なぜ アフリカに毛布が必要なの 尼崎北支部

0

    アフリカに毛布を送る運動】を30年以上も続けてる中で 本年も 毛布に込めた”命のメッセージ”よ届け

                                                                                                                         尼北 毛布メッセ

     

                             

     

    アフリカ地図

     

     

     

     

     

                      

                         〜〜〜<JAPAN>〜〜〜             

                                   毛 布         |

                     輸送コンテナ                                                ← −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-----/

     

     ”毛布メッセージ” に 家族で取り組んで頂いた、近松(尼崎市)のファミリーです。

     

    【T家 ファミリーの感想】

     『今回、4歳の息子と小4の娘の家族4人でメッセージを描かせていただき、その時に初めてアフリカに毛布が必要だという事を知りました。』 朝から晩まで暑い国だと思っていたので、何でアフリカに毛布?というのが最初でした。

     

     小4の娘に『アフリカでは食べる物も少なく、朝晩が寒くて着るものや身体を温めるものがなくて、あなたと同じ年齢まで生きる事が難しいんだよ』という話をすると、自分がいかに恵まれていたかを知り、今あるもの、生きている事に感謝しないとという気持ちになったようです。

    『会えなくても繋がったら友達。かわいい絵のほうが赤ちゃんや子どもは喜んでくれるから!』と身の回りのかわいいイラストを集めて描きはじめました。 息子も、『こっちかわいい!』と一緒に選んでいました。

     

    国は違えど親として、かわいい我が子に幸せな人生を歩んでもらいたい気持ちは同じです。一人でも多くのアフリカのお友達に平和と安らぎがおとずれますように。

     

    【A家 ファミリー】

     ご主人

      ➡『送付する毛布へのメッセージ書きしか思っていませんでしたが、喜んで頂いたと言うことで 小さな行動にも大事にしたいと感じました。 』

     

     A家 奥様

      ➡『3人でメッセージを書かせて頂き、今置いてもらっている環境、そして家族3人で仲良く書かせてもらい、幸せを頂いているなぁと実感させてもらいました。』

    メッセージを書かせてもらう事で人の役にたたせてもらうことは、私達にとってもいい経験となりました。次は、毛布の買い替え、処分の際にはアフリカの人達にはまだまだ必要とされる大切なものになるので人にも又お伝えさせてもらいます。

     自分達の生活でゆとりがない日々の中、メッセージを書かせて頂く事によって、世界のどこかで笑顔になってくれている人がいると思うと、やさしい気持ちにならせてもらいました。 ありがとうございました

     

     A家 小学1年生のAちゃん

      ➡『アフリカの人たちが毛布を頂き、メッセージを見て嬉しそうに使っていると聞くと嬉しい』

     

                                                                     合 掌(家族で アフリカ を想って)


    本部団参を終えて  <西宮北支部>

    0

      4月14日15日とバスでご本部参拝に参加させて頂きました。道中は、快晴 桜咲き誇る向こうに聳える富士山が見え車中は、自然と拍手が起こり 尼崎北支部と西宮北支部 本当に仲良く行き帰りを過ごさせて頂きました。一緒に参加して頂いた皆さま ありがとうございます。

      まずは開祖記念館へ^ - ^入口でパンフレットと共に貴方へのメッセージですよ と1人1人違う栞を頂きました。私は『大安心』この栞を見て正直ガッツポーズが出るぐらい嬉しかったです。大安心だから、今のままで良いのかなあ〜と思ったのです。それから館内を次の法華経を学ぼうに間に合うまで見ようと駆け足で見学しましたが、これだけは 見逃せないと思っていた開祖さまのスーツのジャケットを着させて頂き 安心感に包まれ 使われていた椅子に座らせて頂いて何とも言えない感動を味わいました。そして私にとってメインの大聖堂で法華経を学ぼう では、妙法蓮華経序品第一 を学ばせて頂きました。序品第一はいよいよ法華経が説かれるぞ!と聞かせて頂く心を養って下さる品です。 感動でワクワクしました!

      言葉で学ぶも良し 体験や縁から学ぶも良し 菩薩行 人さまに尽くし仏さまを目指すも良し そこから私を含め皆仏の子であり仏になれると気付く。自分なんてダメだと言う卑屈な心が邪魔をしてしまうそうですが、仏になれると信じる事が大事なんですね。

      また自分にできる事が、周りに出来ない人がいると責めてしまう心が生まれてしまいます。法華経はどんな出会いを頂いても有り難く素直に受ける事なんですよ。と教えて頂きどんな出会いも経験も私を育てて下さる有難いご縁とは、まだまだ思えてなかった事に気付き、もっともっと仏さまに近づきたいと思いました。

      研修を聴いているうちに、だからこそ 優しい言葉と笑顔が大切なんだと分かり、記念館で頂いた『大安心』は、周りの方々のおかげさまで『大安心』をいただいているということに私が気付くための 仏さまからのメッセージだったんだと受けとめると、今のままで良いんだと思った事が恥ずかしくなりました。法華経を学ぶと 自分を見つめる事が出来て有り難くなります。

      それだけではありません!次の日の式典で 佼成学園女子ハンドボール部 全国優勝の報告会がありました。手作りの『優勝おめでとう!』のボードを掲げ共に優勝を喜びあいました。式典後に法輪閣で会長先生 会長先生の奥さま 光祥さま 椎名理事長さん酒井元理事長さんにも出会わせて頂きハンドボール部の皆さんと共に 写真を撮って頂きました。何人かの皆さん は、握手もして頂いて 大感激の一日でした。やっぱり本部参拝に行くとワクワクと自分を発見する種がいっぱいです。育てて花にして実にするのは私次第♪有難い本部参拝でした。皆さま本当にありがとうございました❤

      合掌 (T.Y)

       

       


      学生の翼アンケートより   <西宮北支部 100回目記念投稿>

      0

        四葉のクローバー 知覧特攻平和会館を訪問し、当時の青年の姿勢や思いに触れ、どう感じましたか?

         

         女の子 特攻隊のみなさんが書いた遺書には、それぞれいろんな思いが書かれていて感動しました。

              特攻隊の仲間と生活している写真や、突撃20分前の写真などでも笑顔が多く、

              死んでしまう日が分かっているのに笑っていて、もし自分が死んでしまうと分かっていたら

              笑ったりすることはできないと思うので、特攻隊の人はすごいなと思いました。(中1女子)

         男 特攻隊で飛び立った青年の遺書をみて、その時代の人たちは国を思い、家族を思い、

              特攻に志願するという、その時代だったからこその考え方なのかなと思いました。

              今の時代、もし自分が特攻隊に志願するかと考えたら志願しないと思いました。(高2男子)

         

        四葉のクローバー 学生の翼に参加して、平和のために何が大事だと思いましたか?

           またそのためにあなたができることは何ですか?

         

         女の子 平和のためには譲り合いと誰にでも笑顔で接すること、自分の命を大切にすることが大事だと

              思いました。そのために、まずは家族にいつも笑顔で話していきたいです。  (中1女子)

         男 自分は今年の5月に18才になるので、次の選挙には、票の重さをしっかりと感じて、

              日本の未来をよく考え一票を投じたいと思います。             (高2男子)

         

        四葉のクローバー あなたの夢、目標はなんですか?

         

         女の子 人を笑顔にすることができる薬剤師。 (中1女子)

         男 自分の夢は調理師になること。    (高2男子)

         

        合掌


        感謝の参拝  拝読       明石東支部

        0

           

          病院 私は耳のきこえが悪いのですが、あとは悪いところはなく健康を頂いていることは

          ありがたいと思いました。

          ”苦しみ、悲しみを体験することで、同じ境遇にある人の気持ちも分かり、

          共感し、手を差し伸べられるような人間にならせて頂くこともできます。”
           「やく しん」4月号 【みんなおかげさま】 より

           

           

            

          とり私のように聞こえの悪い方はたくさんおられると思います。このような聞こえづらい体験をしていることは、大事なことに気づき、成長できるのだと思えました。
          女「みんなおかげさま」そしてたくさんの方に手を差しのべられるような人にならせて頂きたいと思いました。  合掌

           

           

           

           

           

           


          笑顔の花 北支部

          0

             

             

            4/2(日)しあわせの村の広場で、北支部壮年部行事でお花見をしましたハート

             

            桜の開花にはまだ少し早かったのですが、段々気温も上がり日焼けするほどの

             

            陽気になり、当日は私も壮年部さんのお手伝いで参加しました。

             

            議員さんも来て下さり、総勢20名ほどで、楽しませて頂きましたおてんき

             

            参加して下さった方に楽しんでもらおうと、壮年部さんが事前に役割分担して

             

            準備して下さり、新しく入会された方も、T壮年部長さんの温かい触れ合いに

             

            心を開かれて、笑顔の花がいっぱい咲いて、壮年の絆が一段と太くなったように

             

            感じましたきらきら ありがとうございました。<H主任さん60代>                          合掌

             

             

            さくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくらさくら


            八重桜の散歩道 〜西支部〜

            0

              🌸八重桜の散歩道🌸

               

              4月24日、地区の方とお花見に行きました。教会で取り組んでいる絆五人衆のチームのご本尊さん、四大菩薩さんのメンバーです。

               

              病気で足にマヒが残り、リハビリで歩いている方や気持ちが落ち込んでいる方に少しでも元気になってもらいたいと思い、急に計画しました。

               

              川沿いの八重桜が満開の道を1本1本赤やピンクの花々を見ながら歩いていると、ウグイスがすぐそばの木で鳴き始めました。しっぽを振るわせ、体を上下させながら、まるで私達を歓迎しているように美しく鳴いてくれました。「こんなに間近に見たのは、初めて!!」とみんなはしゃいでいました。

               

              木の下でお茶を飲みながら、地区の昔の話や、毎月お布施をされるきっかけになった話、みなさんの子供時代の話など、青空の下で初めて聞く話も多くて、楽しいひとときでした。

               

              また行きたいな〜🎶

               

               


              息子の小学校入学を終えて  <西宮北支部>

              0

                小学校の入学式を終えて、はや一か月が過ぎようとしています。

                給食の時間が楽しみだという息子は、ちゃっかりとおかわりもしているという(笑)。

                大きくて重たいランドセルを背負い、何かニヤニヤでも堂々と、元気に行って元気に帰って

                きてくれることが何より嬉しくて、ありがたい日々だなぁと思わせてもらっています。

                 

                4月4日には「一年生を迎える会」を開いていただきました。一年生代表の挨拶という

                大役をいただき、本人は自分で何を言おうかと考え、練習に練習を重ねていざ本番!

                すっと立って颯爽と頼もしげに挨拶をする息子に、私の方がなんだか照れくさいような。

                頑張った息子を前にして、母として私は今何を頑張っているのかしら……?

                 

                3月の支部家庭教育で「”努力”とは女の又に力を入れて子供を産んだときから女性に始まる。

                女性は努力していくもの!」と教えていただき、私の心にガツンと突き刺さりました。

                主人や子供に求めてばかりの自分、すぐに環境や条件のせいにする自分、思い通りにならないと

                イライラする自分、自己中心の見方で現象に振り回される自分。

                息子の頑張る姿や教えていただいた”努力”の言葉が、改めてそんな自分に気付かせてくれました。

                 

                支部長さんからも、ふわふわとしていつも違う方向に突っ走っていこうとするぬるい私に

                「腹をくくるんだよ!」と何度も教えていただきました。

                いい加減、本気になって努力しなければいけない!人様のために、どこでも道場であり、

                どこでも尊く喜んでいただける縁になるように努力!努力!

                そして教えをしっかりと自分のものにできるよう研修に入らせていただき、努力!努力!

                “努力”は私の人生において大事な大事な言葉になりました。

                息子よ見ていてね! ママも負けないように一つ一つ目の前のことに心を入れて、人さまに

                喜ばれる人間を目指して“努力”します。

                合掌 (M.O)


                妙法寺でお花見  須磨支部

                0

                  須磨 花見2

                   

                   

                   

                  4月6日 30名近い人が集まって支部のお花見をしました。桜の咲く頃は雨が多いので、お天気を心配しましたが、この朝は、快晴!妙法寺川に沿った證誠神社(須磨の権現さん)に集合しました。

                   

                   

                   

                  須磨 花見3

                   

                   

                  桜並木は古くからの桜の名所で、開花具合を気にしながら向いました。花は満開にはもう少しでしたが、普段余りお会いできない方達の元気な笑顔に会えて、お互い喜びあいました。お昼の仕出し弁当も美味しく頂きました。その後支部長さん、主任さん達が準備して下さった、アイデアいっぱいのゲームで頭の体操を楽しみました。

                   

                   

                  須磨 花見1 

                   

                  皆それぞれに景品を頂いて、お土産付きのお花見でした。帰路の途中からポツポツと雨が落ちてきました。まるで須磨支部のお花見を応援してくれたお天気模様でした。和気あいあいと楽しいひとときを過ごすことが出来て感謝いっぱいでした。ありがとうございました。 合掌 (Y)
                  須磨イラスト1


                  感謝の言葉 ありがとう 垂水支部

                  0

                    3月は春の彼岸の月です。3年前より、『地域で彼岸会を行いましょう。』のご指導から始まりました。

                    「今年はその集大成の年です。一人でも多くの方に、先祖供養の有難いご縁にふれて頂けますように。」との言葉に『えっえ〜!私がたくさんの人を誘ってお彼岸会できるかしら?』と前向きでない心が起こりました。

                    最初にわいてきたその心のありようが続いていく。とわかっていても、わき起こってしまうものはしようがありません・・・・・・。とにかくお彼岸のことを伝えなくてはと手どりに行かせていただくものの、会員さんも忙しく、会うことができない。役割分担したいがお役が決まらない。

                    あれも、これも決まらない。体調を崩して思うように動くことのできない方もいる。

                    どうしよう!どうしよう!どうしよう!日は過ぎるばかり

                    ある日大法座の中で、「自分と一緒に行動してくれるのは、一人しかいないのです。」と現状を聞いていただくと、「一人しかいないと観るのではなく、一緒に行動してくれる人がいて有難いと感謝することが大事」と教えて頂きました。このお言葉のおかげさまで有難い気持ちになりました。この心を持って帰ろうと気持ちを切り替えると、次に起こる現象が変わっていました。おかげさま、有難く、温かい春の彼岸会を迎えることができました。

                    このことから『ありがとう』の言葉を私は一日何回言っているのだろうか?と思いました。

                     

                    今、ありがとうコールが教会で行われています。ありがとうの言葉をたくさん言うと空気中の水蒸気に乗って、有難いことが充満して、有難く変化していくことを教えていただきました。

                    私は「あれっ! 今、ありがとうって言ったかな?」て思う事があります。

                    サラ〜と毎日を淡々と過ごしていることが多く、朝起きて、仕事して、帰って、寝て。

                    感謝が抜けていました。毎朝起きられることも、奇跡に近いかもわからないのです。

                    仲間のおかげさま、仕事があるおかげさま、家族がいるおかげさま。

                    ”感謝の言葉、ありがとう”を声にだして、ご縁を大切にしていきたいです。

                                                      投稿者YOAYM

                     


                    おかげさま・・・  北神支部

                    0

                      愛知県で開催されたパワーリフテイングの全日本大会第21回ジャパンクラシック・パワーリフテイング選手権大会に、北神支部のI主任さんの長男さんが、一般男子66キロ級で優勝され、4月の市の広報にて市民の皆さんに報告されました。I主任さんの陰ひなた無い精進は誰もが認めるところです。I主任さんは、ご主人さんのご両親と同居され苦労の中、仕事をしながら4人の子供さんの子育てをされてきました。長男さんは小さい頃は病弱で育てるのに苦労をされたそうですが、小学校高学年のころより反抗期がきつくなり、中学二年の時は親として、とても悩んだそうです。

                      「その時から本気の修行が始まりました。」と 言われていました。仕事を辞めて、人のお役にたてることをさせてもらいたいと、お導きをされた方を一生懸命お手どりをし、家庭教育で学んだことを実践されたそうです。親孝行の教えを学び、 ご両親にも喜んでもらえることをさせて頂いていくうちに息子さんは少しずつ変わっていかれたそうです。「大変な時もありましたが、沢山の人に支えて貰って、今は本当に幸せにならせて頂いています。息子も主人の仕事(造園業)を助けてくれる親孝行な息子になってくれました。」とI主任さんは話されています。I主任さんの、コツコツと精進されている姿は、必ず、何か形のある功徳として現れるのだなあ、と改めて感じさせて頂きました。 合掌 Yブログ担当

                                                                                   

                      K市4月号広報より  

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM