会1
      (御宝前とお供物)

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    春の彼岸会  明石東支部 松ヶ丘地区

    0

      先日から主任さんが色々と段取りを組んで下さったお陰様で 皆で買い物、お盛り物と 助け支えながらワイワイ賑やかに楽しく春のお彼岸会の準備をさせて頂きました。

      壮年部のOさんは木鉦のお役は初めてですが 気持ちよく引き受けて下さり本当に有り難かったです。

      春のお彼岸に沢山のご先祖さまが来られ喜んで下さっているように思え 日々感謝し 明るく 優しく思いやりのある私になりたいと思いました。

       

      Aさんより

      我が家でお彼岸供養をして頂き、有り難うございます。未会員のお友達が「こんなにわかりやすく お彼岸について話して下さり、お戒名まで一体一体読み上げて下さることに感動した」と言われました。そして「ご先祖さまも喜んでくださっているね」とも言ってくれました。

      主任さんはじめ地区の皆が心ひとつになり式典がスムーズにできたことが嬉しかったです。

      この感動を今回は来て頂けなかった方にお伝えさせて頂きます。

       

       Bさんより【木鉦の代役】

      西支部、高橋支部長さんを迎え、3月25日松ヶ丘地区の彼岸会が開かれました。当日男性が一人も居なく困っているので、ぜひ参加して欲しいと懇願され承諾したところ、木鉦を担当するよう言われました。

      なんの資格もない私がそんな大役出来ないとお断りましたが、地区の男性の方が1月亡くなられどうしても、と言われ引き受けました。

      教会で読経供養の時、聖壇のお役の方の木鉦を思い出し、真似事を自宅で練習し当日、そばに居られる主任さんの合図で何とかお勤めする事が出来ました。

      当家のご先祖様にご迷惑をかけていないか心配です。お許しください。

      私は引っ込み思案で、人の先頭に立つ事が苦手ですが人様の困っておられる時、手助けが出来るような人間になるよう努力致します。    合掌


      西宮南支部   佼成学園女子ハンドボール優勝おめでとう

      0

        第40回 全国高等学校ハンドボール選抜大会  佼成学園 23−21 水海道第二

         

        神戸教会の皆さんと一緒に応援に行きました。一生懸命試合をする選手の姿を見て、興奮しました。

        おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんの気持ちになって、声を張り上げていました。

         

        「来年の応援に行きたいな。行けるかな?」(80才)「大丈夫よ!来年も一緒に行こう」(80才)との会話

        「楽しみね。」と後ろの席から聞こえ、私も感動をいっぱい頂きました。

         

        甲子園では、高校野球も熱戦!が続き、若い力をいっぱい頂きました。

        私たちも頑張らねばという思いになりました。

        ブログも心機一転、ジュゲムに変り出発です。(西宮南支部 ブログ担当より)


        教会長メッセージ 4月 「むだ遣い」

        0

          【4月の教会長メッセージ】

          3月は、春の彼岸会が地区で行われて3年目となり定着し、まごころいっぱいで、いのちを頂いたおおもとへの感謝をご先祖さまにさせて頂きました。そして、4月は、降誕会、教会発足67周年記念があり、学校では進級、進学を迎えます。いのちを感じる草花も色とりどりになり、心もワクワクする季節となりました。四季があるから、けじめがつけられ、自然から感性が磨かれます。毎月のご法話の実践の積み重ねが、年頭法話につながっていきます。

           

          今月の会長法話は、【時間の浪費】大調和のなかで生かされていることの不思議を観じながら、ものごとを受け止めるご指導を頂きました。私たちは、たとえば一日中寝転んで無為に過ごすことを時間のむだ遣いといったりしますが、わずかな時間も惜しんで、何かに打ち込むのが有意義な時間の過ごし方で「毎日を最後の一日と思って生きなさい」とは古代ローマのセネカの言葉。こうした心がけで日々を送ることが大事と昔から言われています。ただ、時間の浪費ということを天地自然に照らして考えると、時間そのものに縛られない、もっとゆったりとした大らかな視点がありそうです。宇宙的な大きな目で見ると、自分の狭い考えで「あの時間はむだ」とか「浪費だ」とはいえない気がします。何もせずに寝転んでいる姿は、怠けているようにしか見えないかもしれませんが、仏法の本質からすれば、人も物もすべての現象も、どれ一つとして、むだなものはない。と見えてきます。人を傷つけるような言葉や態度、自分さえよければいいといった身勝手な行ないは、何よりもむだな時間の使い方と会長先生はおっしゃいます。人を裁くような見方、生き方をすることこそが「命のむだ遣い」ではないでしょうか。

           

          絶妙な天地のバランスでこの世が成り立っている不思議を観じたならば、調和を築く者として、お互いを尊重し、仲よく生きていきましょう。
          今を精一杯生きていく大事を知るということでは、金子みすゞさんの「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。」の詩から、それぞれの特色の中に生きている素晴らしさを見ていく観点として、しっかりと自然から味わってゆきたいものです。 合掌

           

           


          お知らせ 立正佼成会 神戸教会 絆のブログサイトが《JUGEM》に変わります

          0

            あなたと神戸教会をつなぐ絆のブログを、4月より心に新たにJUGEMに投稿して参ります

            引き続き、お楽しみください

            過去のブログは、今まで通り、ライブドアよりご覧頂けます



            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
              sai
            • 安否確認の大切さ   中央支部
              スタッフSAI
            • 勇気百倍  垂水支部
              スタッフSAI
            • 本部参拝    北神支部
              スタッフ I
            • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
              団長
            • 淡路支部 1.17
              川村守
            • 父に感謝! 淡路支部 
              Y.T
            • 涅槃会・・・東京と丹波
              ともタン
            • 六甲支部  節分会
              ima
            • 〖涅槃会〗須磨支部
              M1

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM