神戸まつりに参加して(青年の日)  〜西支部〜

0

    5月21日は立正佼成会全国青年の日です。
    神戸教会では毎年神戸まつりに青年5部が、サンバ、バテリア、平和行進に参加して、社会布教をしています。西支部では、9名が参加させていただきました。

     

    今年は開港150年ということで、教会長さんからは「開祖さまの笑顔と大きく社会布教ができる場をいただいていることに感謝の心を持って『みんなと心一つに』社会布教させていただきましょう」と心構えをいただきました。みんなで笑顔と感謝の布教をさせていただくことができました。
     

    警備のボランティアでは、壮年10名、青年1名、主任2名、計13名で、菩薩行をさせていただきました。
    快晴の天気の下で、汗だくで頑張りました。少し体は疲れましたが、心はありがたくさわやかでした。応援してくださったみなさん、ありがとうございました 。 合掌

     


    ≪第三課程第三回を終えて≫ 芦屋支部

    0
      神戸まつり 東遊園のバラ

        

       
      一番心に残ったのは「法師の自覚を持って生きる」ということ。

      世の中の人々を救うために生まれてきた・・・

      開祖さまの教えのもとに生まれ育ち、何となく人の為に生きることが大事と言うのはわかってはいたけど、

      ほぼ自分中心に考えて過ごしてきた私にとって目からウロコだった。

      家庭のことレベルで考えて生きることからもっと視野を広げて周りの人の力になって行ける自分になろうと思った。

      そんなことを思いはじめたある日、幼稚園の友達のお母さんがとても落ち込んでいた。

      話を聞いてみると、前日の参観日で他の子に比べ何もできてないわが子にがっかり

      他の父兄の目も気になり、自分だけがなぜこんな惨めな思いをしなくてはならないのかと思ったと打ち明けてくれた。

      この友人と同じように発達障害の子供を育てている私は数年前のあの日の自分を見ている思いになった。

      自分の教室から飛び出す長男、迎えに行ったときは大勢のお母さんの前でパンパンになった紙オムツをはずし下半身裸になったり、、、

       

      わが子は少しずつ幼稚園に慣れてたいったが、幼稚園はやめて療育施設に通うことになった。

      あれから、五年今では小学校の支援級で彼に合ったペースで勉強している。窓際のトットちゃんのように。

      だから、このお母さんにも「つらかったね」「なんで私だけって言う気持ちになるよね」と言いながら

      私も涙をぬぐった。でも、「大丈夫!Hくんは元気に登園していることだけでも有難いよ。」

      「日々Hくんも成長しているし、ママも強くなっていくよ。」「大丈夫。」と言葉をつないだ。
      ひとしきり泣いた後、彼女に笑顔が戻った。
      「忙しいのに話を聞いてくれてありがとう。」「先生たちも協力的だし、またガンバッテみる・・・」と。
      Hくん親子が少しでも心ラクに過ごせるよう、私はこの先もずっと二人を見守っていきたい。
      我が家もまだまだ長男とのやり取りがうまく行かず試行錯誤で子育て中だが、長男もスモールステップで
      成長中。


      Hくんのママとの出来事の翌日、主人が長男のことを「だいぶわかってきてるな。学校もちゃんと時間通りに行けてるし、ママが一声かけたら、行かなくちゃと思えるようになったな」と安心した表情で言った。
      日々格闘中の私にはまだまだだと思っても、少し距離を置いたところから見る主人からはそんなふうに見えるのだなあと…私も少しほっとした。
      私が法師の自覚を持ったら、息子も自分のやらなければならないことをちょっとやってみようと思えるようになったのかなと…第三回のお勉強と実践したことのご褒美を確認し、一人微笑んだ。(T.S.)


      喜寿を迎えた主人と九州の旅 須磨支部

      0

        5月1日に私共夫婦は48年目の結婚記念日を迎えました。

        長い間 私がお役に専念出来たのも 主人の理解と協力が

        あってのことと 心から感謝しています。

        お陰さまで主人は3月に 無事に喜寿を迎えることが出来ました。

        お祝いと記念を兼ねて 鹿児島・指宿温泉2泊3日の 記念旅行に行きました。

        熊本では 地震から1年後の熊本城を眺め 

        崩れ落ちた石垣の石に当時の激しい様子がよくわかりました。

        翌日は 噴火の治まっていた桜島の4合目まで行き

        素晴らしい景色を眺めました。

         

        その夜は 有名な指宿温泉の砂蒸し風呂に入りました。

        痛みのある箇所に一番よく効くと聞いていましたが 熱すぎて長くは

        無理でした。最終日は 薩摩半島を巡り長崎鼻・名勝仙厳園は素晴らしい

        庭園でした。帰途 鹿児島駅に向かう途中に雄々しい西郷隆盛像の姿を

        最後に感激の中に 旅が終わりました。

        ***今年2月には 実母の白寿のお祝いも出来て

        おめでた続きになりました。 これからも地区の皆様と共に慈悲の

        心がけを続け ”有難し” ”感謝” の心で精進していきます。合掌  < K・S>

        須磨イラスト


        みんなの想いをアフリカへ    六甲支部

        0

          「アフリカへ毛布をおくる運動」も30年をこえました。

          青年部はメッセージ作りと毛布に縫い付けをしてもらい

          主任さん、地区の方々に応援をしていただき、51枚の毛布と送料を

          送らせてもらいました

           

          感想です

          プレゼント 1年を通して、「 アフリカへ送る毛布をお願いね 」と声をかけ続けています   

            今日から、また来年送るための毛布に向けてがんばります

           

          プレゼント 毎年、送料の応援をしてくださる会員さんのところをたずねますが、今年はお留守が多く

                4回めにやっとお会いできて、送料をいただきました。                                                   

            あきらめないでコツコツ声賭けの実践をしたおかげで、アフリカの人に喜んでいただける徳積みができました。              

                             

          プレゼント 机の上に白い布と油性ペンをならべておいたら、かわいいイラストと

               Peace、friend の文字入りのメッセージができ上がっていました。

            毎年の「毛布をおくる運動」が家族に定着してくれていることがうれしいです。           

           

          プレゼント 今年は近所の未会員さんから提供された毛布が多く、

                1人でも多くの未会員さんへの声かけが大事だと思いました。             

                                                                

          プレゼント 布教日での事です。ふとん屋さんに布教しながら、

                手頃な毛布はないかおたずねしたら、

            「貸ふとん,貸毛布で使っているものでよかったらどうぞ」と9枚いただきました。

            支部長さん、みなさんの熱い思いが通じたうれしいでき事でした。

           

           

          みなさんの温かいまごころのこもった毛布が

          若者たちのかわいいあたたかいメッセージと共に、

          アフリカへ送られ、遠い日本から届いた毛布を背中にかけ、

          笑顔で帰っていく姿を思いうかべながら、

          アフリカへ毛布をおくる運動を続けていきます。       

                                         合掌

                                                                                   


          私の元気の源    明石東支部

          0

             

             

             

            バラ地域の方と花壇の手入れをしています。
            毎年狆洵を頂いています。昨年は名誉賞でした。
            病院今回は足の手術をして無事退院しましたが 外出禁止のため お花の植え替えに参加できず

            Docomo_kao19残念でした。
             早く元気になり花壇のお世話をし道行く方に「きれい、可愛い、楽しい、幸せ」なこころになって頂きたい。 “私の元気の源”  です。

             

             

             

             

             


             


            愚痴

            0

              【6月の教会長メッセージ】

              5月は、こどもの日、母の日、そして神戸まつりがあり、神戸開港150年を祝い、サンバパレードと共に青年の日の意識を高め平和行進を行いました。すべてを有難い現象に変え、笑顔の実践で感謝の一日となったのではないでしょうか。今月も、一食を捧げる運動の募金を青年の日の活動として行います。6月は、梅雨に入り、ナイーブになりがちな心を下半期に向けて充実させていきたいと思います。

               

              今月の会長法話は、【愚痴をいわない】。「知っている」という思いこみから、相手を責める心で愚痴を言ってしまう、道理がわかれば 反省でき、「仏の説法」と受け止めることができるとご指導を頂きました。「痴」は、疒(やまいだれ)のなかに知と言う字。いわば知が病気で全体がわかっていない「おろかさ」です。「愚」はまわりくどく、心のはたらきの鈍い「おろかさ」を示しており、愚痴とは「いっても仕方のないことをいって嘆く」という意味があるそうです。愚痴から抜け出せないのは、「絶対間違いない」という錯覚にとらわれているからで愚痴の原因のひとつ。私が正しいというその心を省みると、ものごとに対する洞察が深まり、不平不満の対象が「仏の説法」と受け取れます。

               

              仏の教えに親しみ、朝夕のご供養の経力で、愚痴をこぼしそうなときにも智慧の心がそれを鎮めてくれます。このことは「愚痴多き者には智慧の心を起さしめ」と経文にあります。よりしっかりと自分のものにするには、「真実の道理」を知ること。この世のあらゆるものが一つにつながるご縁によって生かされている(諸法無我)という事実がわかると、感謝できて、愚痴が出なくなる。また、経文に、「若し愚痴多からんに、常に念じて観世音菩薩を恭敬せば、便ち痴を離るることを得ん」ともあり、私も観音さまのような慈悲の心・人に対する思いやりの心をもちたいと願う心が愚痴の行動を押しとどめてくれると会長先生はおっしゃいます。愚痴をまったく言ってはいけないとなると苦しくなる方もいるかもしれません。聞いて頂くときは自分より少し前を歩くリーダー(半歩主義)に愚痴を聞いて頂き、成長に繋げていくことが大事です。心理にそったものの見方、受け止め方にたちもどりましょう。   合掌


              絆深まるバーベキュー

              0

                ゴールデンウイークが始まった4月29日(日曜日)に中央支部と湊川支部合同でしあわせの村でバーベキューの集いをしました。

                湊川支部では、数年振りのバーベキューだったので、皆さん大変楽しみにされていました。

                当日は、大変良い天候に恵まれ子どもさんから年配の方までが、爽やかな風と新緑の若葉に囲まれた中で、美味しいお肉とたっぷりの野菜を頂き楽しい時間を過ごすことが出来ました。

                 

                感想

                家族7人で参加しました。ぼくは野外で焼肉を食べることがなかったので、楽しみにしていました。

                たくさんの野菜やお肉を焼いてお腹いっぱい食べました。うれしい思い出になりました✨

                                                        k.k(小学5年生)

                 

                先輩の方と一緒に青年女子部さんや婦人部さんも野菜を切ったり分けたり等の準備を、壮年部さんには

                火を起こす作業をして頂きました。壮年さんのその姿は頼もしくとても格好良かったです。

                みんなで協力して焼いたお肉や野菜は格別に美味しく、世代を超えて日頃あまり話さない方とも交流が持て

                今までより一層絆が深まり本当に楽しい1日でした。               c.k(40代女性)

                 

                切らないで丸っこのままピーマンを焼くととってもジューシーで甘くて美味しいですよ!皆さんも試してみてください

                 


                 


                灘支部 壮年部「ワイガヤ会」

                0

                   

                  3/19(日)、灘区を流れる都賀川の河口付近で壮年部のBBQ大会を行いました。
                  お花見にはちょっと早い時期でしたが、好天に恵まれたこの日、40代〜70代の壮年7
                  名が集いましたundefined

                  支部では法座をより楽しく、気さくに話し合える場にしよう、ワイワイ・ガヤガヤと
                  話し易い場にしようと「ワイガヤ会」と銘打って仲間づくりを展開しています。
                  壮年部も「ワイガヤ会」として、屋内での法座から外に出よう。開放的な楽しい場を
                  設けて仲間づくりを始めよう、との事で今回のBBQ大会となりました。幅広い年代が
                  集い、交流がはかれました。法座と共にまた、このような機会を設けて、一人が一人
                  を手どり、焦らず少しずつ少しずつ壮年の輪を広げていきたいと思いますよつばのクローバー


                  BBQで仲間づくり  中央支部

                  0

                    しあわせの村で、湊川支部と一緒にバーベキューを行いました。私が中央支部の支部長のお役を頂き、初めての支部行事です。

                    当日は爽やかなお天気で、新緑の中64名が参加。ご家族づれのかたが多くアットホームで和やかなひと時を過ごさせて頂きました。今回も企画委員の方が準備から、すべてして下さり、細やかな心づかいに感謝いたしました。このような機会を頂き、これからの一人ひとりの会員さんとより深く心を通わせていきたいと思います。(Y.Y)

                     

                    〈参加者の感想〉

                    二人の娘の母です。家族では、潮干狩り、夏は海水浴と行きますが、バーベキューは大変でなかなか家族ではできませんでした。

                    支部が企画して下さるバーバキューには初回から参加していて、自然の中で行なわれ、私たち家族にとってはとても貴重な機会です。

                    上の娘は、「お肉がやわらかくておいしい!」と喜んでいます。ありがとうございました。(T.H)


                    【今日の明石大橋のみえる風景】      明石東支部

                    0

                       

                      5月20日

                      雪Nさん宅でご主人の祥月ご命日のご供養を五人衆が揃ってお役をして下さいました。
                      Nさんはご主人のお好きだった物をお膳でお供えされ、にこ「豆ご飯が好きだったの」と話されるNさんは恋する乙女のようでした。

                       

                       

                       

                       

                      お導師のKさんは久しぶりのお役で緊張

                      したわと言われながらも  堂々と深みのある声で真心からご供養をして下さいました。
                      NさんとKさんのご主人は共に神戸まつりの警備のお役を熱心にして下さっていましたので晴れ明日は揃って天国から警備に来て頂けるのかなぁとかみしめ法座で懐かしい話しに花がさきました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 本部団参      明石東支部
                        コスモス
                      • 地区合同の水子供養 尼崎南支部
                        まえごろう
                      • 今日の明石大橋の見える風景     明石東支部
                        まえごろう
                      • 私達の 花壇 が特別賞  尼崎北支部
                        maegorou
                      • 法の友五人衆 絆サロン 〜西支部〜
                        maegorou
                      • 学生の翼アンケートより   <西宮北支部 100回目記念投稿>
                        スタッフより

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM