学生の翼に参加して   <西宮北支部>

0

    私は今回、鹿児島の知覧の平和学習に参加させていただきました。

     

    初日に平和祈念館に行きました。そこには戦時中に生きた人々の遺品が多く残されていました。

    その中でも一番衝撃を受けたのは、たくさんの遺書です。

    その遺書には、何人かの人が「特攻隊に行きたい」と自ら志願していました。

    特攻隊という自ら死にに行くことを決意することは、どんなに辛い行動だったでしょう。

    私だったらそんな勇気のある行動はできないと思います。

     

    戦争に行った人や特攻隊に行ってくれた人など、たくさんの人たちのおかげで、今、

    私たちが平和に暮らすことができているのだと思います。

    平和になった今、私は明日が来るのが当たり前だと思っていて、一日一日を大切にすることが

    できていません。昔の人は、いつ死ぬかわからない恐怖と不安の中、毎日を生きていたはずです。

    そんな人たちのことを思うと、明日があるということがどれだけ幸せなことなのか、

    改めて分かったような気がします。

     

    当たり前の日常、それが一番幸せなことであり、感謝を忘れずに生きていくことが、

    今の私たちにできる精一杯の行動だと思います。そして、戦争を知らない人が多いこの時代に、

    私たちがこの思いをたくさんの人に伝え、広めていく必要があると思いました。

    家に帰ってからも、もっとご供養をあげたいと思い、母と一緒にあげました。

    そして、両親に「ありがとう」と言うことができました。

    今回の経験を忘れずに、これからも平和の大切さや感謝の気持ちを伝えていけたらいいです。

    合掌 (中1女子) 


    青少年人材育成◆狙昌拮堯

    0

       近畿支教区 高校の翼に参加して(3月29日〜4月2日)

       

      【高校3年生 Sさん】

      沖縄へ行くのは、学校の修学旅行も合わせて3回目でしたが、今回は現地でお話を聞く度、よくメモするようにし、以前よりも深く沖縄の事を知れたような気がします。

       

      嘉手納基地では、オスプレイがちょうど飛ぶところに遭遇し、その凄い音にびっくりしました。また不屈館では、今でもスピーカーの音が戦争中の空襲警報の音に聞こえてしまい、恐怖で耳をふさいでる女性の写真が展示されていました。辺野古基地周辺では、風の向きによって銃声が聞こえてくるそうです。

      沖縄の人は毎日こんな音を聞いているのかと思うと、自分には耐えられないな・・・私の家の近くにこんなものがあったら、怖くて寝れないんじゃないかな・・・と思いました。

       

      今の自分は、学校がつまらないなとか行きたくないなとか思う事もありますが、戦争で亡くなった沢山の人のことを思うと、頑張っていかないといけないなと思いました。 合掌

       


      青少年人材育成 〜西支部〜

      0

        神戸教会 学生の翼

        第15回学生の翼が3月18日(土)から19日(日)にかけて、目的地〜知覧〜で行われました。

        中学生・高校生・大学生に 

          ●戦争犠牲者の思いに触れ、命を頂いた両親へ感謝を伝えられるようになる

          ●今ある環境に感謝し、夢と生きがいを持って生きていけるようになる

        という目的で行われました。西支部からは新高校1年生女子2名が参加しました。

         

        【Yさん】

        今自分が当たり前のように家族や友達といられることが、どれだけ大切でありがたい事かに改めて気づくことができました。一人ひとりが他人を思いやる気持ちや、やさしさが大事であること、戦争がどんなに恐ろしいかを伝えたいです。

         

        【Rさん】

        平和のために必要なのは、一人ひとりが毎日生きていられることに感謝することだと思いました。

        私も今まで何とも思っていなかったことも、振り返ってみて感謝しないといけないと思いました。

         


        春季彼岸会(高丘地区)       明石西支部

        0

          3/25(土)春季彼岸供養が行われました。

            
          M家において 宝塚支部長さんお導師のもと真心からのご供養有難うございました。

          ご先祖様のおかげさまで、今私逹は、生かされていることに有り難く感謝し、一人でも多くの方に参拝して頂けるようにと、心くばりの手取り、そして真心からの手作りの料理をお供えさせて頂きました。

           

          地区の方々と心寄せ合いさせて 頂けたことが嬉しかったです。

          ご先祖様が安心して喜んでいただけるように、人様には、思いやり、心そえていける自分にならせていただきますよう精進させて頂きます。誠にありがとうございました。実行委員(K H)

              


          宝塚支部  まごころのバトン

          0

            春の彼岸会が3月20日に行われました。お導師さんが咳き込まれたことから、会話の中で、先日咽頭がんでなくなられたT会員さんのお戒名が出されていないことに気が付かせていただきました。

             

            「その方のご供養ができたらいいですね」とのお導師さんの言葉から、支部長さんにご指導を頂き、25日に彼岸会を行う逆瀬川地区にTさんのご供養願いが間に合いました。実は、亡くなったTご夫婦を導いた方が所属する地区でした。偶然、Tさんの娘さんの移動先も逆瀬川地区となり、不思議な手配を感じました。

             

            まごころからの御供養に霊界からご夫婦二人揃ってニコニコしながら手を振っているような気がしました。

             

            温かい心のこもった彼岸会でしたので、今度は息子さんや娘さんと一緒にTさんの御供養ができるよう関わりをもって、心を寄せていきたいと思いました。(M主任さんより)  合掌


            平成29年度 支部本部参拝を終えて 〜西支部〜

            0

              今年の本部参拝は、2月28日〜3月1日に9支部で行かせて頂きました。支部18名の参加で、北神支部と同じバスでした。

              「3月はお彼岸の月、その前にご先祖さまと一緒にお参りできて有難いですよ」と支部長さん。

              バスの中もみんなおしゃべりしたり、お弁当やお菓子を食べたりして楽しかったです。

              1日は朔日参りの式典に参加しました。西支部はなんと、大聖堂の一番前と二列目の席で、いつも映像で見る式典を目の前で見ることができました。

              すべての人に仏性があり、一人ひとりの仏性を拝んでいくこと。すべてに感謝ができて、『ありがとう』と言える人間になること。と教えて頂きました。  合掌  

               

              【Kさんの功徳】

              本部参拝から帰ると同時にインフルエンザにかかりました。はじめは、なぜ?・・・という思いもありましたが、仏さまのはからいと受けとめると、日頃会話の少ない主人と息子が、私のことを気づかってくれて、家事いっさいを二人が話あって協力してくれました。

              有難くて、嬉しくて、たくさんの『ありがとう』を言うことができました。インフルエンザのお陰さまで家族の絆がより一層深まりました。私にとっての仏さまのプレゼントでした。

              本部参拝ありがとうございました。  合掌  

               

               


              春季彼岸会 〜西支部〜

              0

                春の彼岸会が他の支部の支部長さんを導師にお迎えして行われました。

                西支部では、3月14日〜19日にかけて6地区がさせて頂きました。

                各地区が生かされている本仏様への感謝と

                生命をつないで頂いたご先祖さまへの感謝を真心をこめて

                地区が一つになってありがたくさせて頂くことができました。  合掌

                 

                 

                 

                 

                【西神地区 D主任さん】

                3年目の地区での春のお彼岸会、有難うございました。

                今年は絆チームごとにお花・手作りのお供・本読みと準備をして頂き、当日は介護で教会にほとんど来れない組長さんが中心になり、各絆チームを越えて皆さんの協力で地区家族が一つになり、ご先祖さまから頂いた命に感謝し、有難くお彼岸会をさせて頂くことができました。  合掌

                 

                【西神地区 Kさん】

                介護で時間の束縛のある中、地域でのお彼岸供養のお陰さまで準備・開催のお手伝いができ、とても有難くご先祖さまに最高の回向ができました。  合掌

                 

                 


                まごころが集まった彼岸会  須磨支部 中地区

                0
                  3月26日午後より、宝塚支部からO支部長に来ていただきS家にてサンガの方々と共に真心からのお彼岸の供養をさせていただきました。
                  ☆中地区の彼岸会を 我が家でさせていただき 誠に有難うございました。
                  前日から当日の準備のため地区の方々がお花、果物、野菜、お菓子等準備していただき、当日は各々にご先祖さまの好物を一品ずつ持参して、仏前にそれぞれお供えさせてもらいました。
                  このご供養をしながら、真っ先に思い出されたのは地区でご一諸に修行してきた、Nさんが残念ながら1月末に他界されたことです。
                  今日の彼岸会のこの場所にも、Nさんが優しいほほ笑みをうかべ座られているように感じられました。
                  O支部長さんのお導師のもとで皆さまの真心が集まり、中地区の彼岸会ができたことにこころから感謝しています。   <K・S>
                  須磨支部・ 
                  ☆主任の役をいただいて3ヶ月余の私ですが、この彼岸会に出来るだけ多くの方々にお参りいただけるように心掛け、お声をかけてきました。
                  当日は、私の予定の人数には届きませんでしたが、それぞれに精一杯のこころでご先祖様を迎えさせてもらいました。
                  ご供養の後 私の息子の絵本の読み聞かせで、全員で今ある生命の尊さを確認させてもらいました。
                  息子の感想は〜子供や若い人に聞いてもらうつもりでいたら、「年配の人達だった〜」と。
                  若い婦人部さん達は、仕事や子育てに忙しくしていますが、これからは、出来るだけ若い世代の人たちと多く交流して、ご先祖供養の大切さがわかってもらえる様に伝えたいと願います。
                  この彼岸供養をとうして、私の日々の実践にしていくつもりです。 <T・S>


                  淡路支部 ホッと一息! - 春爛漫♪あわじ花さじき-

                  0
                    4月14日淡路支部の道場当番の帰りに、急に思い立って『あわじ花さじき』へ行ってきました。 
                    到着したのが閉園1時間前でしたが、沢山の人が来られていました。
                     今は菜の花が満開で、パンジーの花壇や牧草地に牧草を刈り込んで描かれた「しあわせを運ぶ鳥」など、色とりどりの花々を楽しむことができます。 
                    また高台に上がれば、明石海峡大橋や大阪湾が一望でき、遠い向こうには関空もかすかに見えて、日頃の疲れが吹っ飛び、とても癒されました。

                    途中には桜並木もありますが、少し時季が遅かったようで、桜吹雪の中を通りました。
                    来年は満開の時に来たいです。
                     

                    絆サロンで、大喜び。  六甲支部

                    0

                       

                       

                      4/16(木) 絆、法座にお忙しい中、野上教会長さんが六甲支部に来てくださり、

                      親しく絆メンバーのお話を聴いてくださいました。

                       

                      はな 住吉山手地区では、絆のメンバーが仕事で休めなかったり、急なことで

                      声をかけてもなかなか集まっていただけないのが悩みでした。
                      教会長さんは、来ていただけない事にとらわれないで、お一人、お一人が、

                      家にいても布施ができるように徳がつめるようにしていく事が大事で、

                      たとえば、1日元気で過ごせて有難かった、おいしく食事ができて有難かったと、

                      10円でも50円でも有難い貯金を毎日して、絆のリーダーさんが一食募金や、

                      アフリカの毛布の送料にもっていかせていただく。

                      そうすると、自宅にいながら世界平和の手助けができ、いいところに布施ができると、

                      時間の使い方も、自然にかわってくると教えていただきました。

                       

                      はな 甲南地区では、絆のメンバー全員が集まり、活気のある絆サロンができました。

                      95歳の方を筆頭に主人のこと、子供のこと等を聴いてもらい教えていただき「今、本当にしあわせです。これからも自分のまわりの方に教えを伝えていきたい。」という、力強い言葉で感謝される姿に教会長さんは「法の証明役をしてくださって、ありがとうございます。これからもお元気で、法の証明お願いします。」とお言葉をいただきました。


                      また、自宅でみなさんに来ていただきご供養をしたいが、「いろいろな条件で無理です。」と言われた方には、「無理と決めつけないで、いつどんな変化があるかわからないので、自宅でみなさんといつかご供養させていただきたい。と思い続けてください。

                      いつかきっとかないますよ。」と教えて下さいました。

                       

                      はな 深江東地区では、「リウマチの病気のせいにして、病気だから疲れやすいと自分をかばってしまう。」

                      との悩みに、教会長さんからは、「病気のおかげで同じ病気をもっている人と痛みをわかちあうことができ、そのことが【おかげさま】にできるといいですね。病気も病気のせいにされるより、病気のおかげにしてもらう方がうれしいよね。」と教えていただきました。

                      会長先生は、朝起きたら、快調(会長)今日も快調(会長)と、言葉にだしておられるそうです。

                      合い言葉は「今日も元気、かいちょう、かいちょう。声をかけあいましょう。」と教えて頂きました。

                      Iさんは法座の終わる頃には、生き生きされ教会長さんとのご縁を本当に感謝しておられました。

                       

                      この度、送迎のお役をいただき、自分の担当地区だけでなく、

                      三地区の絆サロンに参加することができました。 車ぴのこ:)
                      三倍、教会長さんのご縁をいただけてたくさん学ばせてもらい、私の引出しを大きく増やすことができ、本当に有難いお役をいただき有難うございました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 学生の翼アンケートより   <西宮北支部 100回目記念投稿>
                        スタッフより

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM