本部団参         明石西支部

0

     5月9日・10日の2日間の日程で本部団参に行って来ました。

     今回は明石西支部・明石東支部の合同で地元の明石からバスで出発。同日、別途で尼崎北支部もバスで出発しましたので、神戸教会からは100人以上の大規模な団参となりました。

     出発時は雨が降っていましたが、バスが出発すると次第に晴天に恵まれて、景色を楽しみながらのバス旅行ができました。

    晴天に恵まれたバス旅行の景色
       
     東京の本部に到着すると、シトシトと雨が降っていましたが、ほとんど気にならない程度でした。
     ここしばらく季節外れの暑さが続いていたので、心地良い位の気温でした。希望者は最後の普門館を見学できるという事で、小雨の中、移動しました。
     皆さんご存知だと思いますが、普門館は取り壊されることが決定しています。
     2012年の専門家の調査により、耐震強度不足で天井の崩落の可能性があることから使用中止となりました。建替えも検討されましたが、建築基準法の規制で同規模のホールが建てられないことが分かり、2013年には補修工事も断念されました。
     1970年の落成から、普門館は、美空ひばりや春日八郎など日本を代表する歌手のコンサートやカラヤンのクラシック演奏会、吹奏楽のコンテストなど様々な催しが行われ、多くの人々に親しまれてきました。特に、中高生の吹奏楽を志す多くの若者たちにとっては、『吹奏楽の甲子園』として、目標の場所だっただけに、普門館が無くなってしまうのは本当に残念だと思います。
               
     最後の普門館見学では、その歴史を綴るビデオが上映されました。当時憧れだった懐かしい歌手が歌う思い出のシーンやクラシック演奏会、吹奏楽の甲子園を目指す中高生の様子、まだ幼かった頃の光祥さまの可愛い映像などが次々と映し出され、最後の思い出として心に深い印象を残してくれました。
     本当に、「ありがとう普門館」と言いたいです。
    普門館の全景
    普門館の舞台
    舞台から見た普門館の客席

     

     

     

     

     

     

     

     

     2日目は大聖堂でのご供養の後、脇祖さま御命日の式典、会長先生の挨拶と続き、小グループに分かれての法座が行われました。

     式典では苫小牧教会の教会長の体験説法。レバノンのADYNAという団体の宗教の壁を超えた活動への庭野平和賞授与式が行われました。

     苫小牧教会長のお説法で「お役で人が変わるのではなく、お役で人格を磨いていく」と言う言葉が印象に残りました。
           
     式典の後は教会の枠を取り払った小グループごとに分かれての法座が行われました。全国各地の地方教会からこられた方々が一緒になって輪を作り、地方教会の特徴や問題、個人的な話題を発表し、平素の法座では得られないような刺激を受けました。合掌

    五人衆で映画鑑賞    西支部

    0

       

      何の予備知識ももたずに久しぶりの映画でした。

      みるみる内に話の中にひきずりこまれていく自分がいました。

       保護司の主人公が昼夜をとわず本心でぶつかっていく姿に、日頃教えていただいている

      「仏性をひらく」そのままだと思いました。

      又、家庭教育の教えの中に肯定感というのがあります。子供の頃、親の愛情を十分に受けずに育った子は、

      「自分は生きていていいのか」という命の大切さ、尊さがわからず・自分も傷つき、人も傷つけてしまう。

      でも、自分のことを本当に愛しいと思ってくれる人に出合い、やさしさ、厳しさに気づけば立ち直っていける。

       骨身をおしまず人のことを思う。言うのは簡単だが、自分は、もしこの保護司の立場になれば、どこまでできるか、

      おそらくできないと反省ばかり。また、どの様な人も差別することなく接することができるのか。

       この映画を通して改めて反省と学びを得ることができました花

      (わんわんチーム猫K.Iさん)                                    合掌    

       おてんき神戸から世界へ〜西支部〜おてんき


      教会発足68周年記念式典 〜西支部〜

      0
        4月15日(日)神戸教会発足68周年記念式典が行われました。
        今年は、教団創立80周年ですので、青年男女80名による奉献の儀が行われました。
        西支部からは、今年成人式に参加した3名を含めて、男子3名、女子4名計7名が参加しました。
        当日は80名が心をあわせ、心ひとつになり、とても厳かで素晴らしい奉献でした。

         
        さくら参加者の感想さくら

        ・初めて奉献に出れて良かった。
        ・初めて奉献に出れて感動した。
        ・バイトの休みがとれ、出れて良かった。
        ・母の振袖が着れて嬉しかった。
        ・初めて振袖が着れて嬉しかった。
        ・このような意義ある日に奉献のお役をさせていただきありがとうござい
           ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

        今年の目標の一つは人材育成四つ葉
        青年部の方にも育っていただけるよう、大事に暖かくふれあっていきたいと思います。
                                                                                                          合掌
         
        にじ 神戸から世界へ 〜西支部〜 虹

        相田幹事さんを囲んで...北神支部

        0

                                                           ゴールデンウイーク真っ只中4月30日、北神支部に相田ゆずりは幹事さんに お越し頂き、6月1日の本部参拝に向けての心づくりの法座をさせて頂きました。参加された会員さん一人ひとりに、丁寧に向き合って下さり、聴き切ることの大切さ、実践することの大切さを学ばせて頂きました。その人に合う菩薩行の実践方法を示して下さり、低いところのハードルを飛び越えることから始めて行くことを教えて頂き、「目から鱗が落ちる」とはまさしくこのことだと思いました。「なるほど、なるほど」と納得いく説明に、実践してみよう、と言う心にさせて頂き、早速「本部参拝に行かせて頂きます」と宣言された方もおられました。貴重な体験をさせて頂いた、有り難い1日でした。合掌 Yブログ担当

           


          ピカピカの一年生 〜西支部〜

          0

            4月4日新一年生を迎える会が行われました

            西支部からは、Mちゃんが参加ハート
            ピカピカのランドセル祈願をしていただきました
            教会長さんから、一人一人名前を呼ばれ、

            大きな声で「はい!」
            ランチョンマットと袋をいただきました

            Mちゃんの感想
            たくさんの人がお祝いしてくれて嬉しかったし、

            友達がたくさんいて楽しかったです
            もらったランチョンマットと袋がかわいくて

            嬉しかったから大事に使います

            支部家族より
            Mちゃん、たくさんのお友達を作って、

            楽しい学校生活送ってねさくら  合掌

             

             

            ハート 神戸から世界へ 〜西支部〜 ハート

             

             


            贈呈 「佼成」

            0

              5月1日より、小樽教会から学び、神戸教会でも掲示板のところに箱をつくり「ご自由におとりください」と「佼成」を置くようになりました。贈呈の大きな印を押し、帯封もつけて私達の心を込めて、未会員さんにも気楽に佼成誌を手にしてもらえたらと願っています。

              ゴールデンウイークがあけて、三冊の佼成誌が減っており、喜んでおります。

              法華経の救いの種が飛んでいったように感じます。

               

              昨日、ブログを見ている方から電話が入りました。お彼岸の様子が掲載されている中、私の支部の記事がありません!との問い合わせでした。神戸教会は21支部あり、担当者が一人ずつはおりますが、残念ながら、すべての支部が記事を投稿できておりません。

              しかし、お電話を頂き、声を聞かせていただき嬉しかったです。地区のことまで記載されて、こんなに身近な情報はないと喜んでいるそうです。その方は75歳とのこと。タブレットも扱い、ありがたい教えの情報を親戚にも伝えてくださっていることを聞き、いろいろな形で皆さんが広げて下さっていると実感できました。(Sスタッフより)


              生んでいただいた感謝   王子支部

              0

                自らが地域を明るくできるような優しい人になって、ご先祖さまに喜んでいただける私達になりたいと彼岸会を行いました。

                日頃教会まで足を運べない方にも参加していただけるように考え、住んでいる近所の方々のお宅を借りて一緒にご供養ができるようにそれぞれが企画をしました。

                 

                亡くなられた大切な人へ感謝の手紙を書いて、お花と共にお供えしました。お彼岸にふさわしく「繋がっている」という絵本の読み聞かせを子供達がしてくれたり、四世代の家族が参拝されている姿から、現実に命の繋がりを感じられ、生んでいただいたことへの感謝が出来ました。(59歳女性)


                ご先祖さまありがとうございました。   灘支部

                0

                  春の彼岸会をそれぞれの地区会員さんのお宅でさせていただくようになって4年目です。

                  T地区では、受け入れるお宅がなかなか決まらず心配しましたが、決まってからは皆さん時間より早くに来て、準備をして下さり温かいご供養となりました。

                   

                  K地区では一人ひとりがご先祖さまの好きだったものを手作りしてお供えしたり、田舎で取れたものなど真心こめて奉献しました。お宅を提供してくれたFさんが一番喜んで下さり、いつでも使って下さいと有難い言葉を耳にしました。

                   

                  初めて司会をされたIさんは、「たくさんのご先祖さまがいらっしゃった」と感想を言われ、見えないけれどご先祖さまが喜んで下さっていると受け止めてもらえ、ありがたいお彼岸となりました。

                   

                  B地区では、ご先祖さまを偲びながら会話が出来、深い感謝につながり先祖供養の喜びをかみしめました。

                   

                  みなさん、ご先祖さまを身近に、大切に思っておられる方ばかりでご供養ができたことが有難いとお話を聞きながら思いました。

                   


                  新一年生を迎える会から一ヶ月  中央支部

                  0

                    4月4日神戸教会では、新一年生を迎える会が行われました。

                    一年生になるYちゃんが参加。

                     

                     

                    緊張している一年生の手をしっかり繋いでくれた5年生のAちゃんも嬉しそうで、頼もしく感じました。

                     

                     

                    真新しいランドセルには、お守りが入った手作りのミニランドセルが付けられ、交通安全祈願もしていただきました。

                    ニコニコ顔でおばあちゃんのところに戻ってきたYちゃんは、お気に入りのハートマークのランドセルを見せてくれました。

                    学校でいう、校長先生の役割をされている、教会長さんから学校へ行くときには「いってきます」ではなく、「いってまいります」とごあいさつすることを教えていただき、約束をしました。

                    あれから一ヶ月、Yちゃんはランドセルを背負って小学校まで10分、団地のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に元気に通っているそうです。

                     

                     

                    手を繋いでくれたAちゃんは、3/23〜25に行われた新潟にある菅沼子ども村へ、仲間と共にバスで行く行事に参加したことで一まわりも二まわりも大きく成長して帰って来ました。「自分で靴をそろえるようになったんですよ」とおうちの人も感心しています。学んだことを即実践!!  

                    大事な心があたたかく、確実に育っていると実感しています。  (ブログ担当Yより)


                    気持ちが楽になる見方

                    0

                      【5月の教会長メッセージ】

                      4月は降誕会、教会発足68周年記念式典があり、導いて来られた多くの先輩方への感謝と新しい生命を育てる精進をお誓いすることが周年の意義であることと、「悪いことをしない。良いことを行い、心を清める」七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)という信仰の原点を確認させていただきました。


                      5月は、青年の日として、社会に貢献をする日。神戸教会では、神戸まつりに参加し、平和行進をさせて頂きます。
                      今月の会長法話【楽しく生きる】「どちらが楽しいか」では、天地自然の変化を素直に見て、それをありのまま受けとめるすばらしさと「中道(かたよらない)が大事」八正道の「正見」をご指導いただきました。


                      本会の年中行事「寒中読誦修行」が今年は雪の降る中でも行われました。そのときの受け止め方に「人がせっかく寒修行しているのに、どうしてこんなに雪が降るんだ!」と思う人。「雪のおかげで、ほんとうに寒修行らしい修行をさせていただけてありがたい!」と思う人。皆さんはどっちの見方が楽しく生きられると思いますか。後者に軍配が上がると思います。素直に受け止めて、ものごとを「正見」でみる違いを教えて頂きました。


                      仏教で説く「正見」とは、「正しい」とう語感から、容易にはできないことと思いがちです。しかし、邪(よこしま)な見方や偏った見方、つまり自己中心の見方で見ると、不平不満、あるいは怒りを覚えることも、大らかに受け止めることで、その結果、気持ちが楽になる見方であります。また、心臓の手術をされて、心臓が動くことが当たり前ではなかったと感謝することも、「正見」と教えて頂きました。


                      「諸行無常・諸法無我・一切皆苦」というこの世の真理に照らしてものごとを見る。
                      それが、「苦を滅する正しい道」として教えられる「八正道」の最初に説かれる「正見」です。快楽に溺れて苦しむことなく、苦行や禁欲に縛られるのでもない「中道」の生き方を教えるのが仏教ですから、実践が困難では意味がありません。と会長先生はおっしゃいます。私達も共に「八正道」を学び、楽しく生きてまいりましょう。  合掌

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 父に感謝! 淡路支部 
                        Y.T
                      • 涅槃会・・・東京と丹波
                        ともタン
                      • 六甲支部  節分会
                        ima
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        M1
                      • 〖涅槃会〗須磨支部
                        sai
                      • 法華経が広まっている  北支部
                        M1
                      • 淡路支部 成道会に導かれて
                        川村守
                      • 第21回 本部ご本尊勧請 〜西支部〜
                        まえごろう
                      • 青年の集い Houga-萌芽ーに参加して・・・・丹波支部
                        まえごろう
                      • きずなサロン*法の友五人衆って??・・・・・丹波支部
                        まえごろう

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM