毛布に心を寄せて・・・灘支部

0

    毛布とぬくもりをアフリカへ

     

    アフリカの人々は一枚の毛布が、寒暖の気温の変化の厳しい生活の中で、身体を守り命までも守る貴重な毛布になります。私達は、心からのメッセージを書いた白い布を毛布に一針一針縫いつけ、どんな方に届けられるか、また、手に取り喜ばれる姿を想像し、思いを馳せました。

    現地に行かれた方々の話では、「遠い国日本から私達に暖かい毛布を届けて下さった」と、とても感謝され、何年も何年も大切に使っていますと聞かせていただきました。

    世界には、まだまだ手をさしのべる国々があります。平和な日本に住んでいる私達には、想像もできない現場があります。

    毛布をおくる運動に一人でも多くの人が心を寄せ、協力していけますようお声をかけ続けていきます。(60歳後半 女性より)


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • [布薩の日]夜間参拝に参加して 淡路支部
      団長
    • 淡路支部 1.17
      川村守
    • 父に感謝! 淡路支部 
      Y.T
    • 涅槃会・・・東京と丹波
      ともタン
    • 六甲支部  節分会
      ima
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      M1
    • 〖涅槃会〗須磨支部
      sai
    • 法華経が広まっている  北支部
      M1
    • 淡路支部 成道会に導かれて
      川村守
    • 第21回 本部ご本尊勧請 〜西支部〜
      まえごろう

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM