和らぎをもたらす人に

0

    【7月の教会長メッセージ】

    6月は、青年の日の取組みとして、一食募金運動を実施。大雨予報の中でしたが、時折雨が降る中で大きなカッパを着て、繰り返し呼びかける子ども達の姿に、通り過ぎた方も戻って募金をして下さり、沢山の真心を頂きました。また、神戸教会を会場に叡智の会が行われ、日本国際連合の会長をされている、千 玄室(裏千家大宗匠)氏より、日本の文化である茶の湯の歴史・精神から、仏教の四法印のお話しなど法が説かれたことが有難く、このように会場として教会を使っていただけるのは、開祖さまの願いであり、地域の拠点として建てられた神戸教会の因縁と感じております。


    7月に入り、智慧を出し合い、新たな絆をつくる地区大会がスタートします。また、両親やご先祖さまの愛心をかみしめる盂蘭盆会の月でもあります。今月の会長法話では、【和らぎをもたらす言葉】正直に、誠実にということで、真理にかなう言葉を語る「正語」。そして「愛語」かなしみを抱いてのご指導をいただきました。私たちは、その場が和むような会話を自然としているはずです。その和らぐ言葉が「正語」であり、正直に生きる誠実さを忘れないことが実践するうえで大事であります。嘘は他人を惑わせ、和合を破り、結局は自分を苦しめるのです。立場の違う人が集まる席では、議論が紛糾することもあります。言葉の内容ではなく、対話する相手と向きあう姿勢として、人の意見を良く聞いて、思いを酌みとる姿勢と、自我を抑えた公平な態度から発せられる言葉が、「正語」の意味合いの核心であると思うのです。


    日本語で、漢字の「愛」は「かなし」といいます。慈しむということは、悲しむということであり、わが子を愛おしむ心で、「正しく語る」ということのなかには、相手の幸せを念ずる情が籠められているのではないでしょうか。
    良寛さんが放蕩三昧の甥を改心させたのは、説諭の言葉でも叱責でもなく、甥を思って流したひと筋の涙でした。慈愛に満ちた沈黙によって伝わる「正語」もあるということです。と教えていただきました。
    慈悲心は、相手中心でありますので、八正道の正見・正思・正語を基本として、自己中心の心をコントロールして、和らぎをもたらす人になりましょう。  合掌

     


    ありがとう 普門館!!  伊丹支部

    0

      5/31〜6/1に本部参拝へ行かせて頂きました。
      今年は教団創立80周年という、節目の年のお参りなので楽しみに本部へ向かいました。期待通り感動を頂き、帰ってくる事が出来ました。

      (60代女性の感想)
      本部参拝の中で、[ありがとう普門館]プログラムに参加しました。
      何十年振りの普門舘のステージ上で懐かしい映像を見せて頂きました。上映が終わり館内が明るくなった時に眼に飛び込んできた普門館ステージの黒いフロアを見て、40数年前に奉献に出させて頂いた時の練習場景が思い出されました。

      当時は振り付けがあり、夜遅くまで何時間も練習して、私にはきびしい練習と感じました。

      フロアを踏む足の感触がよみがえってきました❕

      その時ご指導くださる振付け師⁉️の方の真剣な顔‼️仏さま 開祖さまを追慕賛嘆する心が込められていたように感じました。
      その普門館が今年で無くなるのは残念で寂しいですが、あの時、教えて頂いた「心」は忘れないです。
      あの場所が 又、新しく人の心に響く地となって生まれ変わって行くことを見守って行きたいと思います。
      [ありがとう普門館]     合掌

      (60代女性の感想)
      創立80周年記念団参に参加させて頂きありがとうございました。

      体調が悪く大丈夫かなぁと思う心が大きく、参拝を辞退していました。しかし、支部長さんから「二度とない記念団参だから行きましょう」と何回もお誘いがあり、心が動き、仕事の休みの調整をお願いして参加する事が出来ました。

      最後の普門館にも行く事が出来、「年に一度は御礼参りに本部の大聖堂へ行かせて頂かないと」と思えました。声かけをして頂いたお陰様です。ありがとうございました。合掌


      (50代女性の感想)
      立正佼成会が創立80周年の時に、普門館が最後ということもあり、支部長さんからお声を掛けて頂き、母と一緒に参拝ができて嬉しかったです!食堂のお役も神戸教会とは規模が違うので、不安でしたが体験できて良かったです。合掌

      大聖堂から富士山が見えました!


      [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部

      0

        6月1日、夜間布薩の日(*1)に神戸教会より伊藤文書布教部長さんにお越し頂いて、教会の式典の録画を見た後、参拝者全員で法座を行ないました。

        法座を通しての気づきや感じた事を聞かせて頂きました。

         

        Kさん(70代 男性)

        法座主の姿を教えて頂きました。
        支部長さんと壮年部長さんに寄り添い共に布教伝道に努めます。

        これからの夜間参拝に積極的に参加したいと思います。

         

        Uさん(50代 男性)

        今までの自分は、仕事を困難・試練と思っていたが、縁にふれて「人生の夢を叶える修行」と思えるようになって「まわりの人から守護・応援」をいただけるようになったと話したところ、伊藤部長さんから宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」の生き方と似ていると言われてビックリ。

        只今「何でも屋さん」としてシラス漁・玉ねぎ・さつまいも・ビワ・梅の収穫時に声を掛けて頂き、新しく災害食に関する仕事に夢を膨らませています。

        頑張っているおやじの背中が子供たちに届きますように。

         

        Kさん(60代 男性)

        私は家族の中で理解されないと思っていたが、2年前、私の兄弟が集まり財産相続を話した時、家内が私の支援者に変わっていた。

        結婚して38年ケンカが絶えなかったが、一番の理解者だったと分かった。

        佼成会で「自分が変われば相手が変わる」と学んだ成果です。

        改めて今回の法座を通して家内に感謝させて頂くことができました。

         

        N 新壮年部長

        就任後、法座所で行なう初めての夜間布薩の日となりました。

        当日は多くの壮年さんや一般さんに参加して頂き、伊藤文書布教部長さんを中心に楽しく法座が出来ました。

        これから壮年さん、支部の皆さんが楽しく温かく活動して行ける壮年部を目指し、部員さん皆で作りあげて行きたいと思っております。

        よろしくお願いします。

         

        *1:布薩の日は、毎月の会長先生のご法話をかみしめ、その月の信仰生活の指針とし、自らの心構えを作る日です。

        この日の夜間に「ご法の習学」として会長先生のご法話を学び、新たに精進をお誓いできる場として、支部で法座を行ないます。


        毛布に心を寄せて・・・灘支部

        0

          毛布とぬくもりをアフリカへ

           

          アフリカの人々は一枚の毛布が、寒暖の気温の変化の厳しい生活の中で、身体を守り命までも守る貴重な毛布になります。私達は、心からのメッセージを書いた白い布を毛布に一針一針縫いつけ、どんな方に届けられるか、また、手に取り喜ばれる姿を想像し、思いを馳せました。

          現地に行かれた方々の話では、「遠い国日本から私達に暖かい毛布を届けて下さった」と、とても感謝され、何年も何年も大切に使っていますと聞かせていただきました。

          世界には、まだまだ手をさしのべる国々があります。平和な日本に住んでいる私達には、想像もできない現場があります。

          毛布をおくる運動に一人でも多くの人が心を寄せ、協力していけますようお声をかけ続けていきます。(60歳後半 女性より)


          懐かしい60年ぶりの出会い  尼崎北支部

          0

            *この度、教会からバス一台で行く本部参拝へ、家内と二人で参加させていただきました。

            ご本部の食堂で、熊本教会の方と60年ぶりに出会いました。

            私の母とそっくりだからと、82歳になる私に声をかけてくださいました。

            10日は脇祖さま(妙佼先生)のご命日です。この日に出会い、本当に嬉しかったです。熊本教会の方々も、来るときの飛行機の中で「ずっと、Kさん親子の話をしていた」とのこと。

             

            母が出会わせてくれたのかと思いました。これからも夫婦共々仲よく、努力精進して参ります。皆さま、ありがとございました(82歳男性 K)

             

            *Kさんのお母さんは60年位前に、熊本教会で聖壇のお花を活けるお役を20年続けてこられ、すばらしい精進をされてこられました。また、息子さんであるKさんも20歳代の若さで、太鼓、木鉦のお役をするなどのご活躍されていたそうです。神戸教会では、長い間聖壇のお役をされ82歳になられた現在も若々しく、奥さんもずっとご主人を支えてこられ、二人のお姿をお手本にさせていただきます。お元気でのご活躍いただけるようお祈りさせて頂きます。(ブログ担当より)

             

            *聖堂にて60年ぶりのなつかしい法友と出会いびっくりされたそうですが、まじめにコツコツとご法活動をされるご夫婦に、仏さまからのご褒美ではと感じました。(T支部長)
             

             


            最高の親孝行 〜5/28ご本尊継承勧請ご安置式を終えて〜  西支部

            0

              ご宝前

               

               

              お母さん

                 K家のお母さん

               新しいご本尊がご宝前に勧請されました。

              いちだんと明るく荘厳になり、感動がわきあがり喜びを感じます。

              ご安置式が終わり、法燈継承が出来たことを実感しました。今まで五十年間お守り下さったご本尊さまに、あらためて感謝の心でいっぱいです。 合掌

               

               A家のお母さん

               この度は,仏さま、教会長さま、支部長さまはじめ支部の皆さまのおかげさまにより、木村家にご本尊勧請の

              お手配を頂戴いたしましたことに感謝申し上げます。

              何よりも夫婦で勧請式に参列できました喜び、感動を、娘が伝えてくれて、有難さがこみ上げてまいりました。

              開祖さまを信じ、家族の幸せを念じ、ただひたすらご精進をされましたお母様にお礼申し上げます。 合掌

              あじさい

               

              地区

               H地区会計さん

              ご主人のお母さんが頂かれ50年という歴史のある、ご本尊様。

              その間震災や大変なご苦労を乗り越え、共に家を守ってこられたご本尊様。

              新しく息子さんご夫婦が継承され、最高の親孝行をされました。

              歴史的瞬間の貴重な機会に呼んで頂き感謝すると共に、主任さん、地区の皆さんとM地区を盛り上げていきたいと思います。 合掌

               

               

              K主任さん

               教会長さんをはじめ西支部の皆さんのおかげさまで、ご本尊をご安置させて頂き誠にありがとうござました。

              一時は、ご本部にも行けないのではと、皆さまに大変ご迷惑をおかけしました。

              西支部の皆さまが祈願供養をして下さったおかげさまで、主人と一緒に行かせて頂くことができました。

              ご安置式の当日にはたくさんの方がお参りに来て下さり、本当に有り難い気持ちでいっぱいになりました。K主任

              ご協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました。    合掌
               

               

               

               

              ☆彡神戸から世界へ 〜西支部〜☆彡


              芦屋支部       家庭教育

              0

                認めてあげれば…

                 

                先日、入学以来の1番の心配行事

                『五年生の自然学校』が終わった。

                初日は少々困ったことがあったようだが、長男は少し日焼けして無事帰宅した。

                 

                思えば、連休明けから時間を見つけて

                ボストンバッグに要るものを詰め、足りないものは買いに行き、包装を外してせっせと名前を書き、またバックに入れることを繰り返した。

                前日、支援級の先生が自宅に持ち物確認に来てくれたにもかかわらず、当日、いつも以上にぐずぐずする長男を引きずるようにしていっしょに登校した。

                 

                「しおり…、昨日間違いなく持って帰ったと思うのですが…」と先生。

                 

                他の子は1週間前からしおりを持ち帰り、それを見ながら準備していたそうだ。

                しおりの存在すら、知らなかった私は保護者会でもらった資料見て準備した。

                 

                「しおりかぁ、はあ。。。」

                長男を降ろし、一人家に戻った私はランドセルの中で肩身狭そうにしているオレンジ色の背表紙を発見! これに持ち物も行程も丁寧に書いてある…

                感心してる間もなく、出発式の始まる時間までに学校へ自転車走らせギリギリセーフ。

                 

                長男は暑いのと、初めての泊まりの心配なのか?不安げな顔をしていた。

                 

                ニッ(^_-)とバスの窓越しに見せた微笑みを信じ、送り出した。

                 

                あれから、4日間学校からは何の連絡もなかった。

                 

                5日目の夕方、学校に迎えに行くと、疲れた様子で言葉も少なかったが、特性のある長男は先生方みんなから頑張った!と褒めてもらっていた。

                 

                よく聞かせてもらうように、この体験から何か変わるはず…?とはうちの子に限っては思えず、特に期待はしなかった。とりあえずユックリ休ませようと明けた翌日、

                「今日は代休だから、デイサービスも休んでゆっくりする…」

                と長男。

                 

                「そうだね、そうしたらいいよ。」

                と言うと、うれしそうにした。

                 

                その後ユックリするはずが、長男は家の掃除やら、私の手伝いをし始めた。

                 

                無理にこちらの思いで予定通りデイサービスに行かせなくてよかった。

                安堵とともにいつも子供の気持ちを聞き

                それを大事にしてやれれば、こんなふうになるんだー。

                 

                言葉にはしないけど、きっと自信がついたり、普段の家での生活に感謝できたり

                した自然学校だったのかなと一人ニッ(^_-)笑った私だった。(T.S)


                おかげさまで幸せ50年  尼崎北支部

                0

                  教団創立八十周年の記念本部参拝へ、夫婦二人で参加することができました。

                  私達は、その記念すべき年の10月9日に金婚式を迎えます。

                  今思うと長かった様で、短くも感じます。

                  いつからか二人で「五十年までは・・・」と口にする様になり、今実現しようとしています。

                  遠い昔を思えば、子どもに恵まれない現実を知らされたときの衝撃は、昨日のように思い出します。

                  辛く悲しい月日を乗り越えられたのは、信仰をもち、法華経を学び、開祖さまの教えのおかげさまです。幸せな毎日を過ごせていると思います。

                  多くのサンガ(仲間)に支えられ、皆さまのおかげさまと感謝の日々です。

                  ご命日に夫婦で参拝できる幸せをかみしめながら、残された人生は、少しでも人のお役にたてますようにと暮らしています。

                  おだやかに、「思いやりの心になれて幸せだった」と思える人生でありたいと願っています。

                   

                   

                   

                   

                   

                  ☆Tご夫妻は、元気でニコニコご夫婦で、教会へ参拝されるお姿は憧れであり、みんなの目標です。金婚式おめでとうございます。益々お元気で、いつまでも素敵なカップルでいて下さい。(T 尼崎北支部長より)

                   


                  大法座での学び トライ&エラー   伝道メディア

                  0

                    6月6日に子育て真っ最中で、仕事もしながら、信仰も学び、菩薩行もしている。とにかく忙しく毎日を過ごしているママたちから、心の叫びとも言える、日常の葛藤を聞いていただきました。「どうしたらよいのでしょうか?教えてください」と求道する姿に、50歳〜70歳代の方々も聞き入りました。

                     

                    すべてを受け止め、聞いてくださったのは本部の中村習学部長さんと教会長さんでした。

                    一人ひとりの質問に心を添えてお応えを頂き、なるほどとうなづくことばかりでした。

                    ☆今までと同じことをしているところに、一つプラスすることは、自分の器を大きくすること。

                    ☆会長先生は、昔から三つ子の魂百までも・・・。とおっしゃり、その時期の子育ての大切さを説いてくださっていたこと。

                    ☆自己肯定感をもつ(出来たことや此処までは頑張れたということを自分で認める)

                    ☆【トライ&エラー】成功ばかりを求めず、失敗を恐れずにトライしよう!・・・・・などなど。

                    「失敗をしてもいいんだよ。そこから学んでまたトライしたら」というお言葉の中に本当に温かさを感じました。(伝道メディアSより)

                     

                     


                    神戸まつり サンバデビュー  中央支部

                    0

                      姉妹(8歳のYちゃん・4歳のSちゃん)が神戸まつりのパレードに、RKKサンバチームの仲間と共にサンバで参加しました。

                      はじめは、平和行進の隊列に参加希望していましたが、リハーサルでサンバチームの演技に魅了され、「サンバを踊りたい!」ということで、サンバで参加することに・・・。

                       姉妹は、衣装合わせのため当日朝10時にママと赤ちゃんと一緒に教会へ来て、係りの人にサイズを合わせてもらい、手作りの衣装に着替えました。早速記念撮影が始まり、見よう見まねでステップを踏みます。Yちゃんはすぐリズムに乗って踊り始めました。初めてのサンバをしっかり踊りきり、Sちゃんもおチビちゃんチームと最後までパレードに参加しました。

                       

                      16時「お疲れさま」「頑張ったね〜」と歓声と拍手の中、行進したメンバーが教会へ帰って来ました。

                      「パパがね、赤ちゃんをこうやって、手を振ってた。」と赤ちゃんを高く持ち上げて手を振る様子をしながらSちゃんが声を弾ませながら報告してくれました。

                      「暑かった!」といいながら、最後まで頑張った満足感と達成感で、満ち溢れていました。

                       

                      朝から、家族総出のTさんご一家、平和行進(一食を捧げる運動・アフリカへ毛布を送る運動)に参加したSさん、警備ボランティアに参加して下さった6名の皆さま、感激と感動をありがとうございました。(Yブログ担当)



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM