初めて、支部ごとで敬老会を開催   灘支部

0

    日ごろの感謝の気持ちを敬老会で、あらわすことができました。

     

     

    楽しい内容にしたいねと話し合い役割分担をして当日を迎えました。不思議なはからいの中でゲーム、食事、歌、踊りなどすべてが妙のタイミングで行われ、無理なく楽しんでいただきました楽しい
    70歳〜80歳代の皆さんが大笑いして、体を動かすのは嫌がる人もいるかな?と心配をしましたが、炭坑節を踊ってくれて、すべてに全員が参加となり、驚きました。楽しければ、前向きになれる。と教えていただきました。皆さんの笑顔をみて、準備させていただいた7人の絆も深めることが出来ました。ありがとうございますき

     

     


    心躍るひととき!  北支部

    0

      お会式・一乗まつり

      20数年ぶりに、万灯行進に鉦で参加させていただきました。練馬教会の皆さまに練習風景の動画を送っていただき、携帯で映像を見ながら、事務所でお昼休みに音を流しながら練習をしました。掛け声も練馬バージョンを体に染み付くまで、洗面所でも、鉦のたたき方を練習。トイレでも、布団の中でも、車の運転中もお囃子の練習。外から見たらどんな風に見えたでしょうか?(笑)主人に見られては笑われていました。

       

      久しぶりに集中する時間を過ごし、頭ではなく、体に覚えさせる。実践あるのみ!思い出しました。

      北教会で育てていただいた子ども時代。お世話になった方々の顔が浮かぶ毎日でした。

      小さいときは、練習場所まで、電車に一人で乗れなかった私をみんなが心配して連れて行ってくれました。

      お会式では、合間の飲み物、荷物を預かってくれたおばあちゃん、お道具・衣装の管理、着付け、手入れと教会あげて、取り組んでいただいた当時のことが、練馬教会さんの細やかな心配りに接し、一瞬で思い出されました。

      前日、練馬教会と神戸教会の心あわせができて、大変感動しました。柿の種(梅あじ)もおいしかったなぁ!

       

      当日の万灯行進の最初の掛け声で、ぐっと気持ちが高揚し、小雨の中でしたが、寒さをまったく感じず、本気モードにスイッチがはいりました。感謝を体で表す!!行進ができました。

       

      ちょい ちょい ちょいやさの ちょやさの さっ それ!

      ありゃさの ありゃさで こりゃさっ さっ それ! 

       

      お囃子がいつまでも忘れられません。ありがとうございました。(50歳代女性S)

       


      初めての奉献のお役  灘 支部

      0

        秋季彼岸会式典の奉献のお役に、主任として初めて出させていただきました。当日は、灘支部が教会当番で、私自身は仏供膳のお役も頂いていましたので、ただただ一生懸命に取り組み、心の余裕がありませんでした。

        当日は新しいおたすきで!お役をと思っていましたが、買うのを忘れてしまいました。

        他支部の主任さんに話すと、「使っていないものがあるのでどうぞお役に立てて下さい」と言っていただきました。

        お借りすると、そのおたすきの裏には「礼」という文字が書かれてありました。お礼の気持ちが私の中にあふれ、温かく、ありがたくお役が出来、功徳を積ませていただきました。ありがとうございました。(60代 I主任)

         


        親孝行と菩薩行を通して、自分の命の原点を見つめ直す

        0

          【11月の教会長メッセージ】

          10月は、開祖さま入寂会があり、開祖さまの願いを我が願いとして、自らゴールを決めて、万灯布教に邁進した月でした。11月は、生誕会があり、「心田を耕す」20年構想、最終年であり最終月となります。その年に鳴り物と纏で一乗まつりに参加でき、原点に目を向けることが出来、異体同心で一乗の精神を学んで参りました。

           

          今月の会長法話は、創立80周年を迎える橋渡しとなる【親孝行と菩薩行】のご指導を頂きました。両親を敬い、父母によく仕えることを「孝を行なう」と書いて「孝行」といいます。「孝行したい時分に親はなし」のことわざが示すように、亡くなって親の恩の大きさを痛感し、生前の親不孝を悔やむ人が少なくないですが、『親孝行に「手遅れ」なし』と会長先生はおっしゃいます。親やご先祖さまに「安心してもらえるような生き方をする」具体的には、暮らしの一つ一つに、ていねいにとりくむ。日々を明るくすごす。など、わが子が誠実に生きて、周りの人に喜ばれることは何よりもうれしいはず。お墓や仏壇・ご宝前へのお参りは、それ自体が親孝行。その姿勢がすでに「自分の命の根源に感謝できる人間」に成長している証だからです。

           

          『孝は百行の本』法華経に示された教えを身近な行いに当てはめ、「親孝行」「先祖供養」「菩薩行」の三つが大事。親孝行と先祖供養はひとつに繋がる。菩薩行とは、布施・持戒・忍辱など仏さまの教えに随って人を思いやり、周囲の人に喜ばれるような行いのこと。菩薩の心を支えるのは生かされていることへの感謝。「孝行はすべての善行の根本となる」と教えて下さいます。善なる世界を創造する力になるのは、今ある命への感謝です。本会の庭野光祥次代会長は「世界宗教者平和のための祈りの集い」に出席され、新しい歴史をつづるのは、“誰か”ではなく、今ここにいる私たちです。私たちが生きるこの社会の中に小さな対話の領域(苗代)を作り、育てましょう」と呼び掛けた。(佼成新聞9/24付)とあります。


          親孝行と菩薩行を通して、自分の命の原点を見つめ直し、「心田を耕す」とは、感謝がどれだけわかったかが結果であり、それを伝えることが私たち一人ひとりの因縁です。  合掌

           


          信仰の先輩を敬う   王子支部

          0

            支部で敬老会を開催!!しました。

            長年文書布教に関わっていただいたKさんのお宅をお借りして、14名が集まりました。

            Kさんは若いころから「ここが良かったよ!読んだ?」と常に声をかけてくださり、やくしんや佼成、新聞を読まないではいられないほどで、読むことが苦手な私でしたが、文書を通じて育てていただきました。

             

            そのKさん(女性)が92歳になって、足腰が悪くなり、歩きずらい状態でしたので、Kさんのお宅に皆があつまって、楽しい時間を過ごしたいと盆踊りや手料理と、いろいろ楽しい企画をしました。

            おかげさま、皆さんに喜んでいただき、準備した私たちが嬉しくなりました。

            女性ばかりの参加者が多い中、黒一点参加されたAさん(87歳男性)は、日ごろからの布教姿勢が素晴らしく、麻耶山天上寺さんにも機関紙の「佼成」を毎月届けるため、行きはケーブルやロープウエーを乗り継ぎ2時間ほどかけて登ります。帰りはなんと、歩いて下山するほど体を鍛えておられます。

            ふもとの我が家で休憩に寄ってくださり、帰られます。布教に歩かれるお姿からこれからも学ばせていただきます。(ブログ担当より)


            灘支部 近畿ダーナ大聖堂参拝に参加して

            0

              【支部壮年部長 60代】

              参加させて頂き、ありがとうございました。

              交流法座での法座主のお役を頂戴し、緊張で臨みましたが、5名の法座でじっくりとお話を聴かせて頂き、皆さんの生き様を語ってもらいました。

              それぞれ苦難を乗り越え、今はお陰さまで過ごさせて頂いていることを、改めて皆がかみしめることが出来ました。

              法輪閣での中村習学部長さんのご講話では、菩薩行においては「受ける・下がる・ばかになる」こと、素直になることが大切とのお言葉が心に残りました。このお言葉を忘れず、日々精進して参ります。

               

              【壮年部 50代】

              1年前に他界した母が、本部参拝していたということもあり、私も一度参拝したいと思っていました。この度、壮年部さんのお誘いもあり、初めてご本部参拝に参加しました。

              大聖堂、法輪閣、団参会館と、どこも素晴らしかったです。埼玉に住んでいる、兄夫婦と聖堂で会い、一緒にご本仏さまを拝することが出来ました。そのお姿は、すべてを包んで下さるようで感動しました。開祖記念館では、開祖さまの偉大さを知ることが出来ました。

              時間が足りず残念でしたが、もっと深く開祖さまから学ぶチャンスを作っていきたいと思います。壮年部の皆様、ありがとうございました。

               


              母の願い 「子どもの成長」  伊丹支部

              0

                今回、長男が近畿支教区のトップリーダー教育に行かせていただきました。

                お話を受けた時、主人の転勤が多くなることが決まっていて、来春から主人の両親と同居することが決まっています。新しく通う学校は生徒数が今通っているところの倍以上で、今まで転校を知らない長男は、内弁慶な性格なのでちゃんと友達ができるのか不安になるだろうと思っていたところ、今回のお話をいただいたので、これは長男のためになると思いました。

                息子は、初対面の人が多く慣れないところでのお泊まり、勉強があるのでとても嫌がりました。

                支部長さんや主任さんに何回もお手取りに来て頂き、行くことの意義を聞かせてもらっても首を縦に振りません。

                そんな時、長期不在していた主人が帰って来て、三人で話し合いました。本人は、主人に擁護してもらえると思っていたようですが、主人は私と同じ考えで、「行って来なさい」との一言でした。主人の言うことは絶対の我が家なのでシブシブ参加。そんな気持ちからのスタートなので、家を出る足取りも重そうでした。初回が終わり迎えに行くと、お友達ができたようで笑顔で、「楽しかった」と話してくれました。

                期間が少し空いてお泊まりの繰り返しだったので、毎回毎回行くときの長男の顔は曇っていて、「帰りたい」「行きたくない」と言うので、どうにかこの場から逃げたいというのが伝わってきました。毎回のことなので、「こんなに嫌なら辞めさせたら良かったかな」と長男に対して甘い気持ちがでてきたり、「いい加減にしなさい」と怒りたい気持ちがでてきたりと、私自身が揺れていたことが、長男の気持ちを揺るがせていたのかなと、今思い返したら反省すべきところだったと思います。

                ゆめポッケの発送式のご供養時に、鐘のお役をさせて頂きました。本人の了承を得ずに、私が勝手に受けましたが、第一声こそ嫌がっていたものの、他の三役さんのお友達の顔がわかると安心したようでした。お泊まり会では、私や弟達と一緒にいるよりも、仲良く過ごしていました。その姿を見て、だんだんと親兄弟と一緒に過ごすよりお友達がよくなっていくのだなと感じ、子どもの成長を間近で見ることができました。

                ご供養の鐘の音は本人の持っている音が正直に出ると聞いていました。どんな音を聞かせてもらえるのかなと思っていたら、幼い頃のままの優しい柔らかい音でした。だんだん年頃になり、私には学校や友達のこと、自分のことを話さなくなり、どう思っているのか感じとるのが難しくなってきました。でも、鐘の音を聞き、お役をしている姿を見て、この子の持っているものは変わらずにちゃんと成長しているのだなと思い、とてもうれしくなりました。

                小さいころから、4人の弟や妹の兄として、面倒を率先してみてくれていていました。体も大きくなり、物事を判断する力、実行する力もだんだんついてきて、とても頼りがいのある少年に育ちました。今では、長期不在している主人に代わって、ミニパパとして活躍してくれています。

                トップリーダー教育のことを本人がどう感じたかわかりませんが、きっといい経験になると信じて送り出しました。いろんな方に関わっていただいて、感謝しています。また一回り成長してくれたらと願っています。


                平成29年度 西支部敬老会 〜西支部〜

                0

                  9月8日 お天気に恵まれ、緑に囲まれた三木山森林公園にて西支部敬老会が行われました。
                  地域でさせて頂いたおかげさまで、施設に入っておられる先輩幹部Wさんも来ていただく事ができました。西支部初代のF元支部長さんも参加して頂き、おもてなしをさせていただく私達にとってはひとりひとりの皆様の精進

                  のおかげさまで今があることに改めて深く感謝させて頂く時間でもありました。仏さまのご守護のなかで本当に楽しくありがたい一時を共有することができ、感謝の心でいっぱいです。合掌

                  紅葉Sさん感想紅葉
                  なつかしい方々にもお会いでき、うれしかったです。歌を歌ったり、美味しいお弁当を頂く事ができて、本当に楽しかったです。合掌

                   

                   

                   

                   

                   

                  にじ神戸から世界へ 〜西支部〜虹


                  【お会式一乗祭】          明石東支部

                  0

                     

                    お会式一乗祭に参加して

                    ダイヤ10月15日本部で一乗祭が行われました。神戸教会は練馬教会さんの隊に加えて頂き昨年はまといだけ、今年はまといと鳴り物も入れ行進させて頂き、総勢250名の隊になりました。
                     朝から雨でしたが出陣の時は小降りになり、レインコートをぬぎ元気いっぱい爐舛腓ぁ△舛腓ぁ△舛腓い笋気痢△舛腓い笋気里気叩▲愁???瓩里囃子に鉦、笛、太鼓の鳴り物、万灯、まといが心ひとつに大聖堂を目指し約40分の行進をしました。
                     沿道の観客の方々も爐舛腓ぁ△舛腓ぁ△舛腓い笋気痢ΑΝ瓩函悗んばれー』の思いをお囃子の掛け声に込め、声援をして下さいました。
                    皆が一体となる瞬間は感動でした?明石東支部からは3人青年が参加しました。

                     
                    ダイヤ雨が降っていましたが楽しく行進できました。

                    (N君)


                    ダイヤこれだけのメンバーで来れたことがありがたいと思います。この一年みんなと心を合わせたいと思ってきましたが、大事なことが伝えきれなかったり、聞けなかったり空回りをしていました。一乗祭を通し、初めて出会った方とも心を合わせひとつになることができると学ばせて頂きました。この感動と体験を力に、みんなで心ひとつに色んなことをしていきたいと思いました。

                    (Kちゃん)

                     
                    ダイヤ今日をむかえるまで色々なことがあったなぁと思います。去年の自分と今の自分ではお役も変わり、することも、責任も大きく変化しました。
                     色々なことを感じそれによって心を耕やしているのだと思います。
                     『心田を耕す』最終年の一乗祭は、来年の教団創立80周年をむかえる私たちの心を作る試練の場だと心構えを頂きました。
                    雨もまた楽しいと思え、練馬教会さん、神戸のみんなと心を合わせた感動を持って、青年結集大会に望みたい。
                     全ての活動を積み上げてみんなと成長できるよう、これからも力を合わせ頑張りたいと思いました。

                    (Y君)

                     

                     

                     


                    ”三部経一巻読誦”   須磨支部

                    0

                      読誦

                       

                       

                      10月6日8時30分〜17名で「三部経―巻読誦」を会員さんのお宅でさせて頂きました。はじめに支部長さんより「異体同心・報恩感謝・広宣流布」のお言葉を頂き、皆さんが交替で 途切れる事なくお導師を務め16時20分に終わりました。

                       

                       

                       

                       

                      ◎私は足の痛みがあり入院している友達が少しでも痛みがとれて歩く事ができますようにと願いを込めて三部経―巻読誦に参加させて頂きました。読誦の途中に友達から「足のいたみが和らぎ久しぶりに晩寝る事ができました」とメールを頂きました。読誦が終わると友達の事を思うと嬉しくて涙が止まりませんでした。私はいつも言って頂く事に条件をつけて「無理です。」と断り後日心はすっきりしないが、受けていました。今回素直に「はい」と受ける大切さを気付かせて頂きました。三部経―巻読誦すると清々しくなり心が温かくなり沢山の功徳を頂きました。

                      ありがとうございました。合掌(M)

                      イラスト2



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 安否確認の大切さ   中央支部
                        スタッフSAI
                      • 勇気百倍  垂水支部
                        スタッフSAI
                      • 本部参拝    北神支部
                        スタッフ I
                      • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
                        団長
                      • 淡路支部 1.17
                        川村守
                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM