ミンダナオ・子ども図書館に学ぶ  北支部

0

    佼成会が平和活動の一環として行っている、「ゆめポッケ」をおくる運動に協力いただいている「ミンダナオ図書館」の創設者である松居氏とスタッフとの交流が神戸で行われました。

     

    フィリピン、ミンダナオ島では、宗教対立や紛争で親を亡くし、家を焼かれた子ども達がたくさんいた。2000年に松居友氏はその現場を訪れ、苦境にあえぐ子ども達の現実に直面し、自分に出来ることはないだろうかと考えた。

    いろいろ悩んだ末に、絵本を読み聞かせることを考え、少しでも絵本の世界を知ってもらいたいと図書館をつくり始めた。

    それが、「ミンダナオ図書館」です。

    絵本の力で多くの子ども達の笑顔を取り戻し、生きる力を与え続けています。

     

    現在では、不登校や孤独で悩む、日本の若者が「ミンダナオ図書館」を訪れて、笑顔で生きる子ども達を見て感動し、未来への夢や希望、生きる力がよみ返ってくるとのことで、心のオアシスになっている。

     

    私は、この図書館では、戦後の日本が置き忘れた、心の豊かさ、思いやりの大切さ、人と人との温もりといった内面の充実が生きる力となって、勇気を与えていると感じました。

    このことは、法華経で学ぶところの一仏乗の精神に他なりません。

    仏の教えに基づいて、さらに本気になって社会布教に励みたいと決意致します。(U.T主任 女性60代)

     

    ゆめポッケリンク先:http://www.ichijiki.org/activity/accessible/yumepokke/post_179                                                           

     

    ユニセフ募金に参加して  

     

    6月10日神戸教会は、青年の日の取組みとして、街頭募金を実施。

    私達は、大丸東側で、3歳〜11歳のこども7名、ママ達、おじさん、おばさん含め18名で、二つのグループに分かれて大きな声で「ユニセフ募金 お願いいたします」とみんなでこころを合わせて、一回一回ていねいに、明るく笑顔でできました。

    「えらいね」「頑張ってるね!」などと声をかけてもらい、子どもたちは、ますます一生懸命になり、のどがかれるくらいでした。

     

    子どもたちのパワーのおかげさま、大人たちも頑張ることが出来ました。

    子どもたちの絆も強くなり、明るく、優しく、あたたかな支部家族を感じる、とても有難い募金活動になりました。(女性 O主任)


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 安否確認の大切さ   中央支部
      スタッフSAI
    • 勇気百倍  垂水支部
      スタッフSAI
    • 本部参拝    北神支部
      スタッフ I
    • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
      団長
    • 淡路支部 1.17
      川村守
    • 父に感謝! 淡路支部 
      Y.T
    • 涅槃会・・・東京と丹波
      ともタン
    • 六甲支部  節分会
      ima
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      M1
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      sai

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM