愚痴

0

    【6月の教会長メッセージ】

    5月は、こどもの日、母の日、そして神戸まつりがあり、神戸開港150年を祝い、サンバパレードと共に青年の日の意識を高め平和行進を行いました。すべてを有難い現象に変え、笑顔の実践で感謝の一日となったのではないでしょうか。今月も、一食を捧げる運動の募金を青年の日の活動として行います。6月は、梅雨に入り、ナイーブになりがちな心を下半期に向けて充実させていきたいと思います。

     

    今月の会長法話は、【愚痴をいわない】。「知っている」という思いこみから、相手を責める心で愚痴を言ってしまう、道理がわかれば 反省でき、「仏の説法」と受け止めることができるとご指導を頂きました。「痴」は、疒(やまいだれ)のなかに知と言う字。いわば知が病気で全体がわかっていない「おろかさ」です。「愚」はまわりくどく、心のはたらきの鈍い「おろかさ」を示しており、愚痴とは「いっても仕方のないことをいって嘆く」という意味があるそうです。愚痴から抜け出せないのは、「絶対間違いない」という錯覚にとらわれているからで愚痴の原因のひとつ。私が正しいというその心を省みると、ものごとに対する洞察が深まり、不平不満の対象が「仏の説法」と受け取れます。

     

    仏の教えに親しみ、朝夕のご供養の経力で、愚痴をこぼしそうなときにも智慧の心がそれを鎮めてくれます。このことは「愚痴多き者には智慧の心を起さしめ」と経文にあります。よりしっかりと自分のものにするには、「真実の道理」を知ること。この世のあらゆるものが一つにつながるご縁によって生かされている(諸法無我)という事実がわかると、感謝できて、愚痴が出なくなる。また、経文に、「若し愚痴多からんに、常に念じて観世音菩薩を恭敬せば、便ち痴を離るることを得ん」ともあり、私も観音さまのような慈悲の心・人に対する思いやりの心をもちたいと願う心が愚痴の行動を押しとどめてくれると会長先生はおっしゃいます。愚痴をまったく言ってはいけないとなると苦しくなる方もいるかもしれません。聞いて頂くときは自分より少し前を歩くリーダー(半歩主義)に愚痴を聞いて頂き、成長に繋げていくことが大事です。心理にそったものの見方、受け止め方にたちもどりましょう。   合掌


    絆深まるバーベキュー

    0

      ゴールデンウイークが始まった4月29日(日曜日)に中央支部と湊川支部合同でしあわせの村でバーベキューの集いをしました。

      湊川支部では、数年振りのバーベキューだったので、皆さん大変楽しみにされていました。

      当日は、大変良い天候に恵まれ子どもさんから年配の方までが、爽やかな風と新緑の若葉に囲まれた中で、美味しいお肉とたっぷりの野菜を頂き楽しい時間を過ごすことが出来ました。

       

      感想

      家族7人で参加しました。ぼくは野外で焼肉を食べることがなかったので、楽しみにしていました。

      たくさんの野菜やお肉を焼いてお腹いっぱい食べました。うれしい思い出になりました✨

                                              k.k(小学5年生)

       

      先輩の方と一緒に青年女子部さんや婦人部さんも野菜を切ったり分けたり等の準備を、壮年部さんには

      火を起こす作業をして頂きました。壮年さんのその姿は頼もしくとても格好良かったです。

      みんなで協力して焼いたお肉や野菜は格別に美味しく、世代を超えて日頃あまり話さない方とも交流が持て

      今までより一層絆が深まり本当に楽しい1日でした。               c.k(40代女性)

       

      切らないで丸っこのままピーマンを焼くととってもジューシーで甘くて美味しいですよ!皆さんも試してみてください

       


       


      灘支部 壮年部「ワイガヤ会」

      0

         

        3/19(日)、灘区を流れる都賀川の河口付近で壮年部のBBQ大会を行いました。
        お花見にはちょっと早い時期でしたが、好天に恵まれたこの日、40代〜70代の壮年7
        名が集いましたundefined

        支部では法座をより楽しく、気さくに話し合える場にしよう、ワイワイ・ガヤガヤと
        話し易い場にしようと「ワイガヤ会」と銘打って仲間づくりを展開しています。
        壮年部も「ワイガヤ会」として、屋内での法座から外に出よう。開放的な楽しい場を
        設けて仲間づくりを始めよう、との事で今回のBBQ大会となりました。幅広い年代が
        集い、交流がはかれました。法座と共にまた、このような機会を設けて、一人が一人
        を手どり、焦らず少しずつ少しずつ壮年の輪を広げていきたいと思いますよつばのクローバー


        BBQで仲間づくり  中央支部

        0

          しあわせの村で、湊川支部と一緒にバーベキューを行いました。私が中央支部の支部長のお役を頂き、初めての支部行事です。

          当日は爽やかなお天気で、新緑の中64名が参加。ご家族づれのかたが多くアットホームで和やかなひと時を過ごさせて頂きました。今回も企画委員の方が準備から、すべてして下さり、細やかな心づかいに感謝いたしました。このような機会を頂き、これからの一人ひとりの会員さんとより深く心を通わせていきたいと思います。(Y.Y)

           

          〈参加者の感想〉

          二人の娘の母です。家族では、潮干狩り、夏は海水浴と行きますが、バーベキューは大変でなかなか家族ではできませんでした。

          支部が企画して下さるバーバキューには初回から参加していて、自然の中で行なわれ、私たち家族にとってはとても貴重な機会です。

          上の娘は、「お肉がやわらかくておいしい!」と喜んでいます。ありがとうございました。(T.H)


          【今日の明石大橋のみえる風景】      明石東支部

          0

             

            5月20日

            雪Nさん宅でご主人の祥月ご命日のご供養を五人衆が揃ってお役をして下さいました。
            Nさんはご主人のお好きだった物をお膳でお供えされ、にこ「豆ご飯が好きだったの」と話されるNさんは恋する乙女のようでした。

             

             

             

             

            お導師のKさんは久しぶりのお役で緊張

            したわと言われながらも  堂々と深みのある声で真心からご供養をして下さいました。
            NさんとKさんのご主人は共に神戸まつりの警備のお役を熱心にして下さっていましたので晴れ明日は揃って天国から警備に来て頂けるのかなぁとかみしめ法座で懐かしい話しに花がさきました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            なぜ アフリカに毛布が必要なの 尼崎北支部

            0

              アフリカに毛布を送る運動】を30年以上も続けてる中で 本年も 毛布に込めた”命のメッセージ”よ届け

                                                                                                                                   尼北 毛布メッセ

               

                                       

               

              アフリカ地図

               

               

               

               

               

                                

                                   〜〜〜<JAPAN>〜〜〜             

                                             毛 布         |

                               輸送コンテナ                                                ← −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-----/

               

               ”毛布メッセージ” に 家族で取り組んで頂いた、近松(尼崎市)のファミリーです。

               

              【T家 ファミリーの感想】

               『今回、4歳の息子と小4の娘の家族4人でメッセージを描かせていただき、その時に初めてアフリカに毛布が必要だという事を知りました。』 朝から晩まで暑い国だと思っていたので、何でアフリカに毛布?というのが最初でした。

               

               小4の娘に『アフリカでは食べる物も少なく、朝晩が寒くて着るものや身体を温めるものがなくて、あなたと同じ年齢まで生きる事が難しいんだよ』という話をすると、自分がいかに恵まれていたかを知り、今あるもの、生きている事に感謝しないとという気持ちになったようです。

              『会えなくても繋がったら友達。かわいい絵のほうが赤ちゃんや子どもは喜んでくれるから!』と身の回りのかわいいイラストを集めて描きはじめました。 息子も、『こっちかわいい!』と一緒に選んでいました。

               

              国は違えど親として、かわいい我が子に幸せな人生を歩んでもらいたい気持ちは同じです。一人でも多くのアフリカのお友達に平和と安らぎがおとずれますように。

               

              【A家 ファミリー】

               ご主人

                ➡『送付する毛布へのメッセージ書きしか思っていませんでしたが、喜んで頂いたと言うことで 小さな行動にも大事にしたいと感じました。 』

               

               A家 奥様

                ➡『3人でメッセージを書かせて頂き、今置いてもらっている環境、そして家族3人で仲良く書かせてもらい、幸せを頂いているなぁと実感させてもらいました。』

              メッセージを書かせてもらう事で人の役にたたせてもらうことは、私達にとってもいい経験となりました。次は、毛布の買い替え、処分の際にはアフリカの人達にはまだまだ必要とされる大切なものになるので人にも又お伝えさせてもらいます。

               自分達の生活でゆとりがない日々の中、メッセージを書かせて頂く事によって、世界のどこかで笑顔になってくれている人がいると思うと、やさしい気持ちにならせてもらいました。 ありがとうございました

               

               A家 小学1年生のAちゃん

                ➡『アフリカの人たちが毛布を頂き、メッセージを見て嬉しそうに使っていると聞くと嬉しい』

               

                                                                               合 掌(家族で アフリカ を想って)


              本部団参を終えて  <西宮北支部>

              0

                4月14日15日とバスでご本部参拝に参加させて頂きました。道中は、快晴 桜咲き誇る向こうに聳える富士山が見え車中は、自然と拍手が起こり 尼崎北支部と西宮北支部 本当に仲良く行き帰りを過ごさせて頂きました。一緒に参加して頂いた皆さま ありがとうございます。

                まずは開祖記念館へ^ - ^入口でパンフレットと共に貴方へのメッセージですよ と1人1人違う栞を頂きました。私は『大安心』この栞を見て正直ガッツポーズが出るぐらい嬉しかったです。大安心だから、今のままで良いのかなあ〜と思ったのです。それから館内を次の法華経を学ぼうに間に合うまで見ようと駆け足で見学しましたが、これだけは 見逃せないと思っていた開祖さまのスーツのジャケットを着させて頂き 安心感に包まれ 使われていた椅子に座らせて頂いて何とも言えない感動を味わいました。そして私にとってメインの大聖堂で法華経を学ぼう では、妙法蓮華経序品第一 を学ばせて頂きました。序品第一はいよいよ法華経が説かれるぞ!と聞かせて頂く心を養って下さる品です。 感動でワクワクしました!

                言葉で学ぶも良し 体験や縁から学ぶも良し 菩薩行 人さまに尽くし仏さまを目指すも良し そこから私を含め皆仏の子であり仏になれると気付く。自分なんてダメだと言う卑屈な心が邪魔をしてしまうそうですが、仏になれると信じる事が大事なんですね。

                また自分にできる事が、周りに出来ない人がいると責めてしまう心が生まれてしまいます。法華経はどんな出会いを頂いても有り難く素直に受ける事なんですよ。と教えて頂きどんな出会いも経験も私を育てて下さる有難いご縁とは、まだまだ思えてなかった事に気付き、もっともっと仏さまに近づきたいと思いました。

                研修を聴いているうちに、だからこそ 優しい言葉と笑顔が大切なんだと分かり、記念館で頂いた『大安心』は、周りの方々のおかげさまで『大安心』をいただいているということに私が気付くための 仏さまからのメッセージだったんだと受けとめると、今のままで良いんだと思った事が恥ずかしくなりました。法華経を学ぶと 自分を見つめる事が出来て有り難くなります。

                それだけではありません!次の日の式典で 佼成学園女子ハンドボール部 全国優勝の報告会がありました。手作りの『優勝おめでとう!』のボードを掲げ共に優勝を喜びあいました。式典後に法輪閣で会長先生 会長先生の奥さま 光祥さま 椎名理事長さん酒井元理事長さんにも出会わせて頂きハンドボール部の皆さんと共に 写真を撮って頂きました。何人かの皆さん は、握手もして頂いて 大感激の一日でした。やっぱり本部参拝に行くとワクワクと自分を発見する種がいっぱいです。育てて花にして実にするのは私次第♪有難い本部参拝でした。皆さま本当にありがとうございました❤

                合掌 (T.Y)

                 

                 


                学生の翼アンケートより   <西宮北支部 100回目記念投稿>

                0

                  四葉のクローバー 知覧特攻平和会館を訪問し、当時の青年の姿勢や思いに触れ、どう感じましたか?

                   

                   女の子 特攻隊のみなさんが書いた遺書には、それぞれいろんな思いが書かれていて感動しました。

                        特攻隊の仲間と生活している写真や、突撃20分前の写真などでも笑顔が多く、

                        死んでしまう日が分かっているのに笑っていて、もし自分が死んでしまうと分かっていたら

                        笑ったりすることはできないと思うので、特攻隊の人はすごいなと思いました。(中1女子)

                   男 特攻隊で飛び立った青年の遺書をみて、その時代の人たちは国を思い、家族を思い、

                        特攻に志願するという、その時代だったからこその考え方なのかなと思いました。

                        今の時代、もし自分が特攻隊に志願するかと考えたら志願しないと思いました。(高2男子)

                   

                  四葉のクローバー 学生の翼に参加して、平和のために何が大事だと思いましたか?

                     またそのためにあなたができることは何ですか?

                   

                   女の子 平和のためには譲り合いと誰にでも笑顔で接すること、自分の命を大切にすることが大事だと

                        思いました。そのために、まずは家族にいつも笑顔で話していきたいです。  (中1女子)

                   男 自分は今年の5月に18才になるので、次の選挙には、票の重さをしっかりと感じて、

                        日本の未来をよく考え一票を投じたいと思います。             (高2男子)

                   

                  四葉のクローバー あなたの夢、目標はなんですか?

                   

                   女の子 人を笑顔にすることができる薬剤師。 (中1女子)

                   男 自分の夢は調理師になること。    (高2男子)

                   

                  合掌


                  感謝の参拝  拝読       明石東支部

                  0

                     

                    病院 私は耳のきこえが悪いのですが、あとは悪いところはなく健康を頂いていることは

                    ありがたいと思いました。

                    ”苦しみ、悲しみを体験することで、同じ境遇にある人の気持ちも分かり、

                    共感し、手を差し伸べられるような人間にならせて頂くこともできます。”
                     「やく しん」4月号 【みんなおかげさま】 より

                     

                     

                      

                    とり私のように聞こえの悪い方はたくさんおられると思います。このような聞こえづらい体験をしていることは、大事なことに気づき、成長できるのだと思えました。
                    女「みんなおかげさま」そしてたくさんの方に手を差しのべられるような人にならせて頂きたいと思いました。  合掌

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    笑顔の花 北支部

                    0

                       

                       

                      4/2(日)しあわせの村の広場で、北支部壮年部行事でお花見をしましたハート

                       

                      桜の開花にはまだ少し早かったのですが、段々気温も上がり日焼けするほどの

                       

                      陽気になり、当日は私も壮年部さんのお手伝いで参加しました。

                       

                      議員さんも来て下さり、総勢20名ほどで、楽しませて頂きましたおてんき

                       

                      参加して下さった方に楽しんでもらおうと、壮年部さんが事前に役割分担して

                       

                      準備して下さり、新しく入会された方も、T壮年部長さんの温かい触れ合いに

                       

                      心を開かれて、笑顔の花がいっぱい咲いて、壮年の絆が一段と太くなったように

                       

                      感じましたきらきら ありがとうございました。<H主任さん60代>                          合掌

                       

                       

                      さくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくら



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM