ご先祖さまからのプレゼント      明石西支部

0

    🌸春季彼岸会🌸〜大久保地区〜

    🌟Sさん(60代、女性)   
    3月16日に春のお彼岸会をさせて頂きました。
    若い二人の副導師さんが入って五人揃ってのご供養をさせて頂きました。
    司会は中学2年生、ナレーションも小学五年生がお役をして頂き 頼もしいご供養でした。
    皆さんがそれぞれに手作りのお供え物を作ってくださり、ご先祖さまもお腹いっぱいになられたと思わせて頂きます。

    私はミニ説法を発表させて頂きました。父との確執があり、説法のおかげさまで「大好きなお父さん、おはようございます」が言えました。ありがとうございました。

    今年の2月にお姉さんを亡くされた方がお姉さんにお手紙を読まれました。本当に仲の良い姉妹だったんだと思わせて頂き、皆さん感動して涙を流されている方もいました。
    支部長さんがかみしめでは「人が生まれたらかならず死にます。人はどう死んだのかではなく、どう生きたかが大切です」と教えて頂きました。
    これからは、相手を思いやる姿勢で毎日の朝夕のご供養の中で、自他の幸せを願い 明るく 優しく 温かく 菩薩行をさせて頂きます。合掌

    🌟Mさん(40代、女性)
    主任のお役を拝受し、初めての大きな行事だったので不安もありましたが、地区の皆様のお陰さまで心温まる彼岸会をさせて頂きました。
    司会、ナレーション、副導師のお役を少年部や学生部に受けて頂き、若い青年の勢いのあるご供養を上げさせて頂きました。

    また、ミニ説法では「大好きな○○さん、おはようございます」を実父に対してなかなか実践出来なかった方が、お役のおかげさまで実践ができ悦びの説法となりました。
    私もお導師と研修のお役をさせて頂きました。
    ご供養の際には、少しハプニングがあり動揺しましたが、支部長さんと副導師の次女のお陰さまで、安心してその後はお役をさせて頂きました。有り難うございました。

    研修では、毎月させて頂いている先祖供養のお陰さまで、高速道路で大事故に遭っても無傷だった体験談をさせて頂きました。

    そして、婦人部の方とご当家が新しい方の参拝のお手配を頂き、とても有難かったです。地区が一つになり感謝の気持ちで一杯です。誠に有り難うございました。合掌

    ☘️法句経に「数多き人々のうち  彼岸に達するは  まことに数少なし   余の人はただ  此の岸を右に左にさまようなり」とあります。
    此の岸とは、自己中心のままに生きる状態です。
    それに対して彼岸とは、少しでも「世のため、人のため」を考えられる状態といっていいでしょう。
    彼岸とは、亡くなってから行くところと思いがちですが、そうではないのです。
    大己(すべて私のことと受けとめる。あなたも私も一つ)の心で、人さまに喜ばれ、人さまのお役に立てる私になりたいものです。合掌 (M主任より)

     


    ご先祖さまの後押しを受けて     明石西支部

    0

       

      3月17日(日)午前10時より、Tさん宅にて明南地区彼岸会を開催!

        Tさん宅のご宝前
      支部長さん導師の基、彼岸会供養を実施
      支部長さんには導師のお役をして頂き、鐘のお役をTさん、木鉦のお役をKさん、司会をMさん、ナレーションをYさんで行いました。
      ご供養の後、今回は誰かひとりがお説法や発表するのではなく、地区の会員さん一人一人が彼岸会参加にあたり、思う事を一言ずつ発表して頂きました。
      年齢と共に体調を崩して、病院通いが中心となり、教会行事への参加だけでなく、人と会うことも少なくなっているという方も居られ、自らの悩みや現状を色々と話してくださいました。
      久しぶりに地区の方が一同に集まることができて、楽しい会話と美味しい食事をすることができて、有難い時間を過ごせたようでした。
      下の写真は、地区の方々が手作りで持ち寄って下さった自慢の一品料理の数々です!
      〇ブログ担当
      私も読み上げに参加させて頂き、日頃なかなかできない有難い経験をさせて頂きました。これでご先祖さまの後押しを受けて、明日からバリバリ仕事ができそうな気がします。有難うございました😊合掌

      本当の幸せの放映を観て       西宮南支部

      0

        毎日、教会で朝のご供養後、開祖さまのご法話が放映されています。

        3月6日、テーマは「本当の幸せ」でした。

        主人を尊敬する奥さん、奥さんを尊敬する主人で、家庭は平和になるというお話でした。

         

        私は主人をどれだけ尊敬しているかと思ったとき、細かい所にいらっとし、違いを感じている自分がいました…。

        それと同時に、自分が尊敬に値するかを考えると、出来ていない自分を思いました。

         

        主人に言う資格ないなぁ、自分だって一生懸命してきて「今」だもの。

        主人だって一生懸命して「今」なんだ。

         

        「明るく 優しく 温かい」言葉と態度、思いやりの言葉だけでよいんだと思い、心が楽になれた気がしました。

         

        開祖さま、ありがとうございます。

                        M1


        新春のつどいに参加して     西宮南支部

        0

          昨年12月、西宮南支部に新しく梅原支部長さんをお迎えし、2月24日に支部の「新春のつどい」が行われました。

           

          久しぶりにお会いする方々もおられ、和気あいあいにお弁当を頂きながら、話も弾みました。

           

          今年は、壮年Sさんが、三味線を弾きながら民謡を披露してくださいました。

          そして、三味線の伴奏に合わせて、美しい声で支部長さんが十日町音頭を歌ってくださり、皆で輪になって踊りました。

          途中、教会長さんがお見えになり、踊りの輪に入ってくださりありがたい時間でした。

          上手な方の振りを見ながら、見よう見まねで、やっと合ってきたなぁと思うと歌が終わってしまい、笑いながら楽しい時間でした。

           

          文書布教をされているメンバーからも歌が披露され、退任された支部長さん方の「ふるさと」の歌でも盛り上がりました。

           

          最後に相田幹事さんのお話で、私たちの心の故郷は大聖堂です。年に一回の本部参拝は私たちの故郷に帰ることと一緒ですよ。皆さんで元気なお顔を見せに行きましょう。」とお声をかけて頂きました。

          平成最後の記念の本部団参となるのが、支部としては3月14日、15日です。

           

          梅原支部長さんを中心に、こつこつと精進させて頂きます。

                         合掌  T

           

           

          最後に新春のつどいの様子を少しだけ画像で紹介させて頂きます。

           


           三味線を弾いているのが、

           壮年Sさんです。

           

           その横で美しい声で十日町音頭を

           歌われているのが梅原支部長さんです。

            

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           西宮南に留まらず神戸教会を支えて

           頂いている西宮南支部の元幹部の方々で

           「ふるさと」を歌って頂きました。

           

           元幹部というお堅い肩書は抜きにして、

           楽しそうに歌っておられました。

           

           

           

           

           

           

           

           

              最後は全員でよさこい音頭を

              輪になって踊りました。

           

            最初は見よう見まねで踊っていましたが、

              だんだん慣れてきて、

              皆、楽しく踊っていました。 

           

           


          スタッフのささやき  「思いは通じる」

          0

            今朝高知にいる姑から電話がありました。

            福島に住んでいる叔母の様子を十数年ぶりに話をしたことを聞かされました。

            叔母は舅の妹にあたる人で、遺産のことで舅と衝突し、長い間疎遠になっていましたので、舅が6年前に他界したときも連絡しませんでした。

            叔母は糖尿病を患っていて目がほとんど見えなくて、そのため外出できず、気軽に話せる友人もいなく、仏壇に話しかけている毎日

            でとても寂しい思いをしているとのこと。そして、家業で金銭的に困っているため舅に助けてもらいたいことなど、辛い胸の内を話したそうです。

            姑は、そのとき初めて舅がすでに他界したこと、それを知らせなかったのは体の不自由な叔母を思ってのことだったと詫びました。

             

            姑は、嫁である私が数年前から叔母の名前で先祖供養をしていることなどを伝えるととても喜んでくれたそうです。

             

            姑は叔母の話を聞いて、「私は76歳で人さまのために体を使わせて頂けて、話を聞いてもらえる佼成会の仲間がいることの有難さを改めて感じたわ」と言っていました。

             

            相手の幸せを願って、小さなことでも自分ができることをしていたら「思いは通じるんだ」と、とても有難かったです。

             

            (スタッフK)


            私の実践   北支部

            0

               数年前のことです。私は主人がお酒を飲んで帰った時、お酒臭いし、社会のルールを守ろうとしない行動に心の中は苛立ってました。そんな気持ちであいさつをしても主人に通じるはずもなく、逆に「それがどうしたんや」と言われ、イライラはつのるばかりでした。

              そんな時に当時の教会長さんから、,△い気弔鬚垢覘靴をそろえる0愡劼鯤劼鼎韻襪3つの実践の話を聞きました。

              この事を実践すると『家庭が円満になり幸せになれます』と言われて私はこんな簡単な事だったら出来ると思い、さっそく始めることにしました。

              ↓は相手が物ですからすぐに出来ました。問題は,亮汰です。毎日玄関に迎えに出る度にいろいろな思いが起こりました。「今日も飲んでる、お酒臭い」と思った瞬間に主人の口調も「何が悪いんや」と言います。私も優しい言葉が出るはずも無く、気まずい空気になってしまい、何度もくじけそうになりました。でも、決心したからには続けようと努力しました。そんなある日、毎日見ていると主人の顔色が疲れていることに気がつきました。毎日好きで飲んでいるお酒と思っていた私は、「疲れてしんどい時もあるのではないか?」とふと思いました。「お父さん、外で飲むのも大変やね。家で飲んだらすぐ寝れるのにね」と優しい言葉が口からとび出していました。主人は「そうや、疲れたわ、もう寝る」と本音の言葉が出ました。その時から私は主人の心の声に目を向ける努力をし始めました。顔色や態度にも関心を持って接するようになり、コミュニケーションもとれるようになりました。そして、いつの間にかお酒を飲む時は、車を置いて行く様になっていました。

              今年は北支部では「〇〇さん、おはようございます。」そして「いってらっしゃい」の時には

              「握手」をしようが実践目標になっています。「握手イラスト」の画像検索結果

              私も主人の名前を呼んで「大好きな幸夫さん、おはようございます」「お帰りなさい」

              の時にはハグも出来るようになりました。

              幸せな家庭づくりをめざして支部一丸となり、これからも精進します。 合掌(U主任より)「幸せイラスト」の画像検索結果


              ご宝前のお花    北神支部

              0

                                                   北神支部では、ご宝前のお花の生け替えを三人の儀式担当者がさせて頂いています。いつもお花を買わせて頂く花屋さんの店員さんが行くたび無愛想でしかも、お花を無造作に扱われていましたので気になっていました。何回か過ぎた頃、仲間のひとりが、佼成会の機関誌「佼成」を渡して読んで頂こう、と提案しました。「この本読んで頂けますか?」と言って手渡したところ素直に、「ハイ」と言って受け取ってくださいました。数週間後お花を買いに行くとその店員さんの態度がビックリするほど変わっていました。「この本いいこと書いてありますね」と言って下さり、私たちはあまりの態度の変わりように驚き、そして喜び合いました。それからは行く度に、サービスが良くなりアドバイスまでして下さるような間柄になりました。「佼成」を読ませて頂く事で人はこんなにも変われるんだと、改めて、開祖さまが作られたこの機関誌「佼成」の素晴らしさ有り難さをかみしめさせて頂きました。合掌 Yブログ担当

                 創立記念日のお花を入れさせて頂いています。

                 

                 

                 

                 


                スタッフのささやき 「少〜しずつ」

                0

                  「大好きなナオヒトさん おはようございます。大好きなタンちゃん おはようございます」
                  今我が家では、主人と犬に挨拶する、こんな言葉から朝がスタートします。


                  「大好きな〇〇さん おはようございます」と挨拶していくと「我」が取れますよ。と教えてもらい、さっそく実践して2か月ぐらい。

                  我?っていうのは、自己中心な心などのことだと思うのですが、その我が減ってくるというのです。

                  実践している皆さんからは、大きな変化があったと聞いたりして、私には変化がないな〜と少しがっかりしていました。

                   

                  昨日病院に行き、いつもより混んでいて、予約の時間より2時間押し。いつもの私なら「予約の時間なんて有って無いようなもんだな」とうんざりしていると思います。しかし昨日は「それだけ先生が一人ひとりしっかり診察してくれているんだな」と思いました。

                   

                  庭野日鑛会長ご著書「心田を耕す」の中に、教育者の竹下悟さんの『いのちに出会う旅』の中の詩が引用されています。

                   

                  遊んでいるときには せまいせまいというて 遊んでいる

                  朝会のときに石を拾わされると 広い広いというて 拾うている

                   

                  同じ運動場なのに、遊んでいる時は狭く感じ、石を拾いなさいと言われると広く感じる。いかに人間が自己中心に考え、自分勝手にものごとを見ているかが表現されていると、会長先生はおっしゃっています。

                   

                  なるほど。本当にそうだなと思いました。病院で待っている時は「長い」と感じ、診察してもらっている時は、先生が話を聞いてくれる時間が「短い」と感じる。私中心の考えから、不満が生まれていんだと気づきました。

                  自分のことだけでなく、色々な角度から見ることが出来た自分自身に気づけ、変化がないと思っていましたが、少しずつ、でも確実に私も変化していると感じれました。(スタッフ I)


                  真心からの卵焼き      灘支部

                  0

                    今年は義母の十三回忌の年です。今まで流れ流れになっていましたが、義母の年回供養はぜひ佼成会のご本尊さまの前でさせて頂きたいとの強い思いを義兄にお伝えしました。

                    安置式の日、義兄は家事も料理もしたことがなかったのに、初めて卵焼きを自分で作ってお供えしてくれました。

                    今まで一度もなかったことなのでとても驚きました。同時に、義兄の両親に対する深い感謝の思いを感じました。両親もきっと喜んでくれていると思います。(義妹Yさん)

                     


                    義理の妹に熱心に何度も教会御本尊を頂くよう声をかけてもらい、2月24日に御安置していただきました。両親に卵焼きをお供えしました。喜んでくれていると思います。今日の喜びを忘れずに朝晩、仏さまに手を合わせたいと思います。

                    これからよろしくお願いします。合掌 (Oさん)

                     

                      
                     


                    涅槃会  王子支部

                    0

                      2月15日の涅槃会(=お釈迦さまが入滅された日)に奉献の儀(=仏さまにお花、灯明、お供物などをお供えする儀式)のお役を頂きました。

                       

                      聖壇に上がる尊いお役なので、奉献の儀のお役者も限られ、なかなかできないお役です。

                       

                      私は主任という人さまの心配行をするお役を頂いているおかげさまで、有難いお役を頂きました。

                       

                      お釈迦さまは80才まで布教されました。私は75才という年齢なのであと何回このようなお役ができるかわかりません。

                      そう思うと今回の奉献の儀のお役は一生の思い出になりました。

                       

                      これからも喜びの心で、一人でも多くの方にこの尊いみ教えをお伝えさせて頂きます。

                      また、一つでも多くのご家庭にご本尊を安置して頂いて、幸せになっていただける触れ合いをさせて頂きます。

                       

                      (K主任)

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • サンガの有り難さ 尼崎南支部
                        M1
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        川畑匡央
                      • 新年あけましておめでとうございます。  須磨支部
                        川畑匡央
                      • 本部ご本尊ご安置式    西支部
                        スタッフIMA
                      • 「主任退任のお疲れさま会」  明石西支部
                        団長
                      • 野上教会長さん!ありがとうございました。
                        団長
                      •   開祖さまご著書「人生、心がけ」を読んで        西宮北支部
                        sai
                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM