心を常に正しい方向に向ける

0

    【11月の教会長メッセージ】

    10月は、開祖さま入寂会、生誕地まつり、日蓮聖人遠忌法要、お会式・一乗まつりがありました。

    万灯行進に参加しておはやしを声に出し、鳴り物の音を聴き、目で大きなうちわのリズムを確認しながら、身体を使って広宣流布をする。すべてが調和し、全員の心が一つになる素晴らしい瞬間(異体同心)を体験しました。それは感動であり、これこそが信仰の修行になると感じました。

     

    11月は、会長先生より【「思いやり」を、いつも心に】と「安楽」なときが「正しい」とき、「救ってあげられたら」と願うだけで と「正念」をご指導いただきました。


    温泉に入り「極楽、極楽」と思う瞬間、幸せと感じる。迷いやとらわれが心からほどけ、のびのびした自分がそこにいます。

    「仏」という漢字は、「ほとけ」と読み、執着・こだわりから解き放たれ「ほどける」が転じたもの。自分を縛るものから離れた「仏の境地」といってもいいのかもしれません。

     

    仏教では、「心を常に正しい方向に向ける」ことが大切で、「八正道」の七番めに示された「正念」のことです。「心がほどけ、安らかで楽しいとき」こそ、心が正しい方向にあるといえると思うのです。法華三部経の中に「もろもろの迷いや煩いから離れ、安楽で淡々とした心を保ちたいのであれば」「慈悲、思いやりの心をもって生きよう」と願うこととあります。「あの人を救ってあげられたら」と願っているからこそ、思い悩むのでしょう。つまり、その人はもうすでに、思いやりの心が身についているのです。

     

    雑念に惑わされているときには、尾崎放哉の一句「人をそしる心をすて豆の皮をむく」のように、まずは自分の目の前のことに打ち込む ― それも「正念」をとり戻す一つの方法です。また、「正念」の意味を「気づかい」「心くばり」と表現する人もいます。

     

    茶道の裏千家前家元、千 玄室師は、「『あなたがお幸せでありますように』ただその一念で相手に仕える」といわれます。自分の「いま」に集中し、自分の思いは差し置いて、人さまが喜ぶように、幸せでありますようにと願いつつ、心を一つのことに向ける。それもまた、「正念」。その正念をわが心とするとき、次の「正定」が真にいきいきとした実践徳目になると教えて頂きました。 合掌

     


    まごころのお供え   伊丹支部

    0

      10月4日開祖さま入寂会のお供えに、美味しいくて、珍しいものを開祖さまにとのみんなの思いを込めて、主任さんたちと考えました。

       

      川西市はいちじくが特産品ですが、もう果物のいちじくは時期を過ぎていましたので、『いちじくパイ』に決めました。2種類あるいちじくのお菓子を主任さんたちが試食し、美味しかった方をお供えしました。

       

       

      奉献の儀に支部の代表の方にお役をして頂き、みなさんの開祖さまへの感謝の気持ちがこもったいちじくパイを聖壇にお供えしてもらいました。

       

       

       

       

      【奉献の儀の感想】

      初めての袴を着させて頂き嬉しく思います。

       

      朝早くから主任さんに迎えに来てもらったり、着付けをしてもらったり、支部の皆さんに喜んでもらったりとたくさんの皆さんのお世話になり、こうしてお役が出来ました。

       

      創立80周年という節目の年にお役が出来て有りがたく感謝します。

       


      創立80周年本部参拝   西支部

      0

          

         

        9月3、4日、神戸教会から300名、そのうち西支部は、48名の参加者でバス1台を埋め尽くしてご本部へお参り(団参)に行かせて頂きましたヽ(^。^)ノ

         

         

                  

         

                 

         

        開祖さまは、いつものように優しい笑顔で私たちを出迎えてくださいました♡

         

         

         

         

         

         

         

          

        今年でお別れの普門館。 たくさんの思い出を有難うございました。

         

        自ら誓願して「食堂」のお役をしてくださった4人の美女たち。。。

         

        🌸参加された方の感想🌸

         

        ♦夫婦で(親子で)参加できたことが有難かったです。(今回は、ご夫婦での参加が3組、親子で参加が1組ありました💛)

         

        ♦️周りの方々の協力があってこそ、参加できた、ということに感謝です💐

         

        ♦仏さまは、にっこりとほほ笑んで迎えてくださいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

         

        ♦️教団創立80周年の有難い年にご本部に参拝できたことと、長い歴史にピリオドをうつ「普門館」に、直接お礼とさよならを言えたことに感謝します。

         

        ◎帰りのバスの中は「感謝」で満ち満ちていました◎   合掌

         

         

        🌎神戸から世界へ〜西支部〜🌎                                                                      


        感謝の気持ちを音色に込めて   六甲支部

        0

          立正佼成会による今年の「お会式・一乗まつり」が10月14日、東京・杉並区の本部施設周辺で実施される。「お会式・一乗まつり」は、法華経を依りどころとした日蓮聖人の遺徳を偲(しの)ぶとともに、法華経の一乗精神をもって「人を救い、世を立て直す」との決意のもと、その実践に生涯を貫いた庭野日敬開祖を追慕・讃歎(さんたん)し、報恩感謝の心で菩薩行の実践を新たに誓願するもの。(9月3日佼成新聞デジタルより)

           

          【参加しての感想 40代女性】

          昨年に続き、今年もお会式・一乗まつりに笛で参加しました。お昼休みや家で練馬教会さんの動画を見ながら練習をし、昨年よりは少し上達した自分も感じながらも、まだまだ練馬教会さんのようには上手く出来ず、不安なまま当日を迎えました。

          練馬教会さんの皆さんは、不安な気持ちが無くなるほどの心遣いと笑顔で接してくださり「あぁ、私もこんな方になりたい!」と思いました。

          今日お会式・一乗まつりに参加できたのも、母がこの教えを伝えてくれ、神戸教会の仲間がいてくれるお陰さまだと思い、行進では感謝の気持ちを精一杯笛の音色に乗せることが出来ました。

          今出会っている人も、これから出会う人にも練馬教会さんの皆さんのように、温かい心でふれあい、安心してもらえる私でいたいと思いました。報恩感謝の心を持ち、広宣流布に邁進し精進をお誓い致します。


          「ああ、生きて目が覚めた」             明石西支部

          0

            地区の集いで、今の私の気持ちを皆さんに聞いて頂きました。

             

            私は心臓病と膠原病の2つの病を持って生きています。30歳・54歳・69歳と三回の心臓手術を受け、2つの人工弁が入っている障害者としての生活。
            a
            脈は乱れ、膠原病では手がむくみ、指先は痛み、口が乾き間質性肺炎で、動くと息が乱れるなど生活するのに精一杯の毎日です。
            a
            通院には妹が付き添い、日常生活は主人が面倒をみてくれて、佼成会のサンガの仲間に支えられ、優しい言葉をかけてもらっています。
            a
            なかなか気力が出ない私でしたが、亡き両親、み仏さま、ご先祖さまに見守られながら71歳の今日まで生きてこられました。
            a
            今回の「地区の集い」に、一ヶ月近く家に泊めて私の面倒を見てくれた妹に感謝の気持で誘いました。孫の運動会と重なり、来られないはずでしたが雨が降った事で、参加でき、私の今の気持ちを書いた説法を聞いてもらえて良かったです。
            a
            自分の足でゆっくりでも歩け、食器洗いなど、主人に助けて貰いながらも家事が出来る事、今生きている事に感謝して、自分なりの元気を取り戻したいと思っています。
            a
            同じ病気の友人を何人も亡くし、友を思うと辛いです。

            病気になって、息をすることが苦しい時は、息をする事をやめてしましたいと思う事があります。
            a
            少し楽になると「ああ、息が出来て嬉しい」と感じます
            指先が痛いのも息が苦しいのも生きているからこそ、命がある証と思えるのです。朝、目覚めた後、「生きて目が覚めた!」と仏さまに感謝の挨拶をします。
            a
            パソコンを使って簡単な書類は作れるので、地区の中で、私に出来る事があれば、協力していきたいと思います。合掌

             《本部参拝にて 12年ぶりの再会 》  須磨支部

            0

               

              ☆9月3日〜4日 本部参拝に行かせていただきました。

              本部で思いがけずに十数年ぶりに 主人の叔父に会うことができました。

              久しぶりに いろいろな話をしてその中で初めて聞くこともありました。

              主人の父親の告別式の時、誰にも気付かれないように建物の陰に隠れて泣いていたそう

              です。その頃、私は主人と婚約中でした。亡くなった父親に代わって長男の主人は

              自分が残された家族を支えようと 悲しみや辛さは一切見せず 頑張っていたので

              そんなことがあったとは思いもしませんでした。

              この話を聞いて その頃の私は 主人の悲しみや辛さが少しでも和らぐような関わりが

              出来ていただろうかと思い 切なくなりました。

              主人は責任感が強く、頼もしく本当に素晴らしい人だと改めて

              思いました。今は入院療養中の主人ですが、叔父は彼のことだけでなく

              私や子供達のことまで 心配してくれました。

              『この教えを信じ コツコツとやっていれば大丈夫だから』と励ましてくれました。

              遠く離れた所から 私達のことを思ってくれている人がいることが

              とても心強く頑張ろうと思えました。

              叔父に会えたことは 仏さまのおはからいのような気がして本当に

              嬉しく 有難い気持ちでいっぱいになりました。 合掌  <50代 Mさん女性>

               

              ☆80周年記念になる 本部参拝では行きのバスの窓から 夏雲を突き抜けた壮大な富士山の姿が

              見れて とても感激しました!!

              本部では 11月で終了する普門館を惜しみ長い間の 活躍を労って記念写真を撮りました。

              会長先生から いつも元気に生活していくには「早寝 早起き」を習慣にし、大自然の恵みに

              感謝するように〜また 説法の中では基本信行を教えて頂き 改めて私自身の入会した

              頃をおもい出しました。        <70代 Eさん女性>

               

              ☆小学生の息子の始業式と重なり義母に頼むのが嫌で始めは断っていました。

              お願いする事で義母に親孝行をする事が出来ると教えてもらいました。

              思いを変えてお願いすると快く引き受けて下さり 行くことができました。

              ありがとうございました。       <50代 Dさん女性>

               

               

                        

               

               


              ふれあいサロン  中央支部

              0

                さわやかな秋晴れの日に、地域の交流会としてふれあいサロンを実施しました。ポートアイランドの5つのマンションから、赤い神戸大橋を渡り、40歳代〜90歳代までの方が参加されました。
                初めて顔を合わせる方もいました。
                司会や受付、写真係りなど、皆さんがそれぞれの持ち味を生かして盛り上げて下さいました。

                ケーキを焼いて持ってきて下さる方や、遥々九州から、ハーモニカ演奏のために駆けつけた方もいました。ご縁を大切にして欲しいという気持ちから、皆さんへのお土産にとイチゴ型のたわしを編んで送って下さった方もあり、自ら喜んでされる方々のおかげさまで、温かいまごころ一杯のふれあいサロンになりました。

                【参加者の感想】

                *ハーモニカの音色がきれいで、いろんなことが思い出され涙が出ました。

                *『ちょっと聴いてよ!私の話』がとても良かった。持病をもっている私には辛さがよくわかりました。

                *研修では、否定的な言葉『冬のソ(そうじゃないの)・ナ(なんで)・タ(ダメでしょう)』肯定的な言葉『春のソ(そうよね)・ナ(なるほど)・タ(大変ね〜)』を学び、今からでも心がけたいと思いました。

                *折り紙で小箱づくりをしました。『この箱の中に、完成した鶴やヤッコさんなどの折り紙を入れておこう』と嬉しそうに93歳のAさんが話され、神戸港には外国の方がよく来られるので、手渡したいともおっしゃっていて、すべてを生かして下さるAさんに感心しました。

                元気にカラオケをされる90歳代の方と共に『青い山脈』を最後に全員で歌い家族のように打ち解け、絆が深まりました。

                 

                物事が成就するには、「自分の努力と周りの協力、そして、神仏のご加護」があってこそと教えていただいていますが、身を持って今回のことで体験することができました。(T主任より)


                地域でボランティア    西支部

                0

                   西支部では、「明るい社会づくり運動」の一員として、地域にある救護施設で毎月、掃除や縫物のボランティア活動をさせてもらっています。 

                   

                   

                  9月27日に、こちらの施設が主催される「観月会」にご招待いただき、感謝状をいただきました。

                  40年間も続けさせてもらっているこの活動を、

                  これからも人さまのお役に立てるように、長く長く続けていきたいと思います(^^♪

                   

                   

                   

                  神戸から世界へ〜西支部〜

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  覚悟と責任    湊川支部

                  0

                    この学習会では「知覧特攻平和会館」(鹿児島県南九州市知覧町郡)を訪れました。この会館は第二次世界大戦末期の特攻作戦(爆弾を積んだ飛行機もろとも敵艦に体当たりする作戦)で戦死した隊員の遺品、関係資料を展示しています。戦争の悲劇を二度と繰り返すことのないよう恒久の平和を祈念し、ご遺族のご厚意のもと地元の方々が設立された施設です。

                     


                    ■学習会に参加したT君(20代半ば)に感想を聞いてみました。T君は自分の本当にやりたい仕事に就くため前の職場を辞め、現在はバイトをしながら夢に向かって頑張っています。

                    <T君の感想>

                    父親のすすめで参加しました。

                    自分と同年代あるいはもっと若い青年が、特攻隊員として国の為に命を捧げて戦った覚悟はすごいと思いました。

                    夜、皆で学びの確認をしているとき、中心になってくれている大人の男性から、「男はどんなときでも覚悟と責任を持ちなさい」と言われ、その一言が心に響きました。言葉通り、自分の将来に「覚悟と責任をもって生きていけば良いのだ」と納得できました。知覧へ行かせてもらって本当に良かった。

                     


                    ■知覧から帰ってきてのT君をどう思っているか。

                    <T君のお母さんの感想>

                    「生まれ変わるから」と息子は言って、変わろうとしているのを感じます。「言葉ばかりでどうせ変わらないんでしょう。」と今までの私だったらイライラして不満を募らせる所ですが、私自身も主任というお役をする中で、いろんな方と関わり、目の前のことをありのままに受け止める訓練をしているので、息子のことも認めて行こうと思えるようになりました。息子の言葉を信じて見守っています。

                     


                    ■知覧から帰ってきて実践していることをT君に聞いてみました。

                    <T君の現在>

                    将来のために、仕事もそれ以外も、これまで以上に精一杯大事に頑張って取り組むよう心掛けています。

                     


                    ■ブログ担当の感想

                    この学習会に参加したことがきっかけとなり、決意を新たにしたT君と、そんな彼を見守り信じているお母さんの関係が素晴らしいと思いました。(ブログ担当K.C

                     


                    うれしい たのしい いけてるサンガ      明石西支部

                    0

                      9月29日(土)午前10時から、雨の降る中、西明石町公民館にて、明石西支部明南地区大会を実施しました。

                      西明石市民公民館

                      雨が降る中、どれくらいの人が参加してもらえるか心配していましたが、逆に運動会が中止になった人が予定外に参加してもらえました。

                       

                      この大会を実施したおかげで、教会へ来れない人など、普段なかなか会えない人と久しぶりに会うことができ、思い出話に花を咲かせることができました。

                      今回の地区大会は、主任さん、地区会計さん、他多くの人達が大会実施に向けていろいろな催しを考え、お手取りをし、声掛けをして歩き回ったお陰で、楽しい地区大会を実現できたと思います。

                      皆さん有難うございました。合掌

                      第一部ではM・Fさんの感動的な体験説法の後に、支部長さん、主任さんのことばが続き、

                      その後にお楽しみの第二部へと入って行きました。


                      右の写真はM・FさんとTさんによる健康体操の実演の様子です。

                      当会館で実施された丹田呼吸法を含めた健康体操をお二人が皆に教えてくれました。

                      肩こりや腰痛に効く体操で、まずは皆さんと共にリフレッシュを図りました。

                       

                       

                      左の写真は手話歌の時間です。M・Mさんは巧みな会話と手話で皆を笑わせながら、場を盛り上げてくれました。

                      今日の催しの中では、一番盛り上がり、楽しませてくれたと思います。

                      普段やり慣れない手話を楽しく覚えながら、皆で懐かしい唄を合唱しました。

                       


                      最後は支部会計さんがお得意のクイズを披露して頂きました。

                      右の写真がその時の様子です。

                      皆であーだこーだと言いながら、知恵を絞って回答を考え、盛り上がりました。

                      短い時間でしたが、楽しい時間を用意して頂き、本当に有難うございました。合掌  壮年部  Y
                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「主任退任のお疲れさま会」  明石西支部
                        団長
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        団長
                      •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
                        sai
                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM